17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

栗原市議会 2017-03-07 平成29年予算特別委員会 本文 開催日:2017年03月07日

もいろいろ伝え聞くわけなんですが、今東北大学医学部を中心にしてお医者さんがいらしていると思うんですが、今後、東北医科薬科大学の関係ではどういうふうになるのか、医者を招聘する上で、やはり今同僚議員からありましたけれども、本当に医者に来ていただかないとどうしようもないということもありますし、その辺のところを、いろんな経緯があったにしても東北医科薬科大学医学部の関係も、これから卒業生も出てくるので、やはり自治医科大学

気仙沼市議会 2014-12-15 平成26年第67回定例会(第3日) 本文 開催日:2014年12月15日

なお、来年度の医師の確保につきましては、宮城県ドクターバンク事業及び自治医科大学関連事業による医師の派遣要望とあわせ、東北大学病院へも常勤医師の派遣を引き続きお願いしているところであります。現在のところ、宮城県東北大学病院において、来年度に向けて調整中とのことであります。

美里町議会 2014-09-18 平成26年行財政・議会活性化調査特別委員会(第2号) 本文 2014-09-18

栗原では自治医科大学をやっています、自治医科大学委託制は。こういうことを考えながら、なるたけ保育士がいないから保育できないということはやめてください。我々の給料を減らしても保育士をふやすべきだという気持ちでいます。これ私よく申し上げておきますが、来年に向かってもっともっと保育士が生活できるような条件にすることを求めます。

気仙沼市議会 2011-06-24 平成23年第38回定例会(第3日) 本文 開催日:2011年06月24日

また、市長は、医師の招聘について、昨年の9月定例会において10番議員質問に、東北大学へは医学部地域医療支援機関を通じて派遣をお願いしており、宮城県には県が行っている自治医科大学卒業派遣事業、地域医療医師登録紹介事業及びドクターバンク事業などに派遣を要請しておりますと答えておられます。

仙台市議会 2010-09-27 平成21年度 決算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2010-09-27

自治医科大学附属埼玉医療センターの今野教授によれば、ワクチンにかかる費用は210億円、治療費の節減効果は170億円、さらに治療による仕事の中断死亡による労働損失約230億円、計400億円抑制できる。結果190億円の費用削減が期待できるというふうにも言われています。有効性が認められているのに、なかなか接種が進まないその理由を伺いたいと思います。

気仙沼市議会 2010-09-27 平成22年第32回定例会(第4日) 本文 開催日:2010年09月27日

東北大学へは、医学部地域医療支援機関を通じて派遣をお願いしており、宮城県には、県が行っている自治医科大学卒業医師派遣事業、地域医療医師登録紹介事業及びドクターバンク事業などに派遣を要請しております。  また、臨床研修指定病院となっていることから、広く全国に研修医の募集を行うとともに、育成に努め、地域医療に貢献する医師の確保を図ってまいります。  

栗原市議会 2010-02-23 平成22年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2010年02月23日

栗原の地域医療に欠かせない産科医や小児科医の招聘は、どのように考えているかについてでありますが、平成22年4月から栗原中央病院東北大学大学院を3月に卒業する内科医師1名、後期研修医として宮城県から派遣される自治医科大学医師1名が採用となります。このほか初期研修を行う臨床研修医2名を採用する予定であります。  

栗原市議会 2010-02-16 平成22年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2010年02月16日

自治医科大学医学生であります。それは後ほど説明させます。  今後とも、指導医・研修医とともに研さんを積み、病院全体のレベルアップと活性化と努めてまいります。  以上、主なものについて御報告申し上げましたが、読み上げませんでした報告については、お手元の資料の御高覧をお願いし、行政報告とさせていただきます。

気仙沼市議会 2009-12-17 平成21年第27回定例会(第4日) 本文 開催日:2009年12月17日

このことから、医師確保について、関係機関に対する働きかけや紹介業者を介しての募集などに努めておりますが、今後は、宮城県自治医科大学卒業医師の配置を積極的に要請をしてまいります。  なお、市立本吉病院は、今後とも現行どおりの運営ができるように努力してまいります。  次に、新規高卒者の就職支援についてお答えを申し上げます。  

気仙沼市議会 2009-03-09 平成21年第21回定例会(第7日) 本文 開催日:2009年03月09日

こういう政府関係機関がありますが、そして、そこでまとめて示されたのが新医師総合対策として関係4大臣により、特定の医師不足の県と自治医科大学医師の養成数を上乗せする暫定的調整を容認する、あるいは要請するという内容の確認書が交わされている経過もあるようです。  ここに挙げられている医師不足が特に深刻であると認められた県が10県あります。

栗原市議会 2007-09-21 平成19年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2007年09月21日

そして、政府は打ち出したワースト10に対して各学部に増員をさせる、あるいは自治医科大学に派遣増を認める等々の話は、じゃ東北においてどうなっているのかといったら、宮城県以外はすべてその対象に、ワースト10の中に入っていたと。宮城県はワースト10でなくてワースト11だと。 0.1の差でその対象から外れてしまったと。

栗原市議会 2007-06-21 平成19年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2007年06月21日

ということは、憲法保障されている職業選択の自由というもの、そして国家でも自治医科大学というものがございます、御承知のとおり。これは県から推薦をされ、今、2名出させていただいているわけですが、だから6名ですから12名、県が今お願いをしていると。卒業して医師になった場合でも9年の義務なんですよ、9年の義務を負わせると。

栗原市議会 2005-09-14 平成17年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2005年09月14日

額が多いから、少ないからということでなくて、奨学金を出すから来るとか来ないとかということではなくて、やはり当然のことながらそれは新しい時代の流れの中で本当の意味で、自治医科大学のように留置で9年、9年という形で押さえても、もう7年でやめたいと、今までかかった分払うからというような感覚の中での奨学金というものは果たしていかがなもんだろうかなという認識は持っていますが、せっかくの御提案でありますから、よく

栗原市議会 2005-06-23 平成17年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2005年06月23日

自治医科大学、あるいは防衛医大等を出たお医者さんに対しては9年間の責務があると。その状況等を見ながらもそれでも大変厳しい状況にあるわけでありますから、dutyの伴わない奨学金についてはそれ相当の熱意を持って接する。お金じゃなくて熱意だと思っておりますのでそこらあたりを踏まえながら検討していくのがベストかなと、かように考えております。  私は今、ちょっともし抜けましたら勘弁してください。

  • 1