運営者 Bitlet 姉妹サービス
108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-06-08 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日 生活排水処理の推進と下水道の整備については、河川や海域の水質保全と市街地の快適な生活環境づくりを目指し、宮城県生活排水処理基本構想に基づき、公共下水道等の集合処理及び浄化槽による個別処理により効率的に進めております。  このうち、公共下水道については、計画区域内の管渠整備を進め、おおむね10年で整備を完了することとしております。   もっと読む
2018-02-20 角田市議会 平成30年第392回定例会(第1号) 本文 2018-02-20 浄化槽整備事業につきましては、引き続き生活排水処理における普及率向上のため、合併処理浄化槽設置費用の助成を行ってまいります。  今後の下水道経営につきましては、平成32年4月から地方公営企業法適用を目指し準備をしてまいります。  環境保全対策の一環として、小学校と地元企業等と連携した環境学習会の開催や使用済み天ぷら油の回収事業などを引き続き実施し、環境問題への意識向上に努めてまいります。   もっと読む
2017-12-22 角田市議会 平成29年第391回定例会(第4号) 本文 2017-12-22 この排水口は、八神、我々はここを「ハヅガミ」というふうな発音をしてしまうんですが、八神、坂下、北前、東ケ崎及び川北の亀山までの西の地区の雨水、農業用水、生活排水を一手に引き受けている排水口であります。  水田の地盤沈下が年々進んでおりますが、排水口のある橋脚は沈下せず、排水口が排水路より高くなっている状況にあります。 もっと読む
2017-09-13 石巻市議会 平成29年  環境教育委員会-09月13日−04号 ◎菅秀昭建設部下水道管理課長 二子団地につきましては、合併処理浄化槽事業ではなく、下水道事業のほうで生活排水を対応しておりますので、公共下水道のほうに接続という形になります。 ◆安倍太郎委員 そうしますと、この事業はもう別だということですね、公共下水道とは。 ◎菅秀昭建設部下水道管理課長 二子団地につきましては、合併処理浄化槽の集中導入事業の対象とはしておりません。 もっと読む
2017-06-26 石巻市議会 平成29年 第2回 定例会-06月26日−一般質問−06号 昨年3月、国の指針に基づき計画された石巻市一般廃棄物処理基本計画では、これまで実施してきた施策の人口フレームを見直すとともに、東日本大震災の発生による廃棄物を取り巻く環境の変化に対応するため、本市のごみ処理及びし尿処理の現状と課題を整理し、長期的、総合的視野に立って、ごみ処理及び生活排水処理を将来にわたり、適正かつ計画的に行うため、一般廃棄物の排出抑制、減量化、雨水利用の推進、収集、運搬、中間処理及 もっと読む
2017-03-21 角田市議会 平成29年第386回定例会(第6号) 本文 2017-03-21 角田市下水道事業経営戦略により、角田市流域関連公共下水計画の処理区域の見直し並びに角田市生活排水の処理施設の整備構想は、農業集落排水事業、高倉、金津を角田市の流域関連公共下水道の区域にするということでありますけれども、経営の健全化、効率化について疑問が残るわけであります。 もっと読む
2017-03-02 石巻市議会 平成29年  産業建設委員会-03月02日−01号 ◎菅秀昭建設部下水道管理課長 浄化槽と、それから下水道、今後どのような形で、どれをどの地区に事業展開していくかということにつきましては、生活排水の基本計画というのを、すみません、ちょっと年度は失念しましたけれども、生活排水の基本計画とその中で浄化槽、それから下水道、農業集落排水等につきまして投資効果、そういった部分も踏まえまして、それぞれ地区割りしてございます。 もっと読む
2017-02-20 角田市議会 平成29年第386回定例会(第1号) 本文 2017-02-20 また、平成27年度の「宮城県生活排水処理基本構想」の見直しを踏まえて、平成28年度に全体計画の見直しを行っており、平成29年度では、事業計画変更業務を進めてまいります。  雨水事業につきましては、引き続き野田排水区の雨水施設整備を進め、平成29年度は雨水ポンプ場場内整備及び雨水幹線管渠の整備を進めてまいります。   もっと読む
2016-06-24 石巻市議会 平成28年 第2回 定例会-06月24日−一般質問−06号 このことから、平成27年度における宮城県生活排水処理基本構想の見直しに伴いまして、本市におきましても石巻市生活排水処理基本構想の見直しを行ったところであり、今後現状に即した計画に変更してまいりたいと考えておりますので、御理解賜りたいと存じます。 ◆13番(渡辺拓朗議員) それでは、下水道について再質問させていただきます。  できればアベノミクスもがんがんいっていただきたいという思いは当然あります。 もっと読む
2016-06-20 気仙沼市議会 平成28年第83回定例会(第3日) 本文 開催日:2016年06月20日 生活排水や雨水排水の目的である側溝が震災で壊されたが、いまだ復旧されず、整備されずの現状の箇所が見られる。 もっと読む
