487件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石巻市議会 2018-12-19 12月19日-一般質問-05号

あともう一つは、AIを導入する前提として電子化というか、全ての仕事というものを電子決裁なり電子化をしていくということがまず前提になってくると思われますので、実は質問を全く想定したわけではないですけれども、先般電子決裁が8割以上進んでいる佐賀県にも視察をさせていただきまして、今知事決裁であってもほぼ電子化で、電子決裁でやっているのですというような状況を聞くにつれて、これは一刻も早く、総務省でも電子決裁

仙台市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第6日目) 本文 2018-12-18

いずれも根拠法令根拠条項に従って事務執行が行われているところでありますが、事務に当たっては標準処理日数決裁権者、代理決裁あり方にばらつきがあるようであります。これでは公平、適正な事務執行を期待する申請者不信感を持たれるおそれがあると考えます。現在の事務あり方を整理し、明確にすべきと考えるところでありますが、お考えをお聞かせください。  行政側申請者に要求する書類もさまざまあります。

石巻市議会 2018-12-17 12月17日-一般質問-03号

これを近江復興事業部長は、液状化対策に伴う基礎構造の変更はやむを得ないと判断するとして決裁をし、資料6のとおり、平成27年5月22日付で市長名で回答しているのです。すなわち、約5億円の基礎工事が勝手に近江復興事業部長決裁によってオーケーがなされているのです。言語道断としか言いようがございません。決裁規程からしても決して認められるものではないと思いますが、佐藤市長に御答弁をお願いします。

石巻市議会 2018-12-07 12月07日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

開札後、最低制限価格公表をするが市役所決裁印は総務部管財課長亀山市長の2名であり、事前に最終決定金額を知っているのはこの2名である。(官製談合ルート)、亀山市長から株式会社成和、松島町竹谷字萱倉58番地、会長、高橋静男(株)ミゾタ仙台支店、角田氏、このルート最低制限価格が漏れていた。

気仙沼市議会 2018-12-07 平成30年第99回定例会(第1日) 本文 開催日: 2018年12月07日

1つは、12月5日付気教委学第294号で決裁された当該文書議案第18号に係る参考資料として、直ちに議員に配付するよう求めていただきたいと思います。  2つ目は、議案審議前の12月11日に予定されている統合準備会組織設立の案内には、市議会での議論状況を見ながらとの表現になっておりますが、議案審議前に、どうやって議会での議論状況を見るというのでしょうか。議会を無視するにも甚だしい行為であります。

気仙沼市議会 2018-09-27 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日: 2018年09月27日

149: ◎学校教育課長熊谷利治君) 議員が御指摘の、メリット・デメリット表でございますけれども、平成28年度に学校教育課の中で、今後、地域懇談会を進めていく上で、長い文書ではなくて、もっとわかりやすい説明資料が必要というところから、当時の副参事、課長補佐で作成したということで、それを起案して、決裁をいただいたということを承知しております。

石巻市議会 2018-09-20 09月20日-一般質問-03号

そして、運営委員会にかかって、最終的には設計協議をして、平成27年4月1日に決裁されておりますけれども、最終的には建設計画の中に反映をされているという、そういう内容でもっての最終決定ですので、御理解をいただきたいと思います。 ◆6番(黒須光男議員) 全然答弁がかみ合っていなくて、うそを語っていますね。これは、後でまた質問の中で明らかにしますからね。 

白石市議会 2018-09-19 平成30年第432回定例会(第5号) 本文 開催日:2018-09-19

日常の実務や決裁等は副市長がいらっしゃるので、そのためにというわけではないでしょうけれども、副市長がきちんといらっしゃいますので、今以上に白石市のトップセールスマンとして市内外に出ていって、市のPRを行っていただきたいと強くお願いいたしまして、次の質問に移らせていただきます。  最後、白石市民バスをグーグルマップで検索可能にしてはいかがということで、質問いたします。  

大崎市議会 2018-09-14 09月14日-02号

職員の使用に関しては、いわゆる協力を求めるというのは余りにも他力本願的な考え方でございますので、やはり市政情報課といたしましては、今、鹿野議員からも御意見あったとおり、例えばペーパーレス会議とか、今回1月から導入したものでございますが、そういったものの活用であるとか、あとそれから電子決裁並びに共有ファイル活用といった電子機器の有効な活用をこれまで以上に進める中で、そういった経費の節減には努めてまいりたいというふうには

石巻市議会 2018-09-07 09月07日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

しかも、決裁文書がないのです、これは。誰が決裁したかわからない。それで、当時の部長とかみんな訓告している。あり得るわけでない。かわいそうですよ、誰もわからない人が訓告を受けている。市長なり、菅原市長責任ではないですか、これは。わかってやっているのではないですか。そうでなければ、これだけのものは動かないのです、皆さん。

石巻市議会 2018-06-25 06月25日-一般質問-03号

残念ながら所管の委員会の付託もなく、賛成多数で議決されましたが、これもプロポーザル方式であり、調べると運営委員会決裁市長決裁なのです。なぜ3億4,100万円が水増しされた新蛇田地区復興住宅建設での選定委員会決裁市長で、運営委員会決裁阿部復興事業部長だったのか、謎が膨らむのです。業者及び買い取り額最終決定額は、選定委員会でなく、運営委員会にあるのです。

石巻市議会 2018-06-15 06月15日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

◆6番(黒須光男議員) 先ほどの市長答弁ですが、政治家の介入、私もないのだという話でございますが、やっぱり調べてみますと市長決裁例えば選定委員会も関係ないと言うけれども、新蛇田地区の3億4,000万円がプラスされたときの選定委員会の結果にあなたは判こを押しているのです。そして、43億円というのはわかっているの。

仙台市議会 2018-06-14 平成30年第2回定例会(第3日目) 本文 2018-06-14

仙台市は、五月十六日、農地を宅地化する二件の開発行為許可手続で、開発調整課男性職員が内部の決裁を経ずに許可通知書検査済証を交付する不正があったと発表しました。申請者への便宜供与などの意図は確認されていませんが、課長が不正を指示したケースもあり、仙台市は事件性の有無を含めて仙台中央警察署に相談していると地元紙で報道されておりました。  

仙台市議会 2018-05-21 都市整備建設協議会 本文 2018-05-21

先週16日に公表いたしました事案につきましては、平成24年度に端を発しました開発行為許可等に関する事務に関しまして、決裁を経ずに許可証を発行するなどの不適正な事務処理が行われていたものでございますが、これら一連のプロセスの中で組織としてのマネジメントが機能していなかったということを大変重く受けとめております。