22件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

気仙沼市議会 2016-09-26 平成28年第85回定例会(第3日) 本文 開催日:2016年09月26日

例えば、私は法学部へ行ったから、法律を教えるわけにはいかないから社会を専攻しようと、そうやって専門的な免許証をもらったんですね。今もそうだろうと思うんですよね。  ただ、そうでない方々で、学校の先生が少ないということになりますね。そうすると、講習みたいなものがあるんですよね、講習というか。

石巻市議会 2014-03-18 03月18日-一般質問-10号

ここに庄司議員もいますけれども、これは詐欺の中で1項詐欺、2項詐欺とあると思うのですが、該当しますよねと言って、中にいる方々は法学部を出ている方も多いでしょうから、こういったこともございます。これは、被災者に対する弱い者いじめでございます。こういった政策について、今3点についてお尋ねいたします。 ◎阿部善弘復興事業部長 私から防災集団移転の分譲価格についてお答えいたします。 

仙台市議会 2012-10-05 平成24年第3回定例会(第10日目) 本文 2012-10-05

また、大都市制度に関する理論の動向として、山梨学院大学法学部の外川伸一教授を訪問し、主に特定目的政府論など、大都市制度の理論的な側面について聴取したほか、横浜市政策局において、特別自治市制度の実現に向けた取り組みについて、調査を行ってまいりました。  本委員会における調査経過の概要は、お手元に差し上げております中間報告書のとおりでありますので、御高覧を賜りますようお願い申し上げます。  

仙台市議会 2012-08-10 次世代育成調査特別委員会 本文 2012-08-10

逆にそうではなくて、一般的な例えば法学部だったり文学部だったりとか、そういうところから就職をしていく子たちは確かにインターンシップなどを通して自分のやりたい職業とかを探していくんですけれども、いざ就職になると全くそういう可能性というのがなくなって、それこそエントリーシートを100枚とか書いて一生懸命自分のやりたい仕事のところに送るんだけれども、全然かなわない。

栗原市議会 2011-12-20 平成23年第8回定例会(第6号) 本文 開催日:2011年12月20日

また、10月に議会改革シンポジウムを開催し、議会改革の指導者として第一人者である法政大学法学部廣瀬克哉教授の講演、さらには河北新報の「変えよう地方自治」の主筆である渡辺正明氏、議会改革の先進議会である会津若松市議会の松崎新議員を加えてのパネルディスカッションをも開催するなど、市民の理解をいただく手法もとってまいりました。  

気仙沼市議会 2009-03-05 平成21年第21回定例会(第5日) 本文 開催日:2009年03月05日

財務省というのは東大法学部の巣ですよね。でもこの人たちって、この高橋洋一さんも東大で、財務省ですよ。東大の理学部ですけれども。その人たちは法律に強くても数字に強い人は多くありませんでしたと。言ったでしょう、私言ったんですけれども。だから私も言いますが。  あと、私きのうからの21年度繰出金、特別会計14ある病院まで、全部足しました。そうしたら25億です。21年度の。

仙台市議会 2004-03-22 地域経済活性化調査特別委員会 本文 2004-03-22

ですから、NICHeでは副センター長に経済学の西澤先生、それから、大滝先生、福島先生、この辺が今、NICHeリエゾンの連携している教官、それから法学部関係も著作権関係の先生とか、それから知財権関係の先生とか、たくさんの方たちが今連携を始めているところなんですね。月に一度は必ずみんなが集まって、リエゾンでミーティングをしている状態なんです。

仙台市議会 2002-10-18 循環型まちづくり調査特別委員会 本文 2002-10-18

もし、それが正しければ、東京大学法学部を1番で出た者が全部ノーベル賞をもらっているはずなんですけれども、一人もいないんです。もっとも法学賞などというのはないわけですから、該当しないからだとは思います。それにしても、ほかの大学でも1番で出た人でノーベル賞をもらった人はいないんです。ノーベル賞をもらっているのは、ほとんどが落第生なんです。

