188件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

気仙沼市議会 2019-09-06 令和元年第104回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年09月06日

また、今夏には小泉海水浴、小田の浜海水浴震災遺構・伝承館などの公共施設とともに、海の市や「迎(ムカエル)」、魚市場前の「みしおね横丁」、大島の「野杜海(のどか)」などの民間商業施設に多くの市民観光客が訪れており、今後、さらなるまちのにぎわいと交流人口の拡大が期待されるところであります。  

気仙沼市議会 2019-06-25 令和元年第102回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月25日

伊勢浜の海水浴がやっていまして、油の流出が出まして、海水浴も中止になったという、当時の海上保安署の次長さんにはいっぱいお世話になりました。  ということで、やっぱり南の入り口はどうしても岩井崎沖で侵入事故が発生しております。さっき市長がおっしゃいましたとおり、昨年10月、11月、サンマ船、巻き網船の事故があったということでございます。浮標灯1基、大体52万円くらいするんですよ。

気仙沼市議会 2019-06-14 令和元年第102回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年06月14日

5項その他公共施設・公用施設災害復旧費、消防屯所災害復旧事業1億746万7,000円、消火栓復旧事業6,484万3,000円、浦の浜公衆トイレ災害復旧工事2,557万6,000円、本吉農林水産物処理加工センター災害復旧事業333万8,000円、道の駅大谷海岸災害復旧事業3,983万1,000円、海水浴公衆トイレ・シャワー更衣室等災害復旧設計業務889万9,000円。  

気仙沼市議会 2019-06-14 令和元年第102回定例会 目次 開催日:2019年06月14日

たな市道整備計画について……………………………………………………… 130    3.教育施策の課題について…………………………………………………………… 135   臼 井 真 人 君    1.中小企業・小規模事業者の事業承継対策について……………………………… 141    2.まちづくりの諸課題について……………………………………………………… 141   及 川 善 賢 君    1.小泉海水浴

気仙沼市議会 2018-12-18 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日

余りこう言うと、どこまで聞いているんだという話になるのであれですけれども、大谷海水浴のところを兼用堤にすることが、住民の皆さんの強い思いもあって、また市議会議員の皆さん方にも何回もそこに行っていただいて、大臣等にお願いしてもらって、なりました。そのことがあって今回、蔵内も全てではないけれども、国道45号の一部を結果としては上げる形で何とか解決ができました。

気仙沼市議会 2018-09-27 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日

田中浜及び小田の浜の駐車場については、小田の浜海水浴の背後地に約70台の小田の浜駐車場を本年度内完成を目標に進めております。  田中浜については、環境省平成24年に「体験四阿」を、平成29年には公衆トイレを整備しており、「体験四阿」を活用した教育旅行などの需要も多く、駐車場の必要性は認識しております。  

気仙沼市議会 2018-09-14 平成30年第98回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年09月14日

1、協定内容は、御伊勢海水浴の再開に向けて、気仙沼市が管理する杉ノ下漁港海岸保全区域の砂浜養浜工事を施工するに当たり、効率的かつ効果的な事業推進を図るため、宮城県が管理する杉ノ下海岸保全区域の砂浜養浜工事と一括して県が実施する基本協定締結するものであります。  

仙台市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 2018-09-11

仙台は、四里四方、いわゆる十六キロメートルの範囲に、商店街、工場や倉庫、山林、温泉地、スキー場、農村、そして現在は休んでいるものの海水浴もあります。首都圏に住んでいる友人に、仕事帰りにスキーをして、温泉で一風呂浴びてその日のうちに帰ることができるのが仙台と話をしたら、とてもうらやましがられました。

気仙沼市議会 2018-09-07 平成30年第98回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年09月07日

議案第11号の御伊勢海岸砂浜養浜工事合併工事に関する基本協定締結については、御伊勢海水浴の再開に向け、県及び市がそれぞれ施工する砂浜養浜工事について、県が一括して実施することから合併工事に関する協定締結するもので、宮城県を相手方とし、協定金額を2億1,733万2,000円とする仮協定を先月20日に締結しております。  

気仙沼市議会 2018-06-22 平成30年第97回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年06月22日

このほか、三陸沿岸道路(仮称)本吉パーキングエリア内に設置されるトイレの管理用通路等を整備する(仮称)本吉パーキングエリア管理用通路等整備事業として487万3,000円、朝日町地区造船・燃油施設に接岸する船舶の航行の安全を確保するため、海底の砂れき等を除去して水深を確保するとともに、深浅測量調査を行い、海図を作成する航行安全のための水深確保等事業として3,300万円、御伊勢海水浴の砂浜を再生し再開

気仙沼市議会 2018-06-20 平成30年第97回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年06月20日

架橋建設決定から現在までの施策実績については、県が架橋整備を発表したのが平成13年であり、平成23年の東日本大震災の発生で状況が大きく変わっておりますので、震災後の状況で申し上げますと、市道や漁港消防屯所、集会施設などの災害復旧を行っているほか、亀山に通じる県道の一部拡幅工事、小田の浜海水浴関連施設や(仮称)大島ウェルカム・ターミナル駐車場の整備など、各種事業を進めているところであります。  

気仙沼市議会 2018-06-08 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日

復興完遂に向けたこの4年間は、本年の宮城オルレ開設、平成31年の震災遺構の公開や気仙沼大島大橋の供用開始、内湾地区の商業施設の開業、(仮称)大島ウェルカム・ターミナルの完成、平成33年には気仙沼湾横断橋の完成、道の駅大谷海岸のリニューアルオープン、さらには小泉、御伊勢浜、大谷の各海水浴の段階的な復活と、本市の観光振興にとって重要な大型事業の完成が続くほか、モンスターゴールド里帰り展などの開催も予定

気仙沼市議会 2018-02-09 平成30年第95回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年02月09日

また、被災した観光物産センター(エースポート)及び勤労青少年ホームを合築再建する「(仮称)南町海岸公共公益施設」について、本年11月完成に向け整備を進めるとともに、浮見海道、道の駅大谷海岸」等の観光関連施設の復旧、整備及び海水浴再開のための水中瓦れきの撤去のほか、駐車場、交流広場など関連施設の整備を進めてまいります。  

気仙沼市議会 2017-09-25 平成29年第92回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年09月25日

◎市長(菅原 茂君) さっきの、野々下から大谷海岸海水浴につながるところのかさ上げの問題ですけれども、結局、今、私たちが災害危険区域との関係で、大きく作業がおくれているとか、できていないところが、野々下のところですね。災害危険区域からどうやったら外れるのかということなわけです。  

気仙沼市議会 2017-09-08 平成29年第92回定例会(第1日) 本文 開催日:2017年09月08日

プロムナードセンター災害復旧事業として1億1,645万2,000円、新たな素材技術、製造・販売方法で新規に取り組むため起業する事業者を支援する創造的産業復興支援事業費補助金として1,000万円、市営幸町住宅の整備に伴い、入居者及び近隣住民等が安全かつ迅速に背後にある南が丘の高台避難場所へ避難するための施設を整備するため、調査測量設計を行う避難誘導施設整備事業として2,072万1,000円、大谷海水浴

石巻市議会 2017-09-07 09月07日-議案説明-01号

次に、商工費では、企業誘致に係る用地取得費のほか、北上地区の白浜海水浴施設整備に要する経費を措置しております。 次に、土木費では、内水排除用仮設ポンプの増設に要する経費などを措置しております。 次に、消防費では、旧北上川河口部の改修に伴う水防倉庫の解体などに要する経費を措置しております。