運営者 Bitlet 姉妹サービス
2284件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 角田市議会 平成30年第395回定例会(第4号) 本文 2018-12-20 これは、ことし、議会の産業建設常任委員会で行かれました島根県の中山間地域研究センター出身の方ですが、過疎指定の797市町村のうち、2010年から2015年の5年間に30代の女性の増加が見られる市町村が327市町村、約41%。実質社会増の実現するところが93市町村、11.7%だというのです。特に人口がふえている市町村は、これについてはほかにも研究報告されてメディアに取り上げられたりしています。 もっと読む
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 ◎子ども家庭課長(菅原紀昭君) 今回整備する唐桑等で、そのような手法がとれるかというところは別といたしまして、今後の施設整備のあり方としては、やはり効率的で合理的な施設、また使い勝手のいい、皆さんに喜ばれる施設というのは大変大切な視点でございますので、今後もいろいろと研究をさせていただきたいと思います。 ◎議長(菅原清喜君) 21番鈴木高登君。 もっと読む
2018-12-19 角田市議会 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19 開発には仙台大学大学院スポーツ科学研究科体育学部運動栄養学科からのサポートを受けております。仙台大学との連携については、これに限らず、Challenge Million 2016協議会スポーツ専門部会にも部会員として御参加をいただいております。今後もさらなる連携について検討してまいりたいと思っております。 もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 また、医学や高齢者福祉などのエキスパートが集まるJAGESというものがあるそうですけれども、これは日本老年学的評価研究機構でありますが、現在調査中の研究では、何と図書館が近くにある人は要介護リスクが低いというデータがあるとのことです。図書館長、よく聞いてくださいね。   もっと読む
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 また、議員先ほど温麺条例のことをご質問されておりましたが、ぜひ議提でこの三白を守るための条例の制定であったり、そういったものも議会で議員の皆様とぜひ研究をいただければと思います。 ◯志村新一郎議長 13番菊地忠久議員。 ◯13番(菊地忠久議員) はい、わかりました。 もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 来月には、各公民館やまちづくり協議会の皆様と一緒に、先行市の事例研究として東松島市への視察を計画しておりますが、本市におけるまちづくりセンターの機能や運営組織のあり方については、引き続き関係の皆様と一緒に検討してまいりたいと思います。   もっと読む
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 東北生活文化大学の出前授業ですが、中心的な役割を担っている南中学校の校長は、芸術教科は人間の感性を高めるだけでなく、学習意欲を向上させる教科という認識を持っておりまして、平成29年度、仙台向山高校校長による特別授業を高校との連携という形で研究実践してきたところです。   もっと読む
2018-12-13 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年12月13日 質疑してから初めて、そういう点がわかったとかわからないとか、先ほど市長がまた、これからの推移を見る必要もあるとか、少し研究したいみたいな、そういう発言というのはないと思うんだな。  議長、今からでもよろしいですから、この日比谷花壇さんの今までの業務内容と社の履歴関係、全部資料に出していただきたいと思います。これはひとつやってほしいです。やはりこれは、重要なことなんですよ。 もっと読む
2018-12-13 角田市議会 平成30年第395回定例会(第2号) 本文 2018-12-13 しかしながら、実際に連帯保証人の方をお二人選任するということがなかなか難しい事例があるということについても承知をしておりますので、今後の研究課題であることは承知をしております。加えて、連帯保証人2人のうちお一人を保護者としている部分につきましては、むしろ保護者の方をお一人選任することで連帯保証人の選任をする奨学生の負担をむしろ軽減をしていると考えております。  次の御質疑であります。   もっと読む
2018-12-12 白石市議会 平成30年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2018.12.12 基本的には、埼玉県学力・学習状況調査や全国学力・学習状況調査を活用した学習向上策を児童・生徒の学力向上に係る教育支援事業の研究を実践するということが、チーム埼玉の考え方であると思うんですけれども、例えば、これらの埼玉県が指定した羽生市立羽生北小学校の取り組みを具体的に見ると、例えばPDCAサイクル、分析、仮説を立てて、実践をして、検証をするという非常にすばらしい取り組みのような感じがいたしますが、なかなか もっと読む
2018-12-11 白石市議会 平成30年第433回定例会(第2号) 本文 開催日:2018.12.11 この制度自体は、本社機能ということで本社の事業所、研究施設、それから研修所、その3つの施設が該当になります。  その施設を持っている会社というような形になりますので、白石市にも若干大きなところではセコム工業様とかというところがございますが、ほかにも何社か本社機能を持っているところがございますので、若干は出てくるかと思いますが、今のところはそういうことで申請されている経緯がございませんでした。 もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第3号) 本文 今後、レンタサイクルの運営や管理、財源等も含めて、実施可否の判断材料を集めるための調査、研究をしてまいりたいと考えているところでございます。  次に、広域連携協議会についてのご質問でございます。   もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文 また、大河原町農業再生化会議条例につきましては、農政に関する施策等について調査、研究、審議行い、本町農業の活性化を図ることを目的に平成28年4月に施行したものであり、農業施策に関するソフト部分を担っているところでございます。   もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 プロモーション事業も、先ほど申し上げましたように行かなければ来ていただけない、でも行けば必ず響いてくるという状況も確認しているところでございますので、国内での情報発信あるいは海外向けての情報発信、どんなことができるのか、さらに研究をして進めてまいりたいというふうに考えるところでございます。 154:◯議長(佐藤貴久君) ◯議長(佐藤貴久君) 岡崎 隆君。 もっと読む
2018-09-28 角田市議会 平成30年第394回定例会(第5号) 本文 2018-09-28 総務省、第三セクター等のあり方に関する研究会報告書には、「地方公共団体は、第三セクター等の役職員の選任については、職務権限や責任にふさわしい人材を民間を含めて広く求め、民間の経営ノウハウを含めた適切な知見を有する人材が積極的に登用されることに努めることが必要である。 もっと読む
2018-09-27 角田市議会 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27 平成27年には、同幼稚園で宮城県公立幼稚園・こども園協議会大河原支部研究会が開催され、幼小一貫の教育が高い評価を受けています。  そのような環境だからこそ、発達障害や愛着障害の児童が自然に受け入れられ、支援教育がしやすいのだといいます。県構想の中でも理想的な学校と言えるそうであります。 もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 災害対応についてでありますが、津波の想定確率については、津波の発生原因となる大地震について、国の地震調査研究推進本部の平成21年1月1日時点の長期評価では、宮城県沖を震源とするマグニチュード7.4前後の地震は平均37.1年間隔で発生しており、30年以内の発生確率は99%となっておりました。   もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 本市といたしましては、本地域での効果的な対策を実施するため、県漁協などの関係者や専門的知見を有している県水産総合研究センターなどの研究機関と連携し、まずはウニの品質向上を図ることで、買受業者の誘致や販路の拡大につなげ、漁業者の所得向上を目指してまいります。   もっと読む
2018-09-26 角田市議会 平成30年第394回定例会(第3号) 本文 2018-09-26 できれば、そういったことの研究をさらに進めていただきたいなと思います。  次の質問につながるということで、今、御答弁もいただきましたので、次の質問にまいります。  (2)番です。 もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 インターネット依存については、厚生労働省の研究によると、「ネットに夢中になっていると感じる」「予定よりも長時間使用する」「ネットのせいで人間関係などを台なしにした、またはしそうになった」など、インターネット依存に関する8項目の質問に5個以上当てはまる人を、インターネットの病的使用と位置づけております。 もっと読む