運営者 Bitlet 姉妹サービス
573件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年12月21日 発達障害という言葉も最近ではごく普通に話されていますが、発達障害の子供を持つ松岩小学校区域の親が、松岩小学校に申請したところ、松岩小学校では受け入れられませんと断られ、水梨小学校に入学させた例も報告されています。  また、請願書にも記載されていますが、長期欠席となっている親御さんから水梨小学校が存続するならば転校させたいという悲痛な訴えもされています。   もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 また、今後のがん教育の実施の方向性についてでありますが、がん患者や家族など、がんと向き合う人々に配慮しつつ、学習指導要領を踏まえ、がんについての正しい理解と、健康と命の大切さについて、児童・生徒の発達段階に応じて適切に行うことが大切であると考えております。   もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 これまでIT、情報技術と呼ばれてきた一連の技術や概念は、通信技術の発達により、近年、ICT、情報通信技術と呼ばれるようになってまいりました。これは単なる情報処理だけではなく、通信を利用して情報や知識の共有を図ることが簡単な社会となってきたということでございます。簡単に言えば、インターネットを使っていろんなサービスがどこでも誰でも使える社会になったということです。   もっと読む
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 学校給食の目的は、学校給食法に定められているとおり、学校給食は児童及び生徒の心身の健全な発達に資するものであり、かつ児童及び生徒の食に関する正しい理解と適切な判断力を養う上で重要な役割を果たすと規定されております。あわせまして、学校における食育の推進を図ることにその目的があると認識をしております。   もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 競争が激しい教育制度のストレスによって発達障害が生じているという問題も指摘されていまして、特に大きな学校、大きな集団のほうが社会性が育つと思われがちだが、子供たちは逆に許容範囲を超えてしまった大きな集団の中では主体的にかかわることができないと。逆に無関心を生み出してしまっているということが言われております。   もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 例えば母親が風疹に罹患した場合、風疹ウイルスが胎児に感染して、先天性風疹症候群と総称される障害を引き起こすことがあるとされており、その症状としては先天性心疾患、難聴、白内障、網膜症、血小板減少症、糖尿病、発育遅滞、精神発達遅滞など多岐にわたります。  病院は、患者さんの安心と安全を最優先して環境を整えなければならない場所であり、感染拡大はあってはならないことであります。 もっと読む
2018-06-20 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年06月20日 前回は、巨大防潮堤建設に対しての質問が中心で、巨大防潮堤建設は住民の合意を本当に得ているのか、子孫に過大な債務を残す巨大防潮堤建設はやめるべき、巨大防潮堤建設よりも避難路と住宅建設を優先すべき、そして巨大防潮堤は科学技術の発達により無用になると思うがいかがかといった内容でした。   もっと読む
2018-06-20 白石市議会 平成30年第431回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.06.20 次に、現在再生可能エネルギー教育推進事業として、児童・生徒の発達段階に応じた再生可能エネルギーと資源の利用に関する知識の醸成や資質、能力の育成が行われております。本市も太陽光発電や風力発電に次世代エネルギーパーク等を民間企業から提供していただくなどして、児童生徒の育成や地域活性化としての取り組みを行うことが重要と考えておりますが、これを提案したいと考えております。市長の所見をお伺いいたします。 もっと読む
2018-06-19 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月19日 一定規模でなければならない、いわゆる同じ学年が2クラス在籍する学校でなければ、児童の社会性等の発達、成長に不利益が生じる。このような根拠というのは、そういう文献があるんですか。研究結果があるんでしょうか。教育委員会がそこまで言い切るのは、何を根拠にして言っているのか、見解を示してください。 ◎議長(菅原清喜君) 教育長齋藤益男君。 もっと読む
2018-03-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月14日−一般質問−09号 ◆12番(櫻田誠子議員) これまで何度か質問しております、平成29年第2回定例会でも発達障害には早期発見と早期療育の必要性が重要と質問させていただきました。このたび、ことしの1月に、総務省から発達障害の早期発見等への仕組みづくりが不十分だとして改善勧告が出されておりますが、詳細について伺います。 もっと読む
