671件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東松島市議会 2020-06-15 06月15日-02号

ここは、建築から矢本庁舎は49年、鳴瀬庁舎は44年経過しておりまして、耐震補強とか大規模改修を行いながら、これまで施設維持に努めてきたということでありますので、今後これ以上人口が増えるということは難しい中で、人口減少等による行政機能集約効率化が求められる中、現在2つの庁舎での行政機能の分散については、いろんな面で不便を感じております。

美里町議会 2020-06-01 令和2年度6月会議(第2号) 本文

さきの町議会において繰越明許費の可決を賜りました財産管理一般経費笹館集会所耐震補強設計業務委託料)外11件の事業につきまして繰越使用するため、繰越明許費繰越計算書を調製いたしました。  繰越明許費繰越計算書の細部につきましては、お届けいたしました令和年度美里一般会計予算繰越明許費繰越計算書のとおりであります。  

角田市議会 2020-02-19 令和2年第401回定例会(第1号) 本文 2020-02-19

また、主な重点事業は、市庁舎耐震補強事業総合体育館アリーナ床改修事業交通公園幼児用遊び場整備事業及び公営住宅解体撤去事業などであります。  歳入でありますが、主な一般財源は、市税が32億4,015万円で、前年度比較で6,669万円、2.0%の減となっております。  地方交付税は36億7,306万円で、3,197万5,000円、0.9%の減となっております。

大崎市議会 2020-02-14 02月14日-01号

整備事業につきましては、引き続き水道施設耐震補強及び機械設備等更新並びに配水管更新及び新設を実施し、施設強靭化と未給水地域の解消に努めてまいります。 また、下水道事業公営企業法適用に伴い、水道部建設部下水道課を組織統合し、今年4月から新たに上下水道部としてスタートいたします。これまで以上に効率的経営と一層のサービス向上を図るため、統合のメリットを最大限に生かすよう努めてまいります。 

気仙沼市議会 2020-02-13 令和2年第107回定例会(第2日) 本文 開催日:2020年02月13日

同じく東棟になりますけれども、今度は耐震補強になりますけれども、その部分の補助金の関連としましては処分制限期間が47年。西棟につきましては、新増築の危険改築ということの補助金補助事業の中で処分制限期間は先ほどの校舎東棟の当初建築した当時と同じように60年になります。屋内運動場体育館になりますけれども、これは処分制限期間が40年という形になります。

美里町議会 2019-09-01 令和元年度9月会議(第3号) 本文

1項総務管理費財産管理費笹舘集会所耐震補強設計業務委託料297万円、まちづくり推進費地域づくり支援事業補助金270万円、それぞれ追加いたしました。笹舘集会所耐震補強設計業務委託料につきましては、町の指定避難所に指定されております笹舘集会所平成30年度に実施しました耐震診断の結果、耐震補強工事が必要となったためであります。

角田市議会 2019-08-28 令和元年第398回定例会(第3号) 本文 2019-08-28

5年前だったと思いますが、耐震補強工事を進めていただいて、次の段階が多分最終的なことで、防護柵としての欄干も含めた先ほど来の工事ということになってくるんだろうと思っておりますが、その協議会としての要望を含めて、一緒にこの要望を進めてまいりたいと思っております。  なお、角田橋欄干防護柵があのとおりです。

美里町議会 2019-03-01 令和元年度3月会議(第5号) 本文

また、工事請負費においては町の指定避難所となる笹館集会所耐震性能を高めるために耐震補強工事を施工する費用として430万円を計上しております。  以上でございます。 ◯議長大橋昭太郎君) 企画財政課長◯企画財政課長(佐野 仁君) 続きまして、5目企画費について御説明申し上げます。  

仙台市議会 2019-02-22 平成31年度 予算等審査特別委員会(第2日目) 本文 2019-02-22

なお、参考までに、耐震補強工事を開始いたしました平成18年度から平成30年度までの13年間で支払った仮庁舎賃借料の総額につきましては、今年度は見込み額になりますけれども、約36億5000万円となってございます。 49: ◯赤間次彦委員  相当な金額ですね。上杉分庁舎が大体同じぐらいででき上がったとお聞きしておりますので、相当なお金だと思います。  

仙台市議会 2019-02-21 都市整備建設委員会 本文 2019-02-21

67: ◯道路計画課長  平成31年度予算案として計上しております道路橋りょう費約288億円ございますが、その内訳といたしましては、市道整備、そして国道、県道整備などの道路新設改良費として約87億円、都市計画道路整備などの都市計画街路事業費として約46億円、舗装の改修や除雪、施設管理などの道路維持費として約89億円、橋梁の老朽化対策耐震補強かけかえなどの橋りょう費として約29億円ほか計上してございます