5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大崎市議会 2011-06-28 06月28日-05号

これらの失業者の対応につきましては、震災により離職を余儀なくされた方を採用した場合、90万円の助成金支給される特定求職雇用開発助成や国の職業訓練制度の周知を図ってまいります。 また、国が重点分野雇用創出事業の要件を緩和したことから、先般、4課4事業22人の雇用創出事業を計画し、5月臨時議会において補正予算の承認をいただき、6月より24人の雇用を実施したところであります。 

大崎市議会 2007-12-18 12月18日-05号

その就労支援策として、実際的に今行っている部分につきましては、ハローワークで行ってございます職場の適応訓練とか、それから特定求職雇用開発助成とか、トライアル雇用事業とか、障害者雇用納付金制度に基づく助成金などのハローワークとしての取り組みが行われているところでございますし、さらには駅前のふるさとプラザ内に、これは1市4町で構成をいたしてございますけれども、この障害者就労なり生活支援センターのLink

岩沼市議会 2007-06-20 平成19年第2回定例会(4日目) 本文 2007.06.20

市長(井口經明事業所への指導、支援助成支援策につきましては、まず国の特定求職雇用開発助成というものがあります。その支給を受け、その支給期間終了後も引き続き雇用している事業主に対しまして心身障害者雇用奨励金を交付することとしておりますが、実際には少なくともここ何年間、交付する例がないということであります。 議長(沼田健一飯塚悦男議員

石巻市議会 2006-09-22 09月22日-一般質問-04号

木村耕産業部長 国の障害者雇用助成制度についてでございますが、主なもので申し上げますと障害のある方を雇用した事業主に対しまして、その賃金に相当する額の一部を助成する特定求職雇用開発助成制度がございまして、例えば中小企業で重度の身体障害者雇用した場合には支払った賃金の2分の1が最大で1年6カ月助成されるものでございます。

岩沼市議会 2004-06-15 平成16年第3回定例会(3日目) 本文 2004.06.15

その意味では、今度の議会で何人かの議員の皆さんからいろいろと御質問、御意見をいただいたわけでありますが、例えば、ひまわりホーム等において、障害の程度に応じていろいろと作業をしていただくといったような形で、一つは取り組んでいるわけでありますが、なお、障害を持った方々を雇用する企業に対しましては、国の特定求職雇用開発助成制度というのがありますので、それを運用して障害者就労の向上を図っているということであります

  • 1