11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

石巻市議会 2015-06-19 06月19日-一般質問-04号

この裁判で踏襲したのは、伊方原子力発電所をめぐる行政訴訟最高裁が1992年に示した判断です。高度な科学技術を要する原子力発電所運転の可否は、専門家に任せるとの姿勢で、九州電力の事故対策原子力規制委員会適合判断を基本的に追認しました。最高裁判断が福島第一原子力発電所事故が起きる20年近くも前に出たことを考えると、事故後も依拠すべき基準かどうか大変疑問であります。

仙台市議会 2010-05-21 総務財政協議会 本文 2010-05-21

請求できるという法は厳然としてあるにもかかわらず、こういう状態でありますので、まずお聞きしますけれども、ここ10年ぐらいの間、しかし、しっかりと把握できる年限でいいんですけれども、仙台市が提起された行政訴訟は大体何件あって、そして、うち勝訴した件数と敗訴した件数とか、いろいろあるわけです。これをまずお聞かせをください。

仙台市議会 2007-09-12 平成19年第3回定例会(第5日目) 本文 2007-09-12

学校給食民間委託地方自治法労働者派遣法職業安定法等に違反するとして、行政訴訟等が各地で起きています。  労働者派遣事業の脱法を防ぐため、職業安定法施行規則で四つの要件を定めています。市直営では、栄養士が調理室にも入り、直接調理員を指導しながら、栄養や安全性など質の高い学校給食がつくられています。

石巻市議会 2007-03-07 03月07日-議案説明・質疑・討論・採決-04号

こういうふうな約束をやっぱりきちっと履行すると、機会均等でこういう周辺郡部の人で行きたい人が行けなかったということになったら、こういうのは行政訴訟の対象にだって私はなると思いますよ、機会均等で。そういう機会をなぜ与えてくれなかったのだと。だからそういう点で、ぜひ重くとらえていただきたいというふうに、答弁は求めません。 ○議長(髙橋誠志議員) ほかにございませんか。   

仙台市議会 2000-12-15 平成12年第4回定例会(第7日目) 本文 2000-12-15

また、「今ここで本条例をつくらなければならない理由」について質疑があり、これに対しまして、「行政苦情が本市でも増加しており、市民の立場で簡易、迅速に処理することが必要なこと、顕在化していないものへの対応も必要なこと、中立的な第三者機関の調査、監視として職員の倫理の確立にも資する面が大きいこと、従来の不服申し立て行政訴訟制度は、要件が狭く手続も煩雑であること、監査委員制度財務監視制度であり行政事務全般

仙台市議会 2000-03-09 平成12年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文 2000-03-09

そういう絶好のチャンスを、私は率直に言って、今もありましたが、行政の側から閉ざしているのではないかと思えてならないわけなんですけれども、今裁判、一方では行政訴訟という問題がありまして、若干複雑な局面にはなっているんですけれども、この工場建設問題も含めて抜本的なごみ減量問題に取り組んでいくという問題について、ぜひ住民の皆さんとのそういう面での話し合いも含めた努力をしていただきたいと思います。  

仙台市議会 1996-09-17 都市整備建設委員会 本文 1996-09-17

そして、行政訴訟法等では申し立て適格というものについての規定がございますけれども、都市計画法におきましてはそういった規定が全くございませんので、判例等をもとにして適格について主張をしたわけでございます。処分庁立場開発審査会立場は違うものでございまして、審査会は中立的なものでございます。

仙台市議会 1996-09-13 平成8年第3回定例会(第5日目) 本文 1996-09-13

青葉区千代田町のマンション建設地近隣住民は、がけ崩れを防ぐ工事を義務づけずに、がけの上のマンション建設を許可した仙台市を相手取って、宮城県建築基準条例が定めた安全基準を満たしていないなどとして、建築確認の取り消しを求める行政訴訟を起こしていました。この裁判で、仙台高裁は去る七月十七日、マンション建設がけ安全性に影響を及ぼさないとは言えないとして、市の建築確認を取り消す判決を下しました。

仙台市議会 1991-09-13 総務財政委員会 本文 1991-09-13

そういうふうな状況の中で、確かに、おっしゃるように社会的制裁といいますか、そういったものを法律判断に優先させるということもあり得ようかと思いますけれども、仙台市のいろんな行政風土といいますか、その中では法律上瑕疵のある行動に踏み切った場合には住民訴訟行政訴訟といったものが頻繁に用いられている部分ございますので、その法律上の責任を考えますと、なかなか、そこまでやることができないということでございます

仙台市議会 1990-12-06 平成2年第4回定例会(第3日目) 本文 1990-12-06

情報公開についての行政訴訟等になった場合、結局知る権利の明確化がなければ、条例制定権者政策決定の当否の問題として情報公開が狭く規定されることになり、大きな問題を残すことになると考えますが、市長はいかがお考えでしょうか。  第二に、情報公開請求権者を制限しないという点であります。

  • 1