1224件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-12-18 経済環境委員会 本文 2019-12-18

また、例えばMICEということであれば、もちろん沿岸部の旅館等で開かれる会議というのは、なくはないということでございますが、やはり大規模会議ということであれば、仙台市内ということで、MICEに関する業務というものも仙台市独自のものと考えておりますし、また仙台市内の観光地を結ぶ2次交通代表的なものはるーぷる仙台ですけれども、るーぷる仙台についても乗車人員が年間60万人を超え、60万人近辺だったと思いますが

角田市議会 2019-12-18 令和元年第400回定例会(第4号) 本文 2019-12-18

近年では、大正12年に農水省が特殊補助の道を開いたことから、宮城県内川尾袋川沿岸排水改良事業(昭和2年から昭和8年、第1期事業)として、江尻地点に第一機関場(排水量毎秒20立方メートル、動力モーター)を昭和4年3月に完成させ、同年5月の大雨に排水機を運転しましたが、不幸にして停電に遭い、途中で運転が不能となって耕作地が一変し、一帯が湖沼と化したのであります。  

栗原市議会 2019-12-16 令和元年総務常任委員会 本文 開催日:2019年12月16日

それから震災の関係で企業にこちらのほうから沿岸部のほうに宿泊していた方々が大分少なくなってきていると。そういったことも含めましてだんだん厳しくはなってきておりますけれども、こういったものを分析しながら今後のあり方について今会社と一緒に経営改善をしたいと考えているところでございます。

仙台市議会 2019-10-03 経済環境委員会 本文 2019-10-03

特別報告書というものが出されたわけでありますけれども、この中でいえば、今世紀末に予想される地球温暖化の影響として、世界平均の海面水位が最大1.1メートル上昇すると、あるいは海面水位が年最大2センチのペースで上昇していくだろうと、このように言われておりますし、100年に一度程度だった高潮などが各地で毎年発生するというふうな状況、そしてまた、漁獲可能な資源量が20.5%から24.1%減少してきていると、沿岸

仙台市議会 2019-09-30 令和元年第3回定例会(第4日目) 本文 2019-09-30

復興十年となる二〇二一年には、東北の中心、被災地の中心である仙台市沿岸部にて大型イベントが開催できるよう、積極的に誘致を呼びかけるか、もしくは仙台市が主催となって、二〇二一年津波シンポジウムなどと連携した(仮称)復興世界音楽祭ワールド・ミュージック・フェスタなどを仙台沿岸部の仮設会場にて開催し、以降、復興十年から定期的に、被災者の心に寄り添う音楽文化事業を始めてはどうかと考えますが、市長の御所見をお

気仙沼市議会 2019-09-26 令和元年第104回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年09月26日

ひありんく気仙沼では、相談者が抱えているさまざまな課題に対し、関係機関と連携しながら、就労を希望する方にはハローワーク沿岸地域就職サポートセンターへの同行訪問など伴走型の支援を実施しており、かなえとも連携し、相談者が適切な支援につながるよう努めてまいります。

気仙沼市議会 2019-09-25 令和元年第104回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月25日

というのは、このGOLD浪漫、これは皆さん御案内のように藤原文化を支えてきた、この三陸沿岸、そして藤原時代を支えたこの大谷地区、それから鹿折地区、もちろん涌谷地区ということで、ああいいなと私は思った。もちろん私も涌谷のほうも過去には見たことがあるんですが、あと鹿折も2度ほど行って見ています。  

気仙沼市議会 2019-09-24 令和元年第104回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年09月24日

次に、「沿岸漁業における課題について」外1カ件、5番小野寺 修君の質問を行います。5番小野寺 修君。 ◎5番(小野寺 修君) 新風の会、小野寺でございます。通告に従い、順次質問してまいります。よろしくお願いいたします。  大項目2つに分けております。  1項目め、沿岸漁業における課題について。  

