21件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

栗原市議会 2020-02-27 令和2年総務常任委員会 本文 開催日:2020年02月27日

丸安建設株式会社訴えを起こしたくりはら交流プラザ建築改修工事請負代金請求事件に係る弁護士契約を鹿野・森田法律事務所と令和2年1月10日に契約を交わし、債務が発生いたしますことから、期間を令和元年度から訴訟が結審する年度までとし、委任契約締結したため、地方自治法第214条の規定により、債務負担行為を設定したものでございます。

栗原市議会 2020-02-12 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年02月12日

これを受け、市では市の正当性の主張とともに、原告訴え棄却するため、市の顧問弁護士である森田純也弁護士代表を務める鹿野・森田法律事務所へ、令和2年1月10日に弁護士委任いたしました。また、この訴状に係る第1回口頭弁論が1月30日に仙台地方裁判所308号法廷で行われ、森田弁護士からは、まずは市の正当性を主張していただいたところであります。

大崎市議会 2019-02-15 02月15日-01号

総務部納税課長(平地久悦君) 今回私どもで訴訟委任させていただきましたのは、仙台の松坂法律事務所に所属する4名の弁護士さん方に訴訟委任をしたところでございます。 ○議長(佐藤和好君) 小沢議員。 ◆27番(小沢和悦君) 4名の弁護士さんですか。それで契約内容について、この債務負担行為のほうに訴訟業務委託契約に基づくというふうになっていますが、契約内容についてお聞かせいただきたいと思います。

東松島市議会 2015-09-24 09月24日-議案説明、質疑、討論、採決-06号

局長としてはそこまではわかったと、私としてはわかったと、ただ今後については東松島市さんのほうでお決めになることでしょうからということでお帰りになったわけでありますけれども、その後その日の時系列のとおり、22時35分にファクスが入りまして、東松島市のアルファー建設の件で質問書ということで、東京共同法律事務所のほうからございました。

大河原町議会 2013-03-08 2013年3月8日 平成25年第1回定例会(第3号) 本文

それでですね、弁護士法人青葉法律事務所から、1月9日、告示日ですね、この日に警告を受けたんですけれども、これどういうふうに思うんでしょうかね。これちょっと長いんで、文章ちょっと読んでみますか。前略。私ども、(仮称)道の駅おおがわら整備事業の撤回を求める町民の会代表幹事目黒 弘及び永窪 威から委任を受けた弁護士です。

栗原市議会 2011-06-16 平成23年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2011年06月16日

次に、築館法律事務所の開設についてでありますが、かねてより仙台弁護士会に要望しておりました栗原市では2人目の弁護士事務所となります築館法律事務所が5月12日、栗原市築館伊豆1丁目の築館総合支所の向かいに開設されました。担当弁護士仙台市出身で、仙台弁護士会所属の庄司智弥弁護士であります。

栗原市議会 2010-06-22 平成22年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2010年06月22日

特に今年度は改正貸金業法の完全施行の年となりますことから、新たな対策として6月6日ハローワーク築館などの共催により、栗原市ワンストップサービスデー相談会を開催し、栗原ひまわり基金法律事務所及び市内の司法書士事務所と連携を図りながら、多重債務相談をあわせて実施いたしております。  

栗原市議会 2008-09-16 平成20年第8回定例会(第1号) 本文 開催日:2008年09月16日

次に、栗原ひまわり基金法律事務所の開設についてであります。  栗原市には弁護士がおりませんでしたが、日本弁護士連合会東北弁護士会連合会、仙台弁護士会のなみなみならぬお力添えにより、8月25日から栗原ひまわり基金法律事務所を開設していただきました。担当弁護士は久保田恭章弁護士で、3年の任期で開設いただくものであります。

栗原市議会 2007-06-26 平成19年文教民生常任委員会 本文 開催日:2007年06月26日

この訴訟事件につきましては、市の顧問弁護士であります仙台市の鹿野法律事務所訴状内容を相談した結果、内容に一部認められない部分があり、その部分の請求棄却を求めて争うものであります。  なお、この訴訟事件は、市の顧問弁護士であります鹿野法律事務所と受任範囲を定めた委任契約を結び、さらに鹿野哲義弁護士小川昌幸弁護士、森田純也弁護士の3名に訴訟委任をして進めております。  

栗原市議会 2006-10-04 平成18年決算特別委員会第4分科会 本文 開催日:2006年10月04日

弁護士さんは仙台市に在住の伊藤法律事務所契約を交わしているわけですが、医療業務の遂行に関して法律上の問題、それから医事紛争等について適宜相談に応じていただきまして助言等をいただくという内容でございます。この結果、その相談件数、こちらから相談を申し上げた件数は3件ございます。  

東松島市議会 1980-02-19 02月19日-議案説明、質疑、討論、採決-01号

有限会社ヤマサ斎藤組(東松島市赤井字照井中126番地1)は、去る2月2日に業務を停止し、事務処理をけやき法律事務所仙台市)に委任して破産の申し立てを行うとともに、翌日東松島市に対して工事続行不能に係る届け出が提出されました。  同社に発注しておりました工事は、平成20年度根古地区排水路改修工事であり、請負金額336万円で、工期は平成20年11月6日から平成21年2月20日までとなっています。

東松島市議会 1978-12-09 12月09日-議案質疑、討論、採決-02号

SPC側のほうでは、法律弁護事務所、東京にございますけれども、アンダーソン・毛利・友常法律事務所ということで、そちらの弁護士さんのほうにPFI関連の業務が詳しいということで、こちらの法律事務所弁護士の中でも、ちょっと難しい言い方らしいのですけれども、出資者として構成している弁護士、これをパートナーというふうに呼ぶそうです。

石巻市議会 1959-03-19 03月19日-一般質問-11号

本年1月から仙台市の松坂法律事務所のほうに顧問弁護士ということでお願いをしておりますので、今回訴状等が届いて、それぞれの対応となりますと、ただいま御紹介申し上げた事務所のほうで対応というふうになるかと思います。 ◆4番(黒須光男議員) 私は、今松坂弁護士に驚いた。10年ほど私の顧問弁護士ですからね。どうしてあの人をやったのですか、とんでもない話だ。

  • 1
  • 2