63件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-01 美里町議会 平成30年度12月会議(第2号) 本文 ◯7番(佐野善弘君) 10条の関係なんですけれども、徴収猶予で、これもホームページの内容を見ますと6項目あるんですけれども、その中で今回いろいろ問題になったのが農地、畑、山林、原野、湖沼その他に準ずる土地というような、これのことだと思うんですけれども、それと先ほど面積の広い土地というようなことで、900平米というふうなことをお聞きしたんですけれども、全員協議会の資料では700平米じゃないかと思うんですけれども もっと読む
2018-02-22 気仙沼市議会 平成30年第95回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年02月22日 水産資源の保護・管理と海や湖沼、河川の環境保全の大切さを広く国民に訴えるとともに、つくり育てる漁業の推進を通じて漁業の振興と発展を図ることが目的です。  都道府県の持ち回りで年1回開かれ、天皇皇后両陛下の御臨席が慣例となっています。  同大会の誘致については、気仙沼市震災復興市民委員会が復興のシンボルイベントとして提案しており、開催地誘致に向けての当局の考えを伺います。   もっと読む
2017-03-13 石巻市議会 平成29年 第1回 定例会-03月13日−一般質問−10号 全国豊かな海づくり大会は、魚食国である日本人の食卓に安全でおいしい水産食料を届けるために、水産資源の保護、管理と海や湖沼、河川の環境保全の大切さを広く国民に訴えるとともに、つくり育てる漁業の推進を通じて、あすの我が国漁業の振興と発展を図ることを目的として、天皇、皇后両陛下御臨席のもとに、昭和56年度に大分県で第1回大会が開催されて以来、臨海都道府県の持ち回りで毎年1回各地で開催されている全国的な行事 もっと読む
2017-03-07 仙台市議会 平成29年度 予算等審査特別委員会(第10日目) 本文 2017-03-07 206: ◯下水道調整課長  浄化槽処理水の放流先としましては、道路側溝、河川、農業用水路、あるいは湖沼などというところがございます。 207: ◯庄司俊充委員  今示していただきました、4カ所名前を出していただきましたけれども、その放流先で一番多いのは、農業用の排水路というか、河川に行く部分の水路になると思うのですけれども、それを山間部で管理するのは、地域の水利組合ということになっております。 もっと読む
2017-02-23 気仙沼市議会 平成29年第89回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年02月23日 2020年全国豊かな海づくり大会についてでありますが、全国豊かな海づくり大会は、魚食国である日本人の食卓に安全でおいしい水産食料を届けるために、水産資源の保護・管理と海や湖沼・河川の環境保全の大切さを広く国民に訴えるとともに、つくり育てる漁業の推進を通じて、あすの我が国漁業の振興と発展を図ることを目的として、昭和56年以降、天皇皇后両陛下御臨席のもとに都道府県ごとに毎年開催されています。   もっと読む
2015-12-18 大崎市議会 平成27年 第4回定例会(12月)-12月18日−05号 イワナ、ヤマメ、アユ、ウグイ、ウナギ、鯉など、約50種類を超える生物の多様な水産物は、食文化と密接にかかわる供給機能のほか、漁業者による水産動植物の増殖や河川、湖沼環境の保全管理を通じて、遊漁者の安全や市民の自然体験学習活動や健康ウオーキングといった癒し、親水性を提供するなど、多面的な役割を産業面から発揮いたしております。 もっと読む
2013-12-17 気仙沼市議会 平成25年第57回定例会(第4日) 本文 開催日:2013年12月17日 この大会は、魚食国である日本人の食卓に、安全でおいしい水産物を届けるために、水産資源の保護、管理と海や湖沼、河川の環境保全の大切さを広く国民に訴えるとともに、つくり育てる漁業の推進を通して、あすの我が国の漁業の振興と発展を図ることを目的とし、毎年開催されております。平成元年第9回広島県安浦町での開催からは、天皇皇后両殿下の御臨席のもとに開催されております。   もっと読む
2013-11-21 仙台市議会 都市整備建設委員会 本文 2013-11-21 次に、(2)臭いなどについてですが、ダム湖などの水の入れかわりが少ない湖沼では、植物プランクトンの影響により、カビのようなにおいや、生臭いにおいが発生することがございます。また、原水が、クリプトスポリジウムなど、消毒剤である塩素に耐える病原生物に汚染される場合もあり、よりきめ細やかな浄水処理が求められます。   もっと読む
2013-01-28 大崎市議会 平成25年  総合計画後期基本計画等審査特別委員会-01月28日−04号 その後の部分で、そういうこととは別にというか、そういうことも含めて広い意味で森林、農地、河川、湖沼といったものの環境保全に広く取り組んでいくと。 もっと読む
2012-09-28 大崎市議会 平成24年 第3回定例会(9月)-09月28日−05号 大崎市は、西部の水源涵養山林地区から、大小の河川、里山、湖沼、水田、畑、集落、市街地と、多様な水環境の中で水の恵みを享受し発展してきた地域であり、治水、利水、親水、環境などの総合的な水管理を図り、水環境の保全と創造に寄与する目的のために、仮称ではございますが、大崎市水基本条例を制定すべきと考えるものですが、いかがか伺います。  以上でございます。 ○議長(栗田彰君) 伊藤市長。       もっと読む
