324件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大崎市議会 2021-06-17 06月17日-01号

三本木庁舎利活用及び覚書締結について申し上げます。 三本木庁舎利活用につきましては、三本木公民館及び学習センター図書室移転に加え、宮城農業共済組合への一部貸付けを行うこととしております。同組合機能移転に係る協議を円滑に進めるため、6月15日、同組合三本木庁舎の賃貸借に係る覚書締結いたしました。今後は、公民館機能に係る検討と同組合との機能移転に係る協議を鋭意進めてまいります。 

大崎市議会 2021-03-10 03月10日-06号

そちらの集合契約に参加される医療機関の皆様と、今度は大崎市と大崎医師会との間で条件を整理した覚書締結して、接種していただくという体制をつくりたいと考えております。 その医療機関なのですけれども、事前の調査では、条件次第ではあるのですけれども、50以上の機関協力できるというお話でしたので、今回もその医療機関協力をいただけるのではないかということで、現在最後調整を行っているところです。 

大崎市議会 2021-02-19 02月19日-02号

仙台空港関係自治体が東北では初の24時間化となる覚書締結いたしました。実際の24時間化はまだ少し先になりますが、今こそ海外から深夜、早朝に到着することになるお客様の輸送体制などの検討を開始し、コロナ後を見据えた積極的な攻めの海外プロモーションオンライン交流が必要と考えますが、所見をお伺いいたします。 

仙台市議会 2020-10-21 総務財政協議会 本文 2020-10-21

マニュアル、これに基づいて平時から対応しているところでございますが、一つ予防接種というところから申し上げれば、新型インフルエンザの発生あるいは蔓延に備えまして、保健所の職員でありますとか衛生研究所職員、それから対策本部を担っている二役等をはじめとする市の職員など、優先的に予防接種を受ける、特措法でいいますと特定接種と言いますけれども、この対象者の選定でありますとか、特定接種を実施する医療機関との覚書

仙台市議会 2020-09-17 経済環境委員会 本文 2020-09-17

この対応策としまして、平成29年6月より、宮城県及び仙台コンテナ利用促進協議会との間で、埋蔵文化財を含む蒲生北部地区25街区の一部2万3500平米をシャーシ置場として活用することの協議を開始いたしまして、本年3月には相互協力等に関する協定締結、5月には役割分担貸付条件等に関する覚書締結しまして、本サブヤードの整備を開始したものでございます。  

石巻市議会 2020-03-12 03月12日-一般質問-08号

ただ、外国人人材の受入れに伴う労働環境の改善をすることによりまして、介護の質の向上だとか、それから離職率の低下など、メリットも期待できますし、それから何よりも宮城県のほうでもベトナムやカンボジアと、新聞紙上に載っておりますが、覚書締結して介護人材を積極的に受け入れるというふうな予定施策を組んでいるようでございますので、本市といたしましても有効な施策一つではないかなというふうに理解しております。

白石市議会 2020-02-27 令和2年予算審査特別委員会(第2号) 本文 開催日:2020-02-27

広域水道からの受水量でございますが、5年ごと覚書というものがございまして、これが5年ごとに見直しされて覚書が新たに締結されるということになっております。  この覚書と申しますのは、仙南・仙塩広域水道を受水しております白石を含めまして17の市町が相互覚書締結するものでございます。  この覚書の中で1日幾ら幾ら受水するという水量覚書水量という形で決めております。

石巻市議会 2020-02-27 02月27日-議案説明・質疑・委員会付託-05号

県への賠償額支払額を予算計上させていただいておりますけれども、今後ともこれについては覚書に基づきまして、支払いをしていくということになります。これにつきましては、県が負担するかどうかということに関しましては、私どももお二人の弁護士に相談をいたしまして、平成21年の最高裁の判決については、これは今回の大川小学校の件でも妥当するものだというふうな御意見を頂いた上で、進めているものでございます。 

