4758件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大崎市議会 2021-06-21 06月21日-02号

その辺のところ、議論にならなかったのかお尋ねをいたします。 ○議長相澤孝弘君) 高橋生涯学習課長。 ◎教育委員会教育部生涯学習課長高橋和広君) 社会体育施設の再開に向けた感染拡大予防ガイドラインにおいても、蓋つきトイレ必要性が示されておりましたので、洋式化にすることに対しましては蓋つきトイレの工事を考えております。

仙台市議会 2021-04-16 令和3年度 新型コロナウイルス感染症関連補正予算等審査特別委員会(第2日目) 本文 2021-04-16

全くこの議会での議論が生かされていない。当局として熟慮の上、この場に挑んでいると思います。市民代表である議員とのやり取りの中で、決断をして物事を実行してほしい。議会でないところで何かが決まっている。国会での与野党の対立ではありません。我々は市民のために、手段は違うかもしれないけれども同じ方向を向いているんです。一緒に前に進もうではありませんか。そういう意味で、この場に私は立っているわけです。  

仙台市議会 2021-04-15 令和3年第2回臨時会(第1日目) 本文 2021-04-15

本市では、いかにしたらイベントを実施できるのかという視点での議論や工夫が、圧倒的に不足しているのではないでしょうか。御当局では、今後、どのような状態になったらイベント開催が可能となると考えているのか伺います。  本市では、昨年、屋外モデルイベント開催支援事業を行い、四件の助成対象イベントにおける感染防止対策の検証結果を三月に取りまとめました。

石巻市議会 2021-03-15 03月15日-一般質問-09号

◆3番(髙橋憲悦議員) この議会でも高裁の判決から最高裁へ持っていくというときには、本当に真っ二つに割れるぐらいの議論でした。改めて、市長、この大川小学校の総括をお願いします。 ◎亀山紘市長 大川小学校の問題については、74名の貴い児童の命を学校管理下において守ることができなかったということについては、御遺族の皆様に本当に申し訳ないと考えております。

石巻市議会 2021-03-12 03月12日-一般質問-08号

2050年に二酸化炭素実質ゼロにする具体的な方法はまだ議論の途中でありますが、目標を設定して、今動かないとそうならない、そういった視点で、見切り発車で構わないので、石巻市でも気持ちがあればぜひ手を挙げてほしいとのことでありました。 再度、市長所見を伺います。2050年に二酸化炭素実質排出ゼロを目指す2050年ゼロカーボンシティについて所見をお伺いいたします。

大崎市議会 2021-03-11 03月11日-07号

そして、それと一緒菜の花が咲いたということで、菜の花で被災した皆さんを勇気づけようということで始めた菜の花フェスティバルですが、ちょうど今年は11回目ということになるわけですが、去年、コロナということでできませんでしたので、形は中止ではなくて1年延期ということで、今年が11回ということになりますが、ただ状況はあまり改善しておりませんので、今年もどうしようかということで、実行委員会で随分議論をいたしました

仙台市議会 2021-03-09 令和3年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2021-03-09

私もオンラインで会議に参加をいたしておりまして、国、都道府県との権限の在り方、それから財源の配分の在り方、また周辺市町村への理解の促進など、具体的な内容について議論を重ねているところでございます。  本市は、東北各地を含め、内外から多くの人たちが集まって、経済、学術、文化など様々、多様な機能が集積をしている東北中枢都市でございます。

白石市議会 2021-03-08 令和3年第447回定例会(第4号) 本文 開催日:2021-03-08

この扶養照会については、家族に知られたくないとの理由から本当に困った場合であっても生活保護の申請をためらう方も多く、先頃国会においても議論となっておりましたが、菅首相がより弾力的に運用できるよう今厚生労働省検討していると述べたということが報道されておりました。田村厚生労働大臣についても緩和方針を示しており、扶養照会は義務ではないと初めて明言をしております。

大崎市議会 2021-03-08 03月08日-05号

総務部理事財政担当](渋谷勝君) 議案の調整ということになってしまうわけでございまして、これはかつても議論があったように記憶してございます。 事務方のほうから申し上げますと、やはり年度を回しながらの補正予算というのは、結構手続であったり、中身の確認等々がございまして、どうしても当初を組んだ後で補正をやるといったような事務手続になってしまっております。