2011-12-13 仙台市議会 平成23年第4回定例会(第6日目) 本文 2011-12-13 ところで、河川水が長期間滞留するダムなどの人工湖沼では、さまざまな微生物や藻類などが発生し、水質を悪化させます。そこで、市民の給水量約四〇%を供給している釜房ダムでは、多段型散気方式曝気や、外気温や日射が強くなる夏場に稼働する夏季強循環、気体溶解式深層曝気などの対策をとっていると伺いましたが、対策後、微生物の繁殖や藻類などの増殖がどのように改善されたか伺います。   もっと読む
2010-12-16 石巻市議会 平成22年 第4回 定例会-12月16日−一般質問−05号 福島県の環境センターの調査の見解として、高濃度の有機物が含まれる微生物資材を川や湖沼に投入すれば汚濁源となるというようなことが環境センターというところの調査で発表されたということは承知をしております。これは、河川等の水質浄化のためにEM菌を投入したことの実証の結果かなということで今は注目しております。 ◆7番(山口荘一郎議員) 改めて生活環境部長にお伺いします。   もっと読む
2009-07-21 仙台市議会 公営企業委員会 本文 2009-07-21 (1)水源保全、釜房ダムは、昭和62年に人造湖として初めて湖沼法の指定を受けたことから、それに基づき宮城県では湖沼水質保全計画を策定し、ダム上流域の公共下水道整備等生活排水対策、工場・事業場対策や森林の適正管理等といった、ダム湖の水質改善に資するさまざまな施策を実施しております。これらに対し、水道局では宮城県とともに川崎町に財政援助を行っております。   もっと読む
2009-06-23 気仙沼市議会 平成21年第23回定例会(第4日) 本文 開催日:2009年06月23日 EM菌は、土壌改良や湖沼の水質改善等に活用されており、その効用については承知しております。  御提言につきましては、海域等における実践事例や効果等について情報収集に努めながら、検討してまいります。  教育関係につきましては、教育長から答弁いたします。 ◎議長(村上俊一君) 教育委員会教育長白幡勝美君。 ◎教育長(白幡勝美君) 小野寺武夫議員さんの御質問にお答えいたします。   もっと読む
2008-11-21 仙台市議会 経済環境委員会 本文 2008-11-21 水質については、河川や湖沼、海域について定期的に採水を行うという形で水質の監視を行っております。この図で青で示したところは主な水質の調査地点となっておりますが、実際には平成19年度でいいますと、広瀬、名取水系で29地点、それから七北田水系では27地点、それから海域26地点で毎月採水を行って水質調査をしております。   もっと読む
2007-10-19 仙台市議会 経済環境委員会 本文 2007-10-19 平成18年度の測定結果では、河川においてはすべての評価地点で環境基準を達成していましたが、湖沼及び海域については一部の地点で環境基準を超過していました。  また、表に示した以外にも、カドミウムやシアンなど人の健康に有害な物質についても調査を行っておりますが、これらの項目については調査したすべての測定地点で環境基準を達成していました。   もっと読む
2007-06-22 石巻市議会 平成19年 第2回 定例会-06月22日−一般質問−05号 ブラックバスにつきましては、河川や湖沼における在来型の生態系を破壊することから、各地で駆除が行われており、本市区域におきましても河南の北村地区において地域住民の方によるため池のブラックバスの駆除が行われております。また、河北の富士沼では地域の漁協が再放流しないため、生けすを設置するなどの活動を行っておりますので、御理解を賜りたいと存じます。 もっと読む
2006-09-26 仙台市議会 平成17年度 決算等審査特別委員会(第6日目) 本文 2006-09-26 そういうふうなことから、仙台市は最初はごみの処理に当たっては無料のもとに、どんどんふえるごみを各湖沼等に埋め、貴重な沼も埋められたことを我々はしっかりと見ております。しかしながら、その沼ももう埋め尽くされて、そして結局は焼却処分しなければならないということで焼却工場が建って、今、現実にそうやっておるわけですけれども、どうでしょうか。 もっと読む
2006-07-18 仙台市議会 環境・緑化推進調査特別委員会 本文 2006-07-18 大拠点とは、ワシやフクロウなどの生態系における高次消費者が生息できる大規模な自然でございまして、具体的には数十ヘクタール以上の森林や自然湖沼、湿原などがこれに当たります。小拠点とは、孤立した中・小規模の自然空間で、公園や庭、ため池等がこれに当たります。コリドーとは、小・中・大規模なビオトープのつなぎに位置し、ビオトープ間の生物の移動を可能にするものでございます。 もっと読む
2005-12-14 東松島市議会 平成17年 12月定例会(第3回)-12月14日−一般質問−04号 日本の従来の湖沼、河川の魚類生態系を根本から変えるおそれがある。これ丸ありますけれども、点でございます。淡水のみに生息する外来種のブラックバスが釣り愛好家により、その引きの強さが珍重され放流されて、その数は年々ふえておるというのは認識に余りあると思います。このような状況の中で、本市においても多数の農業用水としてのため池あるいは沼、河川等の広範囲にわたる生息の可能性があるものと思われます。 もっと読む