152件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大崎市議会 2019-12-19 12月19日-07号

この間、災害からの早期復旧に当たられた行政職員自衛隊消防消防団災害ボランティア社会福祉協議会皆様初め、各自治体や団体からの応援職員皆様各種団体から応急復旧に御協力いただきました皆様炊き出し慰問救援物資支援物資提供などで御協力いただいた皆様には、私からも心から感謝申し上げるものでございます。 

白石市議会 2019-12-17 令和元年第438回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-12-17

また、10月12日の台風接近以来、休日返上で被害瓦れき撤去ライフライン復旧炊き出し被害者のケアにおいて、市長を初めとする市の職員方々、そして消防消防団自衛隊警察土木建設関係方々自治会、そして市民ボランティアの多くの皆様方にご尽力をいただき、心より敬意と感謝の気持ちを申し上げたいと思います。  

大崎市議会 2019-06-25 06月25日-04号

要するに、大雨が降って、9・11のときは地域人たちがいろいろな意味で、応援したい、消防団方々炊き出しをしたい、けれども水が引かないと料理もつくれない、運べない。要するに、地域人たちも、いや、消防団方々に一生懸命やってもらっているのに御礼もできない、そういうことがありますので、整備をいち早くお願いしたいと思います。 

気仙沼市議会 2018-12-19 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日

本年11月、気仙沼中学校メーン会場に実施した市津波総合防災訓練では、市内アマチュア無線愛好家団体である気仙沼地区アマチュア無線クラブ赤十字奉仕団に参加いただき、気仙沼中学校市役所本庁舎へ団員を配置し、避難所設置炊き出し訓練などの状況について、訓練対策本部連絡室である危機管理課へ伝達する通信訓練を実施しており、今後も市内アマチュア無線愛好家団体と連携を図ってまいります。  

石巻市議会 2018-09-26 09月26日-一般質問-06号

整備の概要につきましては、まず面積でございますが、面積につきましては約1,400平米ということで、震災前よりも若干小さくはなってございますが、その分、施設の機能ということで、当然交流の広場ということでベンチとか、あずまや、水飲み場というふうなもの等、それに防災機能を兼ね備えたというところで、防災トイレとか、かまどベンチというふうなものを整備して、皆様の憩いの場と、あと非常時にはあそこを炊き出し等の場所

東松島市議会 2018-06-12 06月12日-03号

地域の一員として避難訓練に参加させてくださいということで、私たち地域では炊き出し訓練にも小学生、中学生が参加して、その後に行われる運動会の皆の分の昼食と、それから反省会サラダ等の準備にも、子供たちおにぎりづくりなどにかかわり、実際に炊き出し訓練に参加したような形にもなります。中学生一緒になってやります。

東松島市議会 2018-02-13 02月13日-一般質問-02号

ただ、東松島市の場合については婦人防火クラブという形で、一方では消防団をサポートするというような形で、女性の立場でいろんな、もちろん防火活動なんかも一緒にやってもらって、あと演習などでは逆に炊き出ししたりとか、いろんな応援をいただいているような婦人防火クラブもありますので、その辺のことも踏まえながら、これについては消防団の幹部と女性団員については今後とも協議していってからの話にしたいと。

気仙沼市議会 2017-12-20 平成29年第94回定例会(第5日) 本文 開催日:2017年12月20日

平成29年度気仙沼市津波総合防災訓練の成果と課題についてでありますが、11月4日に全市一斉で実施した訓練は、自治会振興会自主防災組織消防本部警察署など関係機関並びに市内小中学校など、合計約7,000人が参加し、炊き出し、避難所設営安否確認など、各団体で考えた訓練内容により行われました。  

角田市議会 2017-09-25 平成29年第390回定例会(第4号) 本文 2017-09-25

競技種目防災訓練の要素を採用して、お昼は弁当のかわりに炊き出し訓練をすると。3番、敬老の集いのときに高齢者世帯を訪問し、安全確認をして災害時の救助に役立てるなど、機会があるごとに地域ぐるみ防災意識を醸成する必要があるかと思いますが、今後の防災教育のあり方について、市長教育長の所見を伺います。

白石市議会 2017-09-21 平成29年第427回定例会(第5号) 本文 開催日:2017-09-21

そんな中にあって、地域体育祭昼食おにぎり炊き出し公民館行事の手伝いと積極的にかかわる組織もあります。そういった地域組織が自主的に活動することが、地域の発展や豊かな郷土づくり、住みやすい地域づくりへとつながると思います。  そこで以下の点をお尋ねいたします。  

角田市議会 2017-06-28 平成29年第388回定例会(第4号) 本文 2017-06-28

また、ライフラインが途絶した場合に、災害時に開設した避難所等炊き出し用燃料としてのLPガス供給及び資機材を調達することにより、避難者が温かい食事をとることが可能となる「災害時におけるLPガス等供給協力に関する協定」を仙南第一LPガス協議会及び一般社団法人宮城LPガス協会平成29年3月30日に締結し、災害対策の強化に努めているところであります。

東松島市議会 2017-02-13 02月13日-一般質問-02号

この協力と協調の関係は、東日本大震災の際にも発揮され、基地機能が麻痺し、基地隊員も被災した中で、炊き出し早期実施基地浴場がいち早く復旧して市民へ開放し、民生支援に多大なる貢献をしていただきました。さらに、ブルーインパルスのパイロットによる仮設住宅や学校への慰問活動なども行っていただきました。

石巻市議会 2016-12-13 12月13日-一般質問-03号

それで、通常避難所設置した場合、炊き出し等の食品を支給した場合に係る経費、それから被服、寝具等を支給した場合の経費や医師、救護が使用する医療品に対する経費、また避難所設置避難誘導などで職員が時間外勤務などをした場合の人件費事務費など災害時に多くの費用が発生しますが、この防災減災費用保険により費用が補償されるということでございます。