運営者 Bitlet 姉妹サービス
26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-14 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年09月14日 行政実例とか判例であるかもしれませんが。それぐらい難しい問題について、改めて債権管理条例を立ち上げて向かうということの、その前の向かうというスタートラインですね。そこをしっかり議論しないと、私はいけないのかなと思ったわけです。   もっと読む
2017-06-26 大崎市議会 平成29年 第2回定例会(6月)-06月26日−04号 次に、臨時・非常勤職員の任期の定めのない常勤職員への転換についてでございますが、現行法では非常勤職員の任用期間は明文化されておりませんが、本市における非常勤職員につきましては行政実例等を踏まえ、任用期間を1年以内と定めております。 もっと読む
2013-02-28 角田市議会 平成25年第366回定例会(第3号) 本文 2013-02-28 すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるとのことですが、まず、議員は、公有財産の売却に関する議決権の範囲は、売却行為の賛否のみか、市長は処分する公有財産への範囲をどこまで明らかにすべきかとのことから質疑いたしましたが、議会には修正権は及ばないことや、売却価格、売却時期、売却代金の支払い方法、売却の相手方については、法律上、議会の決定すべき事項でないとのことは行政実例 もっと読む
2012-12-18 角田市議会 平成24年第365回定例会(第3号) 本文 2012-12-18 行政実例昭和24年8月2日)。したがって、いまだ競馬事業に関する指定を受けていない市町村が将来指定のあるべきことを予想して、規約を定め組合の設立の許可の申請をすることはできないと解する。(学陽書房逐条地方自治法第6次改訂版)」。このことからして、角田市は組合設立前に病院事務を執行しておりませんので、規約を定め組合の許可の申請をすることはできないと思いますけれども、どうなんでしょう。 もっと読む
2012-12-13 石巻市議会 平成24年  議会運営委員会-12月13日−38号 それで、自治省見解の行政実例、その下なのですが、ここで真ん中から、当然に条例の改廃、認定、予算計上の必要のある事件について、委員会に諮って原案を作成し、次の議会に提案するというようなことは、適法でないと解するがどうかという問いかけに対し、自治省のほうではお見込みのとおりというふうな回答の行政実例を出しております。 もっと読む
2012-10-25 大崎市議会 平成24年  議会運営委員会-10月25日−01号 定例会、臨時会を問わず常に優先される先決事項がございまして、右側の図にありますとおり、議長、副議長の選挙など議会の構成等にかかわるものは例外であると行政実例にございます。大崎市の先例、近いところですと平成24年第3回臨時会でこのような運用をしております。大まかにですが、臨時会はこのような体系となっております。   もっと読む
2012-09-25 石巻市議会 平成24年  議会運営委員会-09月25日−31号 ただ、根拠は行政実例しかありません。地方自治法、その他会議規則、標準会議規則に明確な規定はありませんでした。イコール、各議会の判断という内容でした。  それを、事前審査の定義づけといたしましては、今言ったとおり、事前に委員会等で説明し、内諾を得たり、質問をして意見を言うことなどを事前審査の定義とされておりました。 もっと読む
2012-09-25 角田市議会 平成24年第364回定例会(第3号) 本文 2012-09-25 ですから、仕事の中から出てきた行政実例をもとにして一つひとつ学んでいくのが最良の方法であります。そのためには職場内での研修が重要であります。職員が日々の仕事の中で学び合い、教え合うことを通じて知識や資質の向上を図っていくことが非常に効果的で大切なことでありますから、職場研修の中心となる管理職について、今後十分指導・監督をしてまいりたいと考えております。 もっと読む
2012-06-05 石巻市議会 平成24年  災害廃棄物処理業務委託等に関する調査特別委員会-06月05日−01号 次に、行政実例における100条調査の対象となるものについてです。  資料の6ページをお開きいただきたいと思います。  こちらも行政実例で100条調査の対象となるものを列記しておりますので、御確認をいただきたいと思います。  次に、百条調査の限界についてでありますけれども、資料の7ページをお開きください。  基本的には百条調査の限界として3項目列記されております。 もっと読む
2012-02-21 東松島市議会 平成24年  3月定例会(第1回)-02月21日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 東松島市の職員の身分もあわせて持つことになりますので、法律の規定あるいは行政実例等によって本市の職員定数に含める必要性が出てまいったわけでございます。したがいまして、派遣された場合に備えまして本条例を今回改正をさせていただくものであります。   それでは、次に2番でございますが、職員数の現状と見込み、どうなっているのかという部分についてご説明申し上げます。 もっと読む
