195件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第5日目) 本文 2020-12-14

優れた美術作品を市民の皆様が身近に鑑賞できる機会を提供することは、本市文化芸術振興に資するものと考えており、今後もそのような展覧会の御相談があった場合には、積極的な受入れを検討してまいりたいと存じます。  以上でございます。 92: ◯三十九番(鎌田城行)御答弁をいただきまして、ありがとうございます。三点再質問をさせていただきたいと思います。  

仙台市議会 2020-10-30 文化芸術・スポーツ振興調査特別委員会 本文 2020-10-30

やっぱり一人一人いろんなところに研修に行って、いろんなところを見てきてということで、私も今週宮崎の県立美術館に行って、東京富士美術コレクションなども見てきて、洋画なのですけれども、そういうのを見てきて、いろんなものを感じてくるということが必要ですし、あとは今一つここで今までと大きく変わったところというのは新型コロナということで、世の中が当然変わっていく。でも、もしかしたら変わらないかもしれない。

仙台市議会 2020-10-05 令和元年度 決算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2020-10-05

音楽もあれば演劇もあれば、美術そのほか様々な文化芸術があるわけでございます。それらに対する総合的な芸術文化振興のための指針ということでございます。この間、改訂が行われてこなかったということでございますが、今ほど藤本副市長からも話がありましたように、今般の音楽ホールについて、もう個別にいろいろと検討いただいている中でございます。

大崎市議会 2020-09-30 09月30日-05号

あと先ほど答弁でもスポーツ団体とか文化芸術団体への支援策という部分での紹介が少し答弁ではあったのですが、私も非常にこの大崎市、大変恐縮ですけれども、音楽ですとか美術ですとか絵画、そういった文化芸術に対する支援が少し薄いのではないかと個人的には思ってございまして、お祭りやイベントに関しては、わっしょいという感じでいくのですけれども、なかなか文化、そういった伝統も含めて非常に、例えば、では公募展というのを

仙台市議会 2020-09-17 市民教育委員会 本文 2020-09-17

特別教室先ほどもやはりつけてほしいという声が上がっていたという話がありましたけれども、理科室家庭科室美術室、技術室、それぞれ各校にあるのは、そこで使用する道具であるとか設備がそこでなければできない、教育活動上必要なんだということで設置をされている、そういう関係のはずです。そこが大変暑くて教育の場として使用できないということがあるとすれば、本当に本末転倒だとも思います。この点いかがでしょうか。

仙台市議会 2020-09-15 令和2年第3回定例会(第5日目) 本文 2020-09-15

高校の美術教師をしている若い友人が、教え子たちとともに美術館の周辺の自然を描く展覧会に向けて制作中だということでした。貴重な建物を壊してほしくない、残してほしいと訴えておられました。  宮城美術館初代学芸部長酒井哲朗さんが、移転の話を受けて、四十年前の建設当時のエピソードを披露しています。

仙台市議会 2020-06-18 令和2年第2回定例会(第5日目) 本文 2020-06-18

市長平田オリザさんのことを先ほどお話しされていましたけれども、美術文化政策は戦略だと言っていますよ。それぞれこの予測の根拠、前提が不安定になってしまって、この立地場所の選定、基本構想、今年度着手をされるのかどうか、明言されないってことは、今判断のタイミングではないということなんでしょうか。どういう状況になれば判断するんですか。はっきりお答えください。

仙台市議会 2020-02-17 令和2年第1回定例会(第3日目) 本文 2020-02-17

館内の美術鑑賞は、四季折々の自然の色彩とともに心を満たし、静かに内省する機会を与えてくれる。地域に開かれた教育普及活動も盛んであり、幅広い年齢層が利用する創作室もある。ここで多くの人々の創造的な活動の時間がきょうも紡がれ続けている。このすばらしい建物を丁寧に修繕しながら活用していく道を探るべきではないのか。  

仙台市議会 2020-01-21 市民教育委員会 本文 2020-01-21

その他の社会教育施設といたしまして、美術映像文化拠点せんだいメディアテーク子供たち自然体験活動の場であり、広く市民にアウトドアの機会を提供する泉岳自然ふれあい館、大倉地区の豊かな自然や暮らしの歴史を生かしたさまざまな体験機会を提供する大倉ふるさとセンター、口径1.3メートルの大型望遠鏡やプラネタリウム、広い展示室を備えた錦ケ丘の天文台天文台では児童生徒天文台学習を実施していることもこの

仙台市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4日目) 本文 2019-12-13

本市宮城県では整備の趣旨が違いますので合築までとは申し上げませんが、同一敷地内となれば、音楽演劇美術、スポーツ一体となった文化芸術振興拠点になることと考察いたします。まちづくり観点からも、都市計画を所管する本市同一場所での建設となれば、宮城県との協議もスムーズに進めることが可能となるでしょう。  最後に市長の御所見をお伺いし、私の第一問といたします。  

仙台市議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日目) 本文 2019-12-12

その直後から県内の美術関係者から強い不満の声が上がっています。また、多くの仙台市民から、この県美術館を愛し誇りに思ってきたこと、移転は大変残念という声もたくさん寄せられています。さまざまな団体から美術館存続要望書も提出されているところです。  県の所有でありますから、最終的に県が決めることになりますが、仙台市民にとっても大変重要な施設という観点で、順次質問させていただきます。  

大崎市議会 2019-09-17 09月17日-03号

やっぱり人が携わらないといけないという部分もありますので、ちょっと見てみますと、最近でもとんぼ玉ですとか万華鏡製作ですとか、キャンドル、アロマ、あるいは天然藍染めのワークショップなんかをやられているという部分で、あとちょっとこれは気になる言葉ですけれども、臨床美術というものに取り組まれている数少ない施設の一つでもあるという部分でございましたので、せっかくですから、臨床美術というものが、なかなかこの議会

東松島市議会 2019-06-19 06月19日-一般質問-04号

美術はもうやらないとか、体育は日常のあれで評価するとか、そういうふうな地域学校の実態に応じてやっているところもあって、定期テストはやっていますけれども、一長一短もあって、だからいいものを取り入れるとか、改善の視点として参考にするという、そういう意味では私大変おもしろく読みました。 ○議長(大橋博之) 小野 幸男さん。