51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白石市議会 2018-06-19 平成30年第431回定例会(第3号) 本文 開催日:2018-06-19

そして、今、深谷地区のほうでも大規模な、本当に大きい太陽光発電設備が今、造成中でございますが、やはりその辺を幾ら県とはいえ、市のほうでも実際大鷹沢地区内においたときには、建設課のほうでいろいろ対応はしていただきましたので、そういったことも考えられますから、ぜひ県との協議といいますか、その事業所さん、実際白石市においても小さい部類にはなりますが、企画情報課のほうで、白石太陽光発電設備設置事業指導要綱

白石市議会 2017-12-20 平成29年第429回定例会(第5号) 本文 開催日:2017-12-20

東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により、市内6カ所の仮置場指定廃棄物として保管しておりました焼却灰のうち、国から指定の取り消しを受けた大鷹沢地区及び八宮・深谷地区については、保管していた焼却灰及び保管箱を処分し、仮置場撤去工事平成29年10月13日で完了したところであります。  

東松島市議会 2017-09-11 09月11日-一般質問-02号

平成32年には、赤井北地区深谷地区これは約400ヘクタールあります。この圃場整備採択要望中と聞きますし、石巻産業用地への通勤道路となり、今後の北赤井地区土地利用の新たな計画も考えられます。  また、赤井堀にかかる高田橋、これは須江の中央公園から、下区から入る赤井堀にかかっている橋でございます。

東松島市議会 2017-06-14 06月14日-代表質問、一般質問-02号

今後西小松地区赤井上地区を含む深谷地区等において、圃場整備事業を推進してまいります。  漁業分野においては、私は県議時代、会派の水産漁港議連の会長をしており、県の水産政策に対しさまざまな形で関係してまいりましたので、今後も宮城県の水産政策については県との関係機関、そういうものの情報を有効に共有しながら、さまざまな制度を活用しながら新たな漁業の振興、担い手の確保に努めてまいりたいと思います。  

白石市議会 2016-12-13 平成28年第423回定例会(第3号) 本文 開催日:2016-12-13

管野議員もご承知のとおり、本市地域おこし、地域活性化関連の動きといたしましては、今年度市のまちづくり交付金を活用しまして、斎川地区まちづくり協議会による地域活性化プロジェクトとして、地域の魅力を再認識するためのワークショップが開催され、さらに交流イベントとしてころ柿づくり体験会が盛大に開催されたのを初め、小原地区深谷地区におきましても、一般財団法人地域活性化センター助成金を活用しまして、まちづくり

白石市議会 2016-02-23 平成28年予算審査特別委員会(第2号) 本文 開催日:2016-02-23

それは住民票とかを発行して市民課仕事もしていました越河斎川大鷹沢、白川、小原地区でありまして、そのほか大平福岡深谷につきましては非常勤の館長と常勤の市職員1名の2人体制であったということで、指定管理者になった時点におきましては住民票発行等はなくなりまして、主に公民館仕事のみということで、大平福岡深谷地区と同じような公民館仕事の内容になったということで、指定管理になったときに非常勤

白石市議会 2015-09-03 平成27年第417回定例会(第1号) 本文 開催日:2015-09-03

さらに、放射能汚染対策では、これまでの「子ども空間」の除染に続き、除染実施対象区域内の民有地除染を実施し、空間放射線量低減化に努めるとともに、放射性物質に汚染されたまきの焼却灰収集保管について、地域の皆様の理解が得られた大鷹沢地区及び福岡八宮・深谷地区に仮置き場を設置し、焼却灰収集保管を開始し、市民の安全・安心に努めております。  

白石市議会 2015-06-25 平成27年第415回定例会(第5号) 本文 開催日:2015-06-25

その際、深谷地区においては、ダンボール簡易ベッドの組み立ての訓練が行われ、様子が河北新報で報じられました。これは災害時、要請があれば避難所に3日以内に当ベッドを搬入するとの協定を本市と締結した山形市の東北カートン様の協力で実現したものですが、参加者からは有意義な訓練だったと聞いております。

白石市議会 2015-03-03 平成27年第414回定例会(第4号) 本文 開催日:2015-03-03

最初深谷地区、白石インター工業団地ですけれども、これはオーダーメードの方式をとるというふうに表明されておりまして、途中でにわか方針転換といったら申しわけないですけれども、10ヘクタールの工場用地を確保して開発公社を使いながら、ご利用いただきながらああいう大きな団地をつくられたということですね。