7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

仙台市議会 2018-02-23 平成30年第1回定例会(第6日目) 本文 2018-02-23

具体の事例を幾つか紹介しますと、例えば、大手のパン製造会社が横浜市山手西洋館をイメージしたパン洋菓子を開発して、スーパーやコンビニなどで期間限定販売したといったものや、また、みなとみらい21地区で、ポケットモンスターピカチュウ来訪者とともにダンスを楽しむ野外型イベント、「ピカチュウ大量発生チュウ!」を民間企業とのコラボにより開催し、まちのにぎわいづくりに貢献したというものがあります。  

栗原市議会 2017-12-13 平成29年第6回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年12月13日

今年度は、米粉を使った洋菓子製造販売栗原で栽培したそばを使った農家レストラン栗原産の米や野菜をつかった高齢者向け宅配弁当事業などが新たに6次産業化に取り組まれております。  市といたしましては、今後も意欲的に6次産業化に取り組む農業者等に対し、積極的に支援をしてまいります。  

栗原市議会 2010-02-23 平成22年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2010年02月23日

昨年2月には市内農商工連携による取り組みとして洋菓子製造販売事業者農業生産法人連携し、開発した栗原特産ずんだは製品開発及び販路拡大事業として宮城県で初めて農商工等連携促進法による新商品開発として国の認定を受けております。また、一迫商業高校が取り組んでおります栗原版デュアルシステムでは、栗原の食材を使用した弁当地元企業と生徒が共同で開発し、商品化に取り組んでおります。

栗原市議会 2009-02-26 平成21年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2009年02月26日

また、中小企業者農林漁業者とが連携して行う事業支援を目的とした中小企業者農林漁業者との連携による事業活動促進に関する法律が施行され、2月17日には市内洋菓子製造販売事業者農業事業会社連携して行う栗原特選ずんだの製品開発及び販路拡大事業計画宮城県で初めて国の認定を受けたところであります。

栗原市議会 2009-02-24 平成21年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2009年02月24日

この法律により、事業計画が国に認定されますと税制や金融面を初めとした総合的な支援措置が受けられるものであり、栗原市では洋菓子生業販売事業者農業生産法人連携した「栗原特選ずんだ」の製品開発及び販路拡大事業計画が2月17日に宮城県で初めて認定を受けたところであります。  

栗原市議会 2008-09-26 平成20年第8回定例会(第4号) 本文 開催日:2008年09月26日

次に、栗原米を使用した安全で安心な米粉料理学校給食へ供給し、地産地消に努めるべきについてでありますが、今、米粉輸入小麦価格高騰によりパンめん洋菓子等に使用する小麦粉にかわる原料として注目されております。特にパンめんへの活用は食料自給率の向上や地産地消の観点から全国各地において取り組まれており、米消費拡大の新たな方策としても期待されております。

  • 1