149件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年06月11日

繰り越した事業は、石綿セメント更新事業及び水道施設整備事業の2事業で、繰越額は8,648万9,000円であります。  次に、報告第5号 平成30年度栗原市一般会計事故繰越し繰越計算書についてであります。事故繰越の理由は、県のほ場整備事業が事故繰り越ししたことに伴い、ほ場整備事業負担金について事故繰り越ししたものであります。  

美里町議会 2019-06-01 令和元年度6月会議(第2号) 本文

まず1点目ですけれども、改定の理由に、法定耐用年数40年を超えた管路が町内に約40キロ、そのうちの約11キロ石綿セメントというふうにあります。11キロ石綿セメントはどの地域なのかお伺いをいたします。  それから、いただいた収支計画、改定率別比較を見ますと、収益的収支それから資本的収支どちらも、平成34年度、35年度を見ますと、どちらも黒字になっております。

栗原市議会 2019-02-26 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019年02月26日

3項出資金については、企業債償還元金及び石綿セメント布設替工事などに係る一般会計からの出資金で、3億647万8,000円であります。  4項国庫補助金については、老朽管等の布設がえに対する国庫補助金で、3,666万6,000円であります。  5項その他負担金については、下水道事業に係る水道管移設工事補償金などで、1億5,112万9,000円とするものであります。  次に、220ページです。

栗原市議会 2018-06-25 平成30年産業建設常任委員会 本文 開催日:2018年06月25日

今回の補正は、石綿セメント更新事業、水道施設統廃合整備事業等の建設改良費の確定などにより、資本収入で976万4,000円、資本的支出で4,077万6,000円をそれぞれ減額したものであります。  それでは内容について、平成29年度補正予算に関する説明書(3月補正専決)でご説明申し上げますので、50ページの平成29年度栗原市水道事業補正予算明細書をごらん願います。  

美里町議会 2018-03-01 平成30年度3月会議(第1号) 本文

水道事業につきましては、計画的に石綿セメントの布設替えに取り組み、震災に対応できるよう柿ノ木平配水場に緊急遮断弁を設置するなど、安全で安心な水道水の安定供給に努めてまいります。  将来においては、料金収入の減少に加えて、老朽管更新工事費の財源とこれまで借り入れた企業債の償還金の財源の捻出が必要になるなど、水道事業の健全経営を継続する上で、安定した財源の確保が重要となってまいります。

栗原市議会 2018-02-26 平成30年予算特別委員会 本文 開催日:2018年02月26日

資本収入でありますが、2項出資金については、企業債償還元金や石綿セメント布設替工事などに係る一般会計からの繰り入れで、2億8,984万2,000円であります。  3項その他負担金については、下水道事業に係る水道管移設工事補償金などで、6,392万4,000円とするものでございます。  次に、228ページです。  

美里町議会 2017-09-25 平成29年行財政・議会活性化調査特別委員会(第3号) 本文 2017-09-25

ただし、その中での石綿セメントでの漏水修理はありませんでした。前年度と比較し、有収率は向上していますが、なお一層漏水対策に努め、有収率向上を図られたく意見を付しました。  (2)財政健全化に努められたいにつきましては、全員協議会でも経営戦略の説明がありましたように、31年度には厳しい状況になるということについて、改めて説明がありました。

栗原市議会 2017-05-08 平成29年第2回臨時会(第2号) 本文 開催日:2017年05月08日

収入については、1款2項1目他会計出資金で石綿セメント更新事業などの事業費が確定したことにより114万6,000円を減額、3項1目工事負担金では県道の道路改良工事に伴う水道管移設補償費の確定により108万9,000円を減額いたしまして、補正後の予定額を1億3,071万9,000円としたものでございます。  

美里町議会 2017-03-21 平成29年行財政・議会活性化調査特別委員会(第3号) 本文 2017-03-21

石綿セメントの更新については、平成38年度までに終了させるということでした。給水収益が水道事業収益の大半を占めることから、普段の漏水調査、石綿セメントの更新を計画的に行うことを求めました。  以上、教育、民生に係る平成29年度予算分科会審査報告といたします。 ◯委員長(平吹俊雄君) 教育、民生分科会委員長の報告を終わります。  

美里町議会 2017-03-01 平成29年度3月会議(第1号) 本文

水道事業につきましては、安全で安心な水道水を安定的に供給していくため、年次計画に基づき石綿セメントの布設替えに取り組むとともに、継続して漏水調査を実施、有収率の向上を図ってまいります。また、平成30年度は蜂谷森配水池・柿ノ木平配水場に緊急遮断弁を設置するため実施設計を行い、災害時に対応できるよう整備してまいります。

栗原市議会 2016-10-06 平成28年第3回定例会(第7号) 本文 開催日:2016年10月06日

しかし、石綿セメントの老朽化した管の更新は、平成27年度は814メートルと大きく進みません。今後、アセットマネジメント導入の中で、石綿セメントの更新は計画的に進めるとしておりますが、残りの53キロメートルを超える管を早期に更新するのは、国からの援助も欠かせず、国への要請も努力すべきであります。  さらに、この計画の中で、将来的には料金引き下げも視野に入れた計画の策定を求めるものであります。  

大崎市議会 2016-09-29 平成28年度 決算特別委員会-09月29日−05号

いろんな石綿セメント事業から老朽管の更新事業、本当に御苦労さまです。この事業はほぼ多分終わりだと思うのです、これらの事業は。先ほど浄水場も終わりだということでしたが、しかしアセットマネジメントの中では100年の計画を立てながらやるのだということもありました。これから大きな更新を控えてくるのです、またいつか。

栗原市議会 2016-09-28 平成28年産業建設常任委員会 本文 開催日:2016年09月28日

3款国庫支出金1項国庫補助金1目施設整備費補助金で、一迫統合簡易水道事業及び鶯沢地区石綿セメント更新事業に係る簡易水道施設整備費補助金の減額内示に伴い4,641万8,000円を減額するものであります。  6款繰越金1項繰越金1目繰越金では、平成27年度決算により実質収支額が確定したことから、2,909万8,000円を追加するものであります。