東松島市議会 2020-02-19 02月19日-一般質問-03号

そのため、本市を含むUPZ自治体では、平成27年4月20日に宮城県と女川原子力発電所周辺安全確保に関する協定書に係る覚書を交わし、県がこの事前協議の回答に当たり、あらかじめUPZ自治体にその内容を説明するとともに、UPZ自治体から県に対し意見が提出された場合、その意見を付して東北電力株式会社に回答することと定められております。  

大崎市議会 2020-02-18 02月18日-02号

ボタンの掛け違えを認め、改めて萱刈水利組合大崎広域との覚書を守る原点に立ち返り、裁判で係争中のことでもありますので、まず立ち止まり、誤りなき判断をすることに最善の努力をすべきではないでしょうか。市長の見解をお聞かせいただきたいと思います。 次に、補聴器購入助成制度補聴器調整サービス提供体制の構築について伺います。 まず、率直にお聞きします。

石巻市議会 2019-12-18 12月18日-一般質問-05号

その後、平成29年3月16日、石巻市、東松島市との災害時における校舎等福祉避難所利用についての覚書締結され、石巻支援学校では福祉避難所として当事者150人、付き添い150人の計300名を受け入れてくださるそうです。石巻支援学校の卒業生のみならず、障害のある方の受け入れをしてくださるということで、ありがたいことです。 

石巻市議会 2019-12-17 12月17日-一般質問-04号

初めに、裁判結果を受けて、市民に与える影響についてでありますが、本件訴訟に係る損害賠償金及び遅延損害金につきましては、10月25日付で宮城県と締結した覚書に基づき、10月29日に宮城県から原告側に対し、20億5,648万3,550円全額支払いを完了しております。これを受け本市は、来年度から令和11年度までの10年間にわたって、毎年宮城県に償還することになります。

大崎市議会 2019-12-16 12月16日-05号

なお、利用料金などの収入が施設維持管理費用を上回る、いわゆる黒字施設が幾つかありますが、例えば古川カントリーエレベーターについては覚書を取り交わし、毎年500万円を市の基金に積み立て、将来の地域農業の発展に向けた再投資等に活用することとしております。黒字施設については経営努力のインセンティブを害しない範囲で施設の改修や更新に備えてストックできるような仕組みを構築してまいります。 

石巻市議会 2019-12-06 12月06日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

先般の臨時議会のときに、債務負担行為条件として、弁護士なり、そういった者にお聞きをして、そしてその成果をということで、ただ文書で覚書を交わしました、弁護士Aさん、Bさんの意見はこうでしたと。努力したことが全然見えないのですが、責任をとる前にやるべきことがいっぱいあるのではないですか。

石巻市議会 2019-12-05 12月05日-議案説明-01号

去る10月20日に開催された市議会第1回臨時会において、令和年度一般会計補正予算債務負担行為補正の議決をいただいた後、10月25日付で宮城県と本件事件に係る損害賠償金及び遅延損害金の取り扱いに関する覚書締結しました。 損害賠償金及び遅延損害金支払いにつきましては、この覚書に基づき10月29日に宮城県から原告側に対し、20億5,648万3,550円全額支払いを完了したものであります。 

大崎市議会 2019-10-02 10月02日-05号

宮城県との覚書で、大崎市の納める水道料金が、若干ではありますが、下がるようであります。市民生活を考えるなら若干でも下げるべきと思うのでありますが、市長はいかがお考えでしょうか、お聞かせいただきたいと思います。 以上で、1回目の質問を終わります。 ○議長(佐藤和好君) 伊藤市長。     〔市長 伊藤康志君登壇〕 ◎市長伊藤康志君) 小沢和悦議員から、大綱5点御質問を賜りました。

石巻市議会 2019-09-24 09月24日-一般質問-06号

また、そのときに最後東松島市から、来年は秋田県の仙北市という覚書が手渡されました。来年は、1月16日に秋田仙北市で開催が予定となっています。ことし認定を受けた福島県の郡山市、岩手県の陸前高田市も当然参加するのではないかと思います。隣町は目標に向かって一生懸命進んでおりますが、我がまちは1回目も2回目も申請しない、非常に残念でなりません。何のためにSDGs地域戦略推進室を設置したのか。