269件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白石市議会 2019-12-06 令和元年第438回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-12-06

東京電力福島原子力発電事故に係る放射能対策を実施するに当たり、本市がこうむった平成23年度から平成30年度分までの損害につきましては、支出が確認された経費5億495万281円及びこれに係る遅延損害金を、東京電力ホールディングス株式会社に対し、損害賠償請求しております。  

白石市議会 2019-09-19 令和元年第437回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-09-19

また、東日本大震災福島原子力発電事故があった。同じ原子力事故を経験した地域として全力で恩返しをしたいというようなお話もいただいておりまして、特に震災後は毎年、宮城県と福島県の子供、それぞれ100人ずつを国のベラルーシ共和国のほうが子供たちを招待してくれて、キャンプとかさまざまな経験を積ませていただいている非常にありがたい国だなという印象でございます。  

白石市議会 2019-09-05 令和元年第437回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-09-05

東京電力福島原子力発電事故に係る放射能対策を実施するに当たり、本市がこうむった平成23年度から平成29年度分までの損害につきましては、支出が確認された経費4億6,515万3,423円及びこれに係る遅延損害金を、東京電力ホールディングス株式会社に対し損害賠償請求し、一部支払いを受けております。  

白石市議会 2019-06-06 令和元年第435回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-06-06

年東日本大震災による災害被害者に対する白石市税の減免に関する条例の一部を改正する条例案及び第43号議案平成23年東日本大震災による災害被害者に対する白石介護保険料減免に関する条例の一部を改正する条例案の2議案は、東日本大震災による災害被害者に対する国民健康保険税及び介護保険料減免について、平成23年度から適用し実施してきたところでありますが、平成30年度に引き続き令和元年度についても国から東京電力福島原子力発電事故

白石市議会 2019-02-22 平成31年第434回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-02-22

東京電力福島原子力発電事故の影響により、汚染された焼却灰を、指定廃棄物として保管しておりました市内6カ所の仮置場につきましては、既に4カ所を撤去しておりますが、今般、残る小原地区越河地区指定解除を受け、仮置場撤去工事平成31年2月8日に完了いたしました。これにより、市内に保管している指定廃棄物は全てなくなりました。  

気仙沼市議会 2018-12-21 平成30年第99回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年12月21日

                       賛成者     同    千 葉 慶 人                         同      同    高 橋 清 男                         同      同    熊 谷 伸 一       東京電力福島第一原子力発電所におけるトリチウムを含む汚染水の            海洋放出を行わないよう求める意見書(案)  東京電力福島原子力発電事故

白石市議会 2018-09-06 平成30年第432回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-09-06

東京電力福島原子力発電事故により生じました事故被害対策経費については、これまで東京電力ホールディングス株式会社に対し、平成23年度分から平成29年度分までを請求しております。そのうち、第6次請求平成25年度分までの東京電力賠償に応じない経費については、原子力損害賠償紛争解決センター和解仲介により、専従職員の給与を除き、既に和解が成立しているところでございます。  

白石市議会 2018-09-03 平成30年第432回定例会(第1号) 本文 開催日:2018-09-03

東京電力福島原子力発電事故に係る放射能対策を実施するに当たり、本市がこうむった平成23年度から平成28年度分までの損害につきましては、支出が確認された経費4億2,930万3,462円及びこれに係る遅延損害金を、東京電力ホールディングス株式会社に対し、損害賠償請求しておりましたが、新たに支出が確認された平成29年度分の損害金4,396万5,223円及びこれに係る遅延損害金平成30年8月6日付で

角田市議会 2018-06-26 平成30年第393回定例会(第3号) 本文 2018-06-26

しかし、東日本大震災から続く東京電力福島原子力発電事故に伴う農林業系廃棄物の取り扱いについては、1キログラム当たり8,000ベクレル以下であれば一般廃棄物として自治体処理するというように、「廃棄物処理及び清掃に関する法律」に示されているとおりであります。同条例第7条、施策の基本方針、第1項第5号において、「廃棄物適正処理並びに減量化及び資源化を積極的に推進すること。」

白石市議会 2018-06-11 平成30年第431回定例会(第1号) 本文 開催日:2018-06-11

東京電力福島原子力発電事故に係る放射能対策を実施するに当たり、本市がこうむった平成23年度から平成28年度分までの損害につきましては、支出が確認された経費4億2,930万3,462円及びこれに係る遅延損害金を、東京電力ホールディングス株式会社に対し、損害賠償請求しております。  

石巻市議会 2018-06-07 06月07日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

専決処分は、東京電力福島原子力発電事故による避難対象者国民健康保険税及び介護保険料減免に係る国の全額の財政支援平成32年3月分まで1年間延長されることに伴い、東日本大震災に伴う石巻国民健康保険税減免に関する条例及び東日本大震災に伴う石巻介護保険料減免に関する条例の一部を改正する必要が生じたものでありますが、市議会を招集し、議会の議決を得る時間的余裕がございませんでしたので、地方自治法

角田市議会 2018-03-05 平成30年第392回定例会(第3号) 本文 2018-03-05

まず、議案第1号 平成29年度角田市一般会計補正予算(第8号)についてでありますが、この第1表関係では、人事院勧告に伴う人件費補正を初め、年度末に行う所要の補正が大半でありますが、中に阿武隈急行車両老朽化に伴い、念願であった車両の更新が決まったことによる補正東京電力株式会社福島原子力発電事故に伴う損害賠償のあっせんに係る件など大事な部分が含まれています。  

美里町議会 2018-03-01 平成30年度3月会議(第1号) 本文

東京電力福島原子力発電事故から8年が経過しようとしておりますが、いまだに多くの福島県民の方々が全国各地避難を余儀なくされております。また、年月の経過から事故の記憶の風化が危惧されるところです。UPZ自治体である本町としましても、あらゆる視点からUPZ関係自治体首長会議で協議を進めながら、原子力災害対策に備えていかなければならないと考えております。  

美里町議会 2018-03-01 平成30年度3月会議(第5号) 本文

雑入二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金及び東京電力福島原子力発電事故に伴う損害賠償金の皆増が主なものであります。  21款町債は8億6,960万円といたしました。前年度と比較して2億1,570万円、19.9%の減であります。道路橋りょう債及び消防施設債の減が主なものであります。  続いて、歳出について申し上げます。  1款議会費は1億381万6,000円といたしました。

大崎市議会 2018-02-28 02月28日-06号

市民協働推進部防災安全課長放射能対策室長茂和泉浩昭君) 東京電力福島原子力発電事故に係る損害賠償請求のうち、平成27年度分に要した費用の一部が賠償されました。これに伴いまして今般、雑入にて補正計上し、さらには財政調整基金に積み立てを行うものでございます。平成28年第3回定例会におきましても、平成24年から26年度分の賠償金が支払われました。

石巻市議会 2018-02-27 02月27日-議案説明・質疑・委員会付託-05号

次に、5目の農林業系廃棄物処理対策費では、東京電力福島原子力発電事故による汚染稲わら処理に要する経費として2億4,800万円を措置しております。 次に、5款労働費の主な内容について御説明申し上げます。256ページ、2目の1事業復興型雇用創出事業費では、県に創設された基金財源とした雇用創出助成金などとして1億3,932万6,000円を措置しております。