2018-03-06 石巻市議会 平成30年  保健福祉委員会-03月06日−01号 ただ、どうしてもそれを理解し切れない方、例えば発達障害があってそのまま妊娠されてしまったとかさまざまなケースが考えられます。 もっと読む
2018-03-05 石巻市議会 平成30年  環境教育委員会-03月05日−01号 全国的にというか、特別支援というか発達障害を持った子供たちの数というのはやっぱりふえてきている傾向があります。本市においても委員御指摘のように確かにふえてきている状況であります。 もっと読む
2018-02-26 気仙沼市議会 平成30年第95回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年02月26日 相談内容については、妊娠中の過ごし方や出産に向けた準備など、妊娠、出産に関すること、育児不安や子供の発達に伴うかかわり方など子育てに関すること、家族関係や経済面など多岐にわたっており、庁内はもとより関係機関と連携して対応しております。  また、面談時には本市の子育て情報誌「ぽけっと」を活用し、子育て支援サービスや遊び場などの情報提供もあわせて行っております。   もっと読む
2017-12-25 角田市議会 平成29年第391回定例会(第5号) 本文 2017-12-25 子どもたちの健全育成、特に心身の発達においては、階段の昇降も必要な運動として位置づけられるのではと考えます」との答弁でした。  「福祉公園を散歩やリハビリで利用している人たちの利用状況は」との質疑に、「福祉公園利用者の集計はとっていません。勤務しながら公園の様子を見ている限り、交通公園のように利用者でにぎわうような状況ではありません。利用されている方には申しわけないという思いはあります。 もっと読む
2017-12-21 角田市議会 平成29年第391回定例会(第3号) 本文 2017-12-21 各学校ではこれをもとに、地域や児童生徒の発達段階に合わせて自校化したものをつくって活用しております。例えば低学年、高学年用に分ける、あるいは中学校では学年ごとに分けるなどという形です。保護者にも入学時の説明会や学年PTAの機会に説明資料として使っている学校もあります。 ◎議長(柄目孝治) 八島議員。 もっと読む
2017-12-21 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月21日−一般質問−06号 同センターの特徴は、子育ての悩み、虐待などの深刻な問題を担当する児童相談と、いじめ、不登校、発達、就労などで困難を抱える30代までの子供、若者の相談窓口を一つにまとめたものです。今石巻市におきましても、市民相談センターや虐待防止センターはございますが、別にまた子供、若者というくくりを設け、行うことも必要ではないかと思いました。 もっと読む
2017-12-19 気仙沼市議会 平成29年第94回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年12月19日 次に、エリクソンの学説の教育環境整備への位置づけについてですが、文部科学省は、学習指導要領などの作成において、乳幼児期、学童期、青年前期(中学校)、青年中期(高等学校)の4段階に分けて、子供の発達段階ごとの特徴と重視すべき課題を挙げております。  このもとになっているのは、エリクソンの発達理論になります。   もっと読む
2017-12-18 気仙沼市議会 平成29年第94回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年12月18日 私、両方調べたんですけれども、そのような商店街の振興については商工会議所で項目が絞っているということもあるし、それだけ商店街、商工会の状況が厳しいということもあるとは思いますが、伴走型経営発達支援事業認定機関ということになっていますし、経営分析から事業計画策定まで伴走型経営支援をきめ細かく個々にやっているということがわかりましたので、これについては参考となる部分も多いと思いますので、振興条例等商店街 もっと読む
2017-12-08 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月08日−議案説明・質疑・委員会付託−02号 ◎庄司勝彦福祉部長 まず、質の低下というようなお話でございますが、保育施設そのものにつきましては、県の認可を経て事業を運営するということになりますし、また国家資格による保育士という資格者が子供の状況とか発達の過程を踏まえて保育に従事するということでございますので、保育水準は保持できるものというふうに考えてございます。   もっと読む
2017-10-06 大崎市議会 平成29年 第3回定例会(9月)-10月06日−07号 次に、新生児聴覚検査の実施状況についてでございますが、先天性の聴覚障害に対して早期発見、早期療育に取り組むことで、音声言語発達等への影響が最小限に抑えられますことから、現在、分娩取り扱い医療機関において検査が行われております。検査はおおむね生後3日以内に行う初回検査と、おおむね1週間以内に必要な新生児に対し確認検査を行うことになっております。 もっと読む