2016-03-09 石巻市議会 平成28年 第1回 定例会-03月09日−一般質問−07号 昨年10月より生活排水など非農用地分の排水も担っていることから、河南矢本土地改良区から農家負担を軽減するための応分の負担について要望がございました。   もっと読む
2016-03-03 大崎市議会 平成28年度 予算特別委員会(2月)-03月03日−06号 ◎建設部建築住宅課長(伊東修市君) 快適住まいづくり支援事業につきましては、事業の内容としてはバリアフリー工事とそれから生活排水設備の水洗化工事となります。具体的には、バリアフリー工事については手すりの取りつけ工事、それから床の段差解消工事などが主な補助対象の工事の内容となります。水洗化工事については、下水道に接続する排水設備を新設する工事などが主な補助対象工事の内容となります。  以上です。 もっと読む
2016-02-24 気仙沼市議会 平成28年第80回定例会(第4日) 本文 開催日:2016年02月24日 生活排水処理について浄化槽設置が進み、下水道人口の減少が予想されます。そこで、浄化槽の整備状況と今後の整備計画の見込みについて、また、下水道区域外での住宅再建が進み、下水道人口が減少しています。今後の下水道事業の運営見込みと整備計画の見通しについてお伺いいたします。  保健・医療・福祉・介護の充実について。  (仮称)市民福祉センターの運営について。   もっと読む
2016-02-19 角田市議会 平成28年第381回定例会(第1号) 本文 2016-02-19 また、平成27年度の「宮城県生活排水処理基本計画」の見直しを受けまして、市の公共下水道事業全体計画変更業務を進めてまいります。  雨水事業につきましては、引き続き野田排水区雨水ポンプ場の建設事業を進め、早期の完成を目指してまいります。  農業集落排水事業につきましては、排水処理施設の適切な維持管理を行い、円滑な事業運営を図ってまいります。   もっと読む
2016-01-15 石巻市議会 平成28年  全員協議会-01月15日−01号 平成28年度を初年度とした、平成39年度を計画目標年度とする10カ年計画としており、ごみ処理基本計画と生活排水処理基本計画の2篇で構成しているものであります。  初めに、ごみ処理基本計画を御説明いたします。本編では50ページから65ページの内容となるものでございますが、概要版1ページ中段をごらん願います。   もっと読む
2015-09-15 大河原町議会 2015年9月15日 平成27年決算審査特別委員会(第2号) 本文 365:◯丸山勝利委員 ◯丸山勝利委員 まとめて、122ページの13節委託料の排水路水質調査委託料16万5,240円なんですけれども、これ成果説明の多分107ページの農業排水路水質状況の検査、毎年、毎年、毎年出てるわけなんですけれども、こちら、基準値オーバー、水素イオン等、これは生活排水と、また農業用の飼料等が流れて出てるんじゃないかという形で毎年出てるわけなんですけれども、これ、年2回やって、まあ もっと読む
2015-06-23 気仙沼市議会 平成27年第72回定例会(第4日) 本文 開催日:2015年06月23日 なお、渋抜川周辺の下水道供用区域も拡大していることから、今後渋抜川に流れ込む生活排水も少なくなり、南郷地区、神山地区の生活環境の向上が図られるものと考えております。 ◎議長(守屋守武君) 13番菅原清喜君。 ◎13番(菅原清喜君) ありがとうございます。この渋抜川の冠水対策として、今市長は函型の暗渠方式にして埋設するんだと。 もっと読む
2015-03-04 大崎市議会 平成27年度 予算特別委員会(2月)-03月04日−06号 ◎建設部建築住宅課長(大江清輝君) 事業内容でございますが、補助の対象事業といたしましては、生活排水設備工事、それからバリアフリー工事ということで、2つの工事の対象にしてございます。 ○委員長(佐藤勝君) 大山委員。 ◆大山巖委員 去年、おととしまでやった住宅リフォームと、ああいう内容とはまた違って、そういう下水とか、そういうのが条件つきになったのですか。 もっと読む
2015-02-20 東松島市議会 平成27年  3月定例会(第1回)-02月20日−議案質疑、委員会付託−06号 この問題を解消する手法として、従来と同様に農業者が中心となり、地域全体で生活排水や生活道路としての機能を有する水路、農道等の基礎的保全管理作業に対する支援策として多面的機能、支払い交付金制度が講じられており、本市におきましても23地区で組織化がされたところであります。 もっと読む
2015-02-05 大崎市議会 平成27年  建設常任委員会-02月05日−01号 生活排水設備工事、バリアフリー工事、各50件という予定でございます。平成26年度につきましては、実績として生活排水設備工事28件、バリアフリー工事29件というような実績になってございます。バリアフリーにつきましては補助率が40、85、100ということで、65歳以上の居住する住宅で住民税の課税非課税、それから障害者の居住というようなことでの補助率を設けてございます。   もっと読む