299件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東松島市議会 2022-09-20 09月20日-総括質疑-05号

このような中で、同調査における国語算数、数学正答率は、国及び県平均を下回っておりますが、ICT機器を効果的に活用し、個別最適な学びを推進することで、令和年度からの経年比較ではその差は小さくなってきております。  私からは以上であります。 ○議長小野幸男) 大橋 博之さん。 ◆15番(大橋博之) それでは、丁寧に回答いただきましてありがとうございます。再質疑を何点かさせていただきます。  

東松島市議会 2022-06-14 06月14日-一般質問-04号

次に、「算数セット」のことをお伺いしたいのですけれども、実は先日、私の娘はもうかなり大きいのですけれども、部屋を片づけていましたところ「算数セット」を持ってきたのですね。それが、小学校のときの1、2年のとき使ったやつだよということで、なかなかしっかりしているのです。

東松島市議会 2022-02-25 02月25日-会派代表質問-05号

本市教育委員会では、市の財源により、来年度から算数数学科教科教育指導員を1人増員し、3人体制とすることとしており、具体的には小学校担当を2人、中学校担当を1人とし、原則として週単位担当校を巡回することとしております。  その業務内容については、担任との2人体制での、いわゆるTT指導や学級を少人数に分けての指導に加えて、放課後等個別指導担任等への指導助言等も行うこととしております。  

東松島市議会 2022-02-17 02月17日-一般質問-02号

その内容としては、小学校では漢字練習や本読み、算数の計算、中学校では教科ごと問題集予習内容等課題を出しております。ラジオ体操をしたという学校もあると聞いております。これらの取組は、県内においても圏域含めて非常に本市で進んだ取組をやってくれているというふうに私は各校に対して思っております。また、小中学校共通で、本市独自に採用しているタブレットドリルでの個別学習にも取り組んでおります。

東松島市議会 2021-06-18 06月18日-会派代表質問-05号

この目標実現に向けた本市教育委員会の今年度の新たな学力向上対策取組については、まず一人一人に応じたきめ細かな指導ができるよう算数、数学科を中心に、担任等とともに児童生徒指導に当たる教科教育指導員を矢本第二中学校区と鳴瀬未来中学校区に1名ずつ配置をいたしました。この教科教育指導員というのは、いわゆる市費で置いた教員ということになります。教員免許所有者であります。  

白石市議会 2021-03-02 令和3年予算審査特別委員会(第2号) 本文 開催日:2021-03-02

68 ◯角張一郎委員 それでは、説明書の102ページ、103ページ、教育費の中の3目教育振興費学力向上プロジェクト事業が記載されておりますけれども、その中で新たに漢字検定数学算数検定受験補助を行うということがありました。  予算書を見ますと、12節委託料に両方の受験業務委託料ということで記載されています。

白石市議会 2021-03-01 令和3年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2021-03-01

具体的には市独自の学力学習状況調査実施中学生実力テスト実施教育アドバイザーによる研修などのほか、新規事業として漢字検定数学算数検定にかかる受験料補助を計画しており、これに係る業務委託料を計上しております。  10款1項3目教育振興費スクールバス運行管理事業として12節委託料などに1,934万7,000円を計上しております。

大崎市議会 2021-02-19 02月19日-02号

教科担任制につきましては、令和年度から算数、理科、英語で実施が予定されております。その実施については、専門性を有する教員が教えることで、より分かりやすい質の高い授業を行うことが最大の目的となっており、複数の教員児童に関わることで多面的な児童理解が可能になる点や、教員負担軽減にもつながることなどの効果も期待されているところであります。 

東松島市議会 2020-09-14 09月14日-総括質疑-05号

算数、数学についてはまだ課題はあるのですけれども、ある学年数学的な考え方、これが一番今回伸びたところなのですが、点数でいうと昨年度の同じ学年と比べて10点上がっている学年もあるのです。ですので、同学年との比較とか、自分での伸びも含めまして、さらに県の平均、そして全国というところを意識しながら今後とも取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。 ◆2番(上田勉) 終わります。

東松島市議会 2020-09-09 09月09日-一般質問-04号

一方、算数、数学につきましては、まだ依然として課題が残っています。算数、数学の問題を解くにも、やはり読む力というはうんと大事なのです。このあたりを今少しずつ成果が出てきているところなので、今年度算数、数学研修に重きを置いて進めていきたいなというふうに思っているところです。 ○議長大橋博之) 小野 惠章さん。

東松島市議会 2020-09-07 09月07日-一般質問-02号

教育委員会教育部学校教育管理監相沢進) それでは、今教育長からありました様々なサイト、コロナ禍本市のホームページ上にもリンクを貼りまして、県の総合教育センター、こちらには単元問題ライブラリーといって国語算数、数学の問題、それがホップ・ステップ・ジャンプということで習熟度別に取り組めるような問題があります。解答ももちろん載っています。