2012-02-21 東松島市議会 平成24年  3月定例会(第1回)-02月21日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 東松島市の職員の身分もあわせて持つことになりますので、法律の規定あるいは行政実例等によって本市の職員定数に含める必要性が出てまいったわけでございます。したがいまして、派遣された場合に備えまして本条例を今回改正をさせていただくものであります。   それでは、次に2番でございますが、職員数の現状と見込み、どうなっているのかという部分についてご説明申し上げます。 もっと読む
2011-11-29 大崎市議会 平成23年 第4回臨時会(11月)-11月29日−01号 私は、権限であることは法で決めているわけですから、そのこと自身を私は否定はしないのですが、ただ179条で規定しているのは、要するに4つの要件が当然あるのですけれども、その中で時間的な余裕がないというのが今回の場合だと思うのですけれども、その時間的余裕がないということについても、市長に自由裁量を認めているのではないということは、これは行政実例だとか、いろいろなものの中で言われているわけです。 もっと読む
2011-01-21 大崎市議会 平成23年  議会運営委員会-01月21日−01号 もう1枚の議員・職員のための議会運営の実際という本の第1巻にも「市・町村では必要があるとき、議長が会議時間を変更することができますので招集日の開会時刻を繰り上げることができます」との行政実例であります。   もっと読む
2010-09-21 角田市議会 平成22年第352回定例会(第3号) 本文 2010-09-21 ◎4番(日下七郎) その他に入るということで規約に明記されているという、そのようなことですけれども、行政実例を見ていくと、これは明確に規約に示しておいて、それで組合の条例で定めるべきだということになっているんです。そして、市長、手数料というのは、特定の方々に対しての利益を行うとき、手数料と言うんですよね。一部事務組合のごみ処理については地域住民の全員から、ごみは収集する。 もっと読む
2010-04-01 石巻市議会 平成22年  議会運営委員会-04月01日−11号 ◎日野智事務局長 今、渡辺委員からの御質問なのですが、法的な縛りといった明確な規定はありませんで、一応、行政実例には何かあるようです。と申しますのは、5月23日の選挙執行日ですので、その1週間前告示ですから5月16日ですね、告示が。 もっと読む
2009-06-30 大崎市議会 平成21年 第2回定例会(6月)-06月30日−02号 行政実例などでは、一般の警察の職員については男性とか、当時はまだ看護婦と言っていたときですけれども、そうであった場合は女性とか、あるいは特に僻地に勤務する職員については当該地域の近辺に居住するという、そういうごく限られた、しかも必要最小限で客観的かつ画一的な要件と認められる場合のみ、地域限定の採用は許されるという事例なのです。   もっと読む
2008-06-20 白石市議会 平成20年第373回定例会(第4号) 本文 開催日:2008.06.20 市民の参加を求め、法律や福祉の知識、実務能力を身につけた市民後見人を養成し、だれでも制度を利用できるよう、また、報酬の助成なども含め行政が関与する機運、行政実例が出てまいりました。  だれしも終生自分らしく生きることを望んでおります。 もっと読む
2007-09-30 大崎市議会 平成19年度 決算特別委員会-09月30日−03号 この辺について、私たち自身も税を預かる立場として現所有者、実の所有者がもう既に決まったのだから、名義はともかくとしてその人に課税できないかということで、いろいろ文献等も探したのですけれども、いろいろな行政実例などからしても、あくまでも固定資産税の課税は現所有者といいますか、登記名義人にしか課税できないということになっているので、その面からは脱することができないという状況でございます。   もっと読む
2007-09-12 東松島市議会 平成19年  9月定例会(第3回)-09月12日−一般質問−04号 そういった部分もありましたし、それから先ほど市長が答弁いたしましたが、いわゆる負担つき寄附に該当するのではないのかというふうなことに関しまして、今の時点でも解釈は同じでありますが、昭和25年に行政実例がありまして、一般的に契約あるいは寄附行為の中で条件を付しまして、その条件を全うしなければこの契約は解除するというふうな明確な取り交わしをしていない限りは、いわゆる負担つき、あるいは条件つき寄附には当たらないというふうな もっと読む
2007-06-20 大崎市議会 平成19年 第2回定例会(6月)-06月20日−02号 そのほかに総務省の行政実例もいろいろ調べさせていただきましたのですが、中小企業診断員と本条の関係というようなことで、調査及び診断を行わせることも差し支えないというふうな行政実例も出ているというようなことも、私の方では調べさせていただいてございます。  あともう1件、総務省とのかかわりの部分につきましても、私の方も電話等々で照会をさせていただきました。 もっと読む
  • 1
  • 2