56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2020-09-04 令和2年第3回定例会〔  防災・減災推進調査特別委員会報告書 〕 2020-09-04

○ 防災重点ため池については、大雨特別警報発令により避難勧告発令して  いるが、実際の水位は上がっていない場合もある。地域に不安を与え過ぎな  いよう、発令の在り方について検討が必要である。台風第19号の気象デー  タを今後に生かしてもらいたい。 ○ 避難情報を適切な時期に発令するために、気象情報等システム整備が求  められている。気象予報観測に国がきちんと予算をつけることが必要だ。

仙台市議会 2020-07-21 経済環境協議会 本文 2020-07-21

このシステムにより地震発生時や大雨特別警報発令時などに、ため池決壊危険度をリアルタイムで予測し、関係機関による迅速な情報共有が可能になります。  今後、テストの結果を受けまして国がシステムの改良を行い、本格運用のためのシステム整備が進められますことから、本市におきましても本市が構築します遠隔監視システムとあわせて当システムを活用しながら、防災重点ため池安全対策に万全を期してまいります。

仙台市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2日目) 本文 2019-12-11

台風第十九号の接近により、市内全域大雨特別警報発表され、被害拡大のおそれがありましたことから、災害救助法適用を十月十三日の未明に決定をいたしました。これによりまして、住宅の応急修理など災害救助法のメニューも活用しながら、被災された方々の生活再建に向けた支援を進めてまいったところでございます。  

東松島市議会 2019-12-10 12月10日-一般質問-03号

気象庁は、宮城福島東京など13都県大雨特別警報発表警戒レベル5に相当し、最大級警戒避難を求めました。県内では、丸森町を含め、土砂災害河川の増水による氾濫が相次ぎ、多くの人命と財産が奪われました。東日本大震災で身をもって体験している本市市民皆さんにも改めて自然災害の恐ろしさが頭をよぎったことと思います。

白石市議会 2019-12-06 令和元年第438回定例会(第1号) 本文 開催日:2019-12-06

午後11時10分には大雨特別警報発令され、最大で15カ所の避難所に713人が避難いたしました。  この大雨の影響で、市民1人が死亡、広い範囲で河川氾濫が相次いだほか、土砂災害浸水害が発生いたしました。  台風第19号による被害総額は23億円に上り、被害の内訳は、市管理道路河川、水路やため池など764件、農地は109件など、調査は継続中で、被害総額はさらにふえるとみられます。  

東松島市議会 2019-12-05 12月05日-議案説明、質疑、討論、採決-01号

13日の、真夜中なのですが、零時30分、大雨特別警報気象庁から発令され、命を守る最善の行動をとるよう防災行政無線等で周知しております。朝の午前5時には、吉田川氾濫危険水位を超過するまで増水したことにより、上下堤地区及び川下地区避難指示を出しております。鳴瀬川では、西福田地区堤防のり面が崩れていることを北上川下流河川事務所長から報告を受け、現地を確認しております。

仙台市議会 2019-10-16 平成30年度 決算・一般会計補正予算等審査特別委員会(第3日目) 本文 2019-10-16

その後も市内の複数の河川において水防警報発表され、23時10分には大雨特別警報発表されるに至っております。翌13日5時45分に特別警報が解除され、その後各種気象警報は16時18分までに段階的に解除されております。  2ページの(4)の雨量でございますが、総雨量が383.5ミリ、最大1時間雨量は63.5ミリという非常に激しい降雨があったところです。  

東松島市議会 2018-09-10 09月10日-02号

ただ、昨今やはりいろいろな災害が立て続けに本当に起きていまして、特別警報という言葉ができたのが2013年の8月からなのですが、大体数えてみますと、最近までで大体20回程度起きており、年平均で大体4回ぐらい起きているような雰囲気があります。そうなったときに、想定外という言葉皆さんよく使うのです。

仙台市議会 2018-07-20 総務財政協議会 本文 2018-07-20

本市では、大雨特別警報発表以降、被害状況等について情報収集に当たっておりましたが、7月7日土曜日から8日日曜日にかけまして、東日本大震災以降、本市と交流が続いております岡山県総社市と姉妹都市の愛媛県宇和島市からそれぞれ支援要請がありましたので、支援物資提供とあわせて先遣隊を派遣いたしますとともに、全庁に仙台市災害応援計画に基づく応援連絡体制指示いたしまして、その後、9日月曜日には応援本部を設置

東松島市議会 2017-12-13 12月13日-一般質問-04号

こちらにつきましては、初めての大雨特別警報を出されまして、それに伴いまして、市内全ての避難所を開設いたしました。ただし、小野地区、鳴瀬、吉田川の沿川の地区に対しましては、避難指示発令しております。その際の避難先ですけれども、例えば事前にどこどこということで指示しなければならないわけですけれども、その際、大塩の市民センターということで災対本部のほうでは住民皆さん指示をさせていただいております。

大崎市議会 2017-10-03 10月03日-04号

議員御指摘のとおり、これらの状況に対応するための新型受信機の使用につきましては、現在の情報処理時間が20秒から30秒かかるものが2秒以内に短縮されることや、情報処理能力の向上により特別警報についても改善の効果が見込まれております。新型受信機への移行により迅速かつ確実な情報伝達が可能となりますことから、本市におきましては、早期に導入したいと考えているところであります。 

東松島市議会 2017-09-12 09月12日-一般質問-03号

気象庁では、今までの大雨注意報大雨警報に、平成25年度からは特別警報発令を追加して注意を呼びかけており、宮城県では2年前の平成27年9月、関東東北豪雨大崎市の渋井川左岸3カ所が破堤した豪雨災害記憶に新しいわけであります。  この豪雨災害テレビ等で報道されたとき、ここは宮城なのかと疑った人も多かったと聞きました。