104件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2020-03-04 令和2年度 予算等審査特別委員会(第8日目) 本文 2020-03-04

また、施工時の安全確保のため、10月以降の渇水期施工としており、工事期間が限られることから、工事業者の確保が課題と考えております。 25: ◯西澤啓文委員  今受注業者の方がなかなかというお話がありましたけれども、何かお聞きするところによると、不調になっているケースも結構あって、それもおくれの一因になっていると伺っております。

角田市議会 2019-12-18 令和元年第400回定例会(第4号) 本文 2019-12-18

ただ、こういった河川関係につきましては、河川渇水時期と洪水時期というものがありまして、洪水時期に施工するというのがなかなか難しいこともありますので、5月ごろに発注になったとしても、最大延びまして年度内いっぱい、令和3年3月までの工期で施工予定ということで予定を県から伺っております。

仙台市議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第5日目) 本文 2019-12-16

清浄、豊富、低廉な水を地域住民に供給する水道事業では、渇水水質汚染災害時の応急対応や復旧を初め、水量、水質にかかわる技術的、財政的なリスクに応じた対策も避けることはできません。そのため、収益性という点から見ればもとより有利な事業ではないと考えますが、水道事業管理者として引き受ける企業があるとお考えでしょうか、伺います。  

栗原市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月11日

涵養林には、雨水を土壌中に貯留し、地下水渇水を和らげ、安定した地下水の状態を確保するとともに、水質を浄化させる機能があると言われており、これにより浅井戸は半世紀以上にわたり、その機能を保持してきたものであります。このことから、水源の重要性と安定的な水量確保の観点も考え合わせますと、この杉林の役割を失いかねない伐採はするべきではないと判断をしております。  

栗原市議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月19日

4番(佐藤千昭議員) 土砂撤去、ダム再開発は堰堤長を幾らか60センチでしたかね、ちょっと堤長を高くしたということと、それから、取水口、下のほうに穴をあけて、渇水のときにはそこから水を流すということで対応しました。しかしながら、現況の土砂のたまりぐあいは異常であります。あるいは渇水状況も異常であります。

栗原市議会 2017-09-22 平成29年第5回定例会(第4号) 本文 開催日:2017年09月22日

今市長が申し上げたとおり、ラムサール関連でいろいろな制約、条件等々出されておりますが、一番最大のネックというのはやはり荒川の河口、伊豆沼に注ぐ河口部ということで、接続箇所がどこが適正なのかというところから協議させていただいて、あとは施工的な条件としてやはり冬季間、渇水期の施工条件とそれから施工地、早朝から夕方の短時間でやらなければならないという、そういった制約が出てくるのかなということでございます。

気仙沼市議会 2017-06-15 平成29年第91回定例会(第2日) 本文 開催日:2017年06月15日

補正の内容につきましては、地下水調査業務に係るものでありますが、本年2月18日から4月18日まで、唐桑地域において渇水対策を実施いたしましたが、対策を進める中で唐桑町釜石下地内に平成8年に旧唐桑町試験的に掘削した井戸があるとの情報が寄せられました。この井戸の水が今後の渇水時に原水を補填する水として利用可能であるかどうか調査を行うものであります。  以上が水道事業会計補正予算であります。

美里町議会 2017-03-01 平成29年度3月会議(第2号) 本文

地域の水田農業は、「やませ」による冷害や洪水渇水などの厳しい自然条件を巧みな水管理によって克服するとともに、農文化や、水田や水路、屋敷林「居久根」がおりなす生物多様性に富んだすぐれた農村景観を継承しており、未来に残すべき「生きた遺産」として、その重要性が認められたものです。  農業者のみならず、全ての地域住民にとって大変名誉な出来事になりましたので、お伺いします。  

栗原市議会 2016-06-22 平成28年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2016年06月22日

次に、ため池等農業用水の渇水や夏の干ばつによる消防水利の不足についてでありますが、渇水干ばつ時期、また無水利地域に対応するため、平成27年度に5トンの水槽車と1.5トンの水槽付ポンプ自動車を配備しております。この水槽車と水槽付ポンプ自動車は、積載水に少量の薬剤を加えることで消化泡を生成できる圧縮空気泡消火装置、いわゆるCAFSを搭載しており、長時間の消火活動に対応可能なものであります。

仙台市議会 2016-06-21 平成28年第2回定例会(第5日目) 本文 2016-06-21

谷地堀改修工事につきましては、昨年度、橋梁下部工事を行っており、今年度は旧笊川と交差する右岸の護岸工事を、渇水期である秋口から進める予定としてございます。  今後、地域安全・安心の確保に向け、国等の関係機関と連携して浸水被害の軽減を図るとともに、必要な工事予算の確保に努め、着実に整備を進めてまいりたいと考えております。  以上でございます。

角田市議会 2015-12-03 平成27年第380回定例会(第1号) 本文 2015-12-03

なお、横倉字左関地内の笠島川護岸の災害復旧工事の減額は、仮設工の変更によるものでありますが、これは当初、H鋼による仮設構台で予定しておりましたが、施工時期が渇水期となることから、仮設盛土工事による対応に見直したことにより、約4,500万円の減となったものであります。また今回の補強土壁工施工に伴い必要となった法面部の用地約260平米につきましては、地権者からの寄附で対応をいたしております。  

角田市議会 2015-10-23 平成27年第379回臨時会(第1号) 本文 2015-10-23

ただ、議員がおっしゃった普通の1級河川等にありましては渇水時期に施工と、阿武隈川ですと5月いっぱいという縛りがあります。この川は確かに普通河川ではありますが、4月末になりますと揚水時期を迎えまして尾袋川の水位が上がるとかそういった問題もありますので、それまでには工事を終わらせていかなければならないと考えております。

栗原市議会 2015-10-01 平成27年決算特別委員会 本文 開催日:2015年10月01日

石川正運委員 今後は新しい事業体の中でという答弁でありますが、まず企業会計ですから言われるとおり採算性が一番大事な部分は理解しながらも、いわゆる一つお聞きしたいのは、未給水地域の中で井戸水が渇水したり、あるいは飲料水として適さないといいますか、そのための水道水、上水道を引いてほしいという要望等があるのかどうか。