栗原市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月18日

これにより、迫川沿岸地域洪水から守ってきました。しかし、近年の異常気象による集中豪雨が至るところで頻繁に発生し、ダムの上流にもかなりの雨が降っており、ダムへ土砂が流れ込み、土砂が貯水量の30%以上堆積していると聞いております。したがって、ダム有効貯水量3,200万立方メートルの確保が難しいと思われます。

気仙沼市議会 2019-09-06 令和元年第104回定例会 目次 開催日:2019年09月06日

学校教育施設環境について……………………………………………………… 204    4.放課後児童健全育成事業について………………………………………………… 210   臼 井 真 人 君    1.南気仙沼地区の課題について……………………………………………………… 212    2.岐路に立つ水道事業について……………………………………………………… 213   小野寺   修 君    1.沿岸漁業

美里町議会 2019-09-01 令和元年度9月会議(第5号) 本文

◯町長(相澤清一君) それもあわせまして、災害援護資金の今後の、例えば償還のあり方、また制度の改善、そのようなことを、議員からも御指摘ありましたように、今、沿岸部では相当、本当に大変な状況になっておりますので、そういう面も含めまして、町村会として、そして沿岸部の自治体、一緒になって、そのような要望活動をしてまいりたいと思っております。

角田市議会 2019-08-28 令和元年第398回定例会(第3号) 本文 2019-08-28

そうした中で、県南の4市9町のうち、沿岸部と山間部は予防接種しているのではないかということでありまして、それ以外のところはまだ、角田市を含めて、実施していないということでありますけれども。いずれそれぞれの財政的な事情なりがあるわけでありますが、国で早く判断をしていただいて、定期接種になるようにしていただくということがやはり大事なことだろうと思います。

角田市議会 2019-06-27 令和元年第397回定例会(第5号) 本文 2019-06-27

いらっしゃいプランについては、震災当時、沿岸部から内陸部へ引っ越しをしてくる方がおり、新築や中古住宅を購入した方への助成も、本交付金の該当事業になり得るとの判断で充当した。文化財については、佐倉の自照院と諏訪神社が地震により破損、文化財ということで復旧するに当たり、市の一般財源処置部分に本基金から充当を行ったとの答弁であります。  

気仙沼市議会 2019-06-26 令和元年第102回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年06月26日

それで、私たちのような津波の大きな被災地からは、復興庁のほうに、それでは沿岸部や原子力災害のあった町ではなくて、内陸部のところに同じ恩典があるのであれば、そちらにみんな立地してしまうので、被災地の、特に大規模な被災地の助けにならないんじゃないですかということを申し上げたところです。その結果として、この津波被災地・原子力被災地ですね。

気仙沼市議会 2019-06-25 令和元年第102回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月25日

最近では、気仙沼大島大橋の開通や三陸沿岸道の延伸などにあらわされるように、大規模な建造物が完成したり整備が進んだりと、加速度的な建設の進展に感動を覚える場面もふえてまいりました。  市街地の復興に伴い、施設道路の整備が進んでいます。直近の数カ月は、大型連休の影響もあり、多くの観光客が本市を訪れました。

気仙沼市議会 2019-06-24 令和元年第102回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月24日

2つ目は、三陸沿岸道路から仙台市中心部にアクセスする仙台道路建設促進活動の状況と今後の取り組み姿勢についてお伺いいたします。  本道路については、気仙沼市民の利便性の向上を初め、経済活動においても非常に重要な道路事業であり、官民一体となって要望活動などを行うことが重要と思いますが、市長のお考えをお示しください。  

仙台市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第6日目) 本文 2019-06-19

東日本大震災においては、沿岸部を襲った津波によってガス製造工場の主要設備が冠水、損傷するなどの大きな被害を受け、全面供給停止に追い込まれたわけですが、全国からの応援をいただきながら復旧・復興を果たしました。決算の状況を見ても、平成二十六年度からは安定して黒字を維持しているなど、いまだ累積欠損金の解消までには至らないものの、財務状況も改善してきていると認識しております。