8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

石巻市議会 2020-12-18 12月18日-一般質問・委員長報告・討論・採決-07号

次に、本市の捕る漁業から育てる漁業への現状と実績についてでありますが、捕る漁業につきましては改正漁業が本年12月1日から施行され、資源管理を目的として漁獲量を規制する対象魚種が拡大されます。また、魚種の変化や漁獲量減少等、捕る漁業状況は年々厳しくなっており、今後育てる漁業重要性が増してくるものと考えております。

仙台市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 2019-06-14

この水道民営化は、さきの国会で可決された種子法の廃止や、漁業権の所有を民間資本への開放に道を開くことになった漁業改正も、そして今後国会で議論が始まろうとしている国有林管理民間に委ねようとする法案も、いわゆる新自由主義的竹中改革路線とも言われており、いずれも外国資本も含めた民間事業者への一次産業公共財産の売り渡しというものであり、認めるわけにはいかないということを申し上げておきます。  

石巻市議会 2018-12-19 12月19日-一般質問-05号

陸上養殖は、区画漁業権等漁業制約がないなど、場所の制約を受けず、飼育環境人為的管理が可能であり、また魚種制約を受けずにブランド化が可能であると考えられますことから、持続的な養殖生産を進める上で有効な手段の一つでありますが、施設整備イニシャルコスト電気使用料等ランニングコストが高額で、省エネ化などの低コスト対策流通コストの削減も課題となっておりますことから、高付加価値品種の選定も含め

石巻市議会 2018-12-17 12月17日-一般質問-03号

70年ぶりに漁業が12月8日に改正になりました。よしあしは別として、国内市場は縮小しております。海外に販路を求めなければならない水産業の展望が開けないような状況や、大手企業資本最新技術販売力を生かせば、養殖外貨獲得産業になり得、雇用創出など地元に貢献した企業漁業者からも漁場を譲り受け規模拡大を進めている現状であります。

仙台市議会 2011-06-21 平成23年第2回定例会(第4日目) 本文 2011-06-21

漁業水産業再生については、漁業に基づいて地元漁協沿岸部で優先的に付与されてきた漁業権民間企業に開放し、民間資金の導入によって漁業者事業再建近代化を推進する村井宮城県知事水産業復興特区構想だけに注目が集まっておりますが、被災した漁業者生活再建水産業再建のため、一日も早い再生の道筋が描けるように応援をしていきたいと考えますが、市としても今後必要な対策を講じなければならない場面も出てくるものと

仙台市議会 2001-01-19 総務財政委員会 本文 2001-01-19

3番目といたしまして、選挙管理委員会の職務でございますが、委員会法律、またはこれに基づく政令の定めるところにより、普通地方公共団体が処理する選挙に関する事務及びこれに関係のある事務を管理するということで、法律といたしましては公職選挙法農業委員会等に関する法律自治法上での最高裁判所の裁判官の国民審査検察審査会法土地改良法漁業など、これにかかわる選挙人の方々の名簿の調製または選挙事務ということでございます

  • 1