610件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2020-06-29 令和2年第404回定例会(第4号) 本文 2020-06-29

特に大雨災害は、近年、頻発、多発しておりますので、昨年経験した洪水対策は喫緊の課題と考えております。次に、人口減少少子高齢化の流れはなかなか止まりませんから、そのことによる社会仕組み労働力不足に伴う産業経済仕組みを変えていくことだと思います。社会仕組みでは、大きい物を縮小し、コンパクトなものに変えていく。産業については、労働力が不足していますから、IT化ロボット化が進んでいます。

角田市議会 2020-04-27 令和2年第402回臨時会(第1号) 本文 2020-04-27

これは何かといいますと、洪水浸水想定区域というものがあります。角田市の場合ですと、阿武隈川水系小田川、県で区域をつくっていまして、小田川に関して、角田市内、ここが洪水浸水想定区域となっていまして、そういう区域内に、さらに家屋浸水しないために輪中堤自然堤みたいな堤防、こういうものを設けて浸水を防ぐというような取組をしているのが今申し上げた岐阜県の輪之内町というところです。

仙台市議会 2020-03-17 防災・減災推進調査特別委員会 本文 2020-03-17

墨田区でも、東京都のほうで内水のほうの対策をしていたおかげで、そちらの心配よりかは洪水氾濫のほうの心配をしていたということがすごく印象に残っておりまして、あと避難所に関しても学校ということで、先生方というのは入っていなくて、地域人たちでしているということで、地域によってさまざまな問題意識対策が違うと思わせていただきました。  

仙台市議会 2020-03-17 防災・減災推進調査特別委員会 本文 2020-03-17

墨田区でも、東京都のほうで内水のほうの対策をしていたおかげで、そちらの心配よりかは洪水氾濫のほうの心配をしていたということがすごく印象に残っておりまして、あと避難所に関しても学校ということで、先生方というのは入っていなくて、地域人たちでしているということで、地域によってさまざまな問題意識対策が違うと思わせていただきました。  

仙台市議会 2020-03-17 防災・減災推進調査特別委員会 本文 2020-03-17

墨田区でも、東京都のほうで内水のほうの対策をしていたおかげで、そちらの心配よりかは洪水氾濫のほうの心配をしていたということがすごく印象に残っておりまして、あと避難所に関しても学校ということで、先生方というのは入っていなくて、地域人たちでしているということで、地域によってさまざまな問題意識対策が違うと思わせていただきました。  

仙台市議会 2020-03-17 防災・減災推進調査特別委員会 本文 2020-03-17

墨田区でも、東京都のほうで内水のほうの対策をしていたおかげで、そちらの心配よりかは洪水氾濫のほうの心配をしていたということがすごく印象に残っておりまして、あと避難所に関しても学校ということで、先生方というのは入っていなくて、地域人たちでしているということで、地域によってさまざまな問題意識対策が違うと思わせていただきました。  

角田市議会 2020-03-13 令和2年第401回定例会(第5号) 本文 2020-03-13

あそこが、今回、大きく水が上がったのは、ちょうど現場近くにいた人がいらっしゃったものですから、聞いたら、つまり、あそこに踏み切りがありますけれども、そこから西側ですかね、あそこの田んぼの水が、今回の洪水でそれが流れてきて、フェンスが倒れているんです。「何で倒れたんですか」と言ったら、稲わらのそれがあそこに流されてきて、それで今も倒れていますけれども、そういう状況でありました。

仙台市議会 2020-03-09 令和2年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2020-03-09

248: ◯危機管理監  河川氾濫による洪水浸水想定区域とその浸水深につきましては、円滑かつ迅速な避難に資するために、現在、先ほど委員からもお話がありましたけれども、水防法という法律がございまして、それに基づきまして、現在は千年に一度の豪雨想定して河川管理者が作成しているということで、これは避難円滑化迅速化といったことに資するための想定でございます。  

仙台市議会 2020-03-09 令和2年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2020-03-09

248: ◯危機管理監  河川氾濫による洪水浸水想定区域とその浸水深につきましては、円滑かつ迅速な避難に資するために、現在、先ほど委員からもお話がありましたけれども、水防法という法律がございまして、それに基づきまして、現在は千年に一度の豪雨想定して河川管理者が作成しているということで、これは避難円滑化迅速化といったことに資するための想定でございます。  

仙台市議会 2020-03-09 令和2年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2020-03-09

248: ◯危機管理監  河川氾濫による洪水浸水想定区域とその浸水深につきましては、円滑かつ迅速な避難に資するために、現在、先ほど委員からもお話がありましたけれども、水防法という法律がございまして、それに基づきまして、現在は千年に一度の豪雨想定して河川管理者が作成しているということで、これは避難円滑化迅速化といったことに資するための想定でございます。  

仙台市議会 2020-03-09 令和2年度 予算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2020-03-09

248: ◯危機管理監  河川氾濫による洪水浸水想定区域とその浸水深につきましては、円滑かつ迅速な避難に資するために、現在、先ほど委員からもお話がありましたけれども、水防法という法律がございまして、それに基づきまして、現在は千年に一度の豪雨想定して河川管理者が作成しているということで、これは避難円滑化迅速化といったことに資するための想定でございます。  

白石市議会 2020-03-04 令和2年第439回定例会(第3号) 本文 開催日:2020-03-04

今回、災害発生して以降、もちろん市だけではなくて国とか県とかからも見ていただいているんですけれども、やはり今の議員のご質問のように、中からなのか、外なのかというのは正直まだ想定の範囲でしかございませんで、じゃどちらからどういう形で決壊したのかというところまでは、申しわけありません、今詳細調査中ということで、一気に余水吐き、洪水吐きの能力を超えて破堤したのではないかというところまでになってございます

仙台市議会 2020-03-04 令和2年度 予算等審査特別委員会(第8日目) 本文 2020-03-04

内水氾濫洪水、土砂災害、津波などとありまして、名前も仙台防災タウンページや、せんだいくらしマップなどがあります。ここで資料を提示して、アクセスの方法なんですけれども、こちらの仙台市のホームページのトップページになります。ハザードマップせんだいくらしマップのほうに行きたいと思うのですけれども、それに行くためには、まずこの赤いところをぽちっとしなければならないですね。

栗原市議会 2020-02-25 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2020年02月25日

また、その内容については、災害時など非常時の対処について、発電設備に異常を来たすような落雷、洪水、暴風豪雪等発生が予想される場合、事前の点検、対策等を行うこと、発電設備の異常または破損等により地域への被害発生する恐れがある場合、または発生した場合は県、市町村及び地域住民へ速やかにその旨を連絡することなどが規定されております。