仙台市議会 2002-09-20 平成13年度 決算等審査特別委員会(第4日目) 本文 2002-09-20

51: ◯文書法制課長  一応大学法学部出身者が配属されております。 52: ◯渡辺博委員  大学法学部はわかりました。それで、どれほどトレーニングされている方たちなのか、どれほどの経験をお持ちの方なのかということを知りたいわけです。  これは後でも触れることになると思いますけれども、弁護士さんに使われるか、弁護士さんを使うか、依頼者は仙台市のはずです。

仙台市議会 2002-09-17 総務財政委員会 本文 2002-09-17

36: ◯文書法制課長  法制担当の職員の配属に当たっての、特に基準ということではないと思いますが、これまでも実態的にそうであったように、やはり一応大学法学部出身者を配属してきておりまして、その上でその業務を遂行する中で、自分で勉強する、あるいは業務の経験を通じて知識経験を増やしていくというところが基本になろうかと思いますが、あるいは関連の研修の機会等があれば、それに出席して知識を高めるというようなことで

仙台市議会 2001-06-20 平成13年第2回定例会(第6日目) 本文 2001-06-20

若いころ東北大学におられ、後に東京大学法学部に移られました憲法学樋口陽一氏が、正面からの憲法改正論よりも、むしろ論憲について厳しい批判をされていたのを聞く機会がありました。  また、東北大学名誉教授の小田中先生は、この四月に仙台で行われた憲法調査会の公聴会で次のように述べておられます。

仙台市議会 2000-12-08 平成12年第4回定例会(第3日目) 本文 2000-12-08

情報公開問題に詳しい大阪大学法学部教授の松井氏は、その著書の中で、この最高裁判決を引用しながら、表現する自由を確保するためには、情報を受領する自由情報を収集する自由保護されなければならない。政府がある情報秘密とするためには、本来法律によって権限を付与されたものが、法律に明記された基準に従い、法律に明記された手続に従って秘密指定していることが必要と述べています。  

仙台市議会 2000-09-22 平成11年度 決算等審査特別委員会(第6日目) 本文 2000-09-22

東大法学部卒業、自治省出身の若い優秀な局長でございますが、仙台市に参りまして1年半ぐらいになりまして、ちょうど決算期間内にすべて在職しているということで、仙台市のいろんな企画関係のお仕事の範囲の中に都市宣言という分野を含めて、基本計画あるいは仙台21プランなどについてのお勉強もされていると思いますけれども、仙台の住みぐあいも含めて、まちづくりについてはどのような所見を持っておられますか。

仙台市議会 1999-01-25 東西交通軸促進調査特別委員会 本文 1999-01-25

あそこは工学部や何かがある山の上から経済とか法学部とかがある下に向かって、水道局のトンネルがありますよね。半ば完成しているようですが、あれの中をずっと歩かせてもらって、すごいトンネルですよね。あれと地下鉄が平行して走るというようなことにもなるのかなと私は想像しておりますけれども、あのときえらく環境アセスをやりましたよね、水道局の方で。あれとの関連なんかで引っ張り出せるものがあるんではないですか。

仙台市議会 1997-11-21 市民教育委員会 本文 1997-11-21

まず、第1号請願「選択的夫婦別姓等の民法改正に関する件」及び第2号請願夫婦別姓制導入反対に関する意見書提出を求める件」についてでありますが、前回の委員会でお話ししておりましたとおり、本日は第1号請願参考人として早稲田大学法学部教授棚村政行氏に、また第2号請願参考人として日本政策研究センターの岡田邦宏氏に御出席をお願いしております。  

仙台市議会 1997-11-21 市民教育委員会 表紙 1997-11-21

──────┼────────────────────────────┨ ┃  議事の経過概要    │  別添のとおり                    ┃ ┠─────────────┼────────────────────────────┨ ┃             │                            ┃ ┃             │  参考人出席 早稲田大学法学部教授

仙台市議会 1997-10-21 市民教育委員会 本文 1997-10-21

〔「なし」と呼ぶ者あり〕 18: ◯委員長  それでは私からでありますが、来月の委員会におきまして有識者を参考人としてお招きし、御意見を伺うことになっておりましたが、調整をいたしました結果、第1号請願については早稲田大学法学部教授の棚村政行氏に、また第2号請願については日本政策研究センターの岡田邦宏氏にお願いすることで進めておりますので、御報告をいたします。  それでは、お諮りいたします。  

  • 1
  • 2