88件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

石巻市議会 2020-12-04 12月04日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

次に、2水産加工団地汚水処理施設維持管理費に1,200万円を計上しておりますが、これは汚泥乾燥施設の修繕に要する経費を措置したものでございます。 次に、3水産振興事業費に511万円を計上しておりますが、これは感染症の影響により外国人実習生の出入国に新たな経費が発生しているため、受入先支援のための補助金を措置したものでございます。 

石巻市議会 2018-09-21 09月21日-一般質問-04号

そのうち冷凍冷蔵施設も含めて水産加工団地が84企業がございましたけれども、今再建率7割、ですから今でいいますと65社、70社までいったでしょうか、70社ぐらいの再建率と。ただ、1企業体がかなり、4分の3事業で機能を拡大して整備しておりますので、これ以降の再建についてはなかなか難しいのではないかなというふうには見ております。

石巻市議会 2018-06-29 06月29日-一般質問・委員長報告・質疑・採決-07号

また、再生可能エネルギー活用可能性調査業務について質疑があり、水産加工団地内における公共施設活用した再生可能エネルギー活用に係る潜在可能性を発掘するための業務であり、太陽光パネル設置に係る費用便益分析地域経済への波及効果メンテナンス経費耐用年数経過後の撤去費用などの調査を行う旨、答弁がありました。 

石巻市議会 2018-06-15 06月15日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

次に、9目に4,100万円を計上しておりますが、これは釜幹線用水路改修に要する経費を措置したものでございます、 次に、36ページ6目の1水産業復興対策費に3,300万円を計上しておりますが、これは水産加工団地における再生可能エネルギー活用可能性調査及び漁業集落内の番屋整備に要する経費を措置したものでございます。 

石巻市議会 2018-06-14 06月14日-議案説明-01号

次に、農林水産業費では、水産加工団地における再生可能エネルギー活用可能調査に要する経費などを措置しております。 次に、商工費では、雄勝地区観光物産交流施設整備に要する経費などを措置しております。 次に、土木費では、十八成浜の砂浜再生事業に要する経費のほか、南浜津波復興祈念公園整備に要する経費などを措置しております。 

石巻市議会 2018-03-13 03月13日-一般質問-08号

というのは、工業港背後地にした上釜南部、下釜南部、そして魚市場を背景とした、水産加工団地背景にした港西地区、いろいろございます。そういう部分では、企業誘致の仕方、あるいは需要もそういう部分であると思うので、それを踏まえて企業誘致をすることが必要ではないのかなと思いますが、産業部の見解を伺っておきたいと思います。 ◎吉本貴徳産業部次長 お答えいたします。 

石巻市議会 2018-02-22 02月22日-施政方針に対する質疑-02号

次に、水産加工業復興支援についてでありますが、水産加工団地空き地の利活用の方針につきましては、団地内における事業者再開状況は、関連産業も含めて約6割であり、加工団地内にある空き地のほとんどが民有地となっていることから、所有者の意向に基づいて、その活用のあり方が決められるものと認識をしており、具体の支援策につきましては、今後の動向も見据えて検討してまいります。 

石巻市議会 2017-03-14 03月14日-委員長報告・質疑・採決-11号

次に、第63号議案平成28年度石巻一般会計補正予算(第9号)、歳出、6款農林水産業費、3項水産業費、5目東日本大震災関係費水産業復興対策費では、水産加工団地共同排水処理施設流入不明水処理費負担金について質疑があり、汚水管新設工事は既に完了しているが、工事期間中の平成28年4月から10月までの期間に発生した不明水処理費用であり、次年度以降の予算計上はない旨、答弁がありました。 

石巻市議会 2016-12-19 12月19日-委員長報告・討論・採決-07号

また、漁船誘致加工試験分析等専門的知識を有した事業者であり、水産加工団地組合員の方々と一致団結して水産振興及び施設効果促進に向けた事業を展開できるためである旨、答弁がありました。 また、指定管理者との今後の予定について質疑があり、4月の基本協定締結に向けて準備を進めており、随時打ち合わせを綿密にする旨、答弁がありました。 

石巻市議会 2016-12-05 12月05日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

当該施設は、東日本大震災で被災し、復旧整備中の施設であり、昭和50年に魚町水産加工団地内の排水処理施設管理運営目的として設立されて以来、継続的に運営を行ってきた公益社団法人石巻水産加工排水処理公社を、当団体の能力やノウハウを活用することで運営経費の縮減が期待できることから、公募は行わず、当該施設指定管理者として指定しようとするものであります。 

石巻市議会 2016-09-15 09月15日-一般質問-04号

特定第3種漁港である石巻漁港を初め、44漁港を持つ本市水産業につきましては、沿岸漁業大型漁船により多種多様な漁業が営まれ、卸売市場水揚げ量金額とも全国上位を占め、背後地には全国有数水産加工団地が形成されるなど、水産都市石巻にふさわしいにぎわいを見せております。しかし、東日本大震災により、これらの施設や設備が壊滅的な被害を受けております。 

石巻市議会 2016-09-02 09月02日-議案説明・質疑・委員会付託-02号

本案は、東日本大震災で被災した石巻魚町水産加工共同排水処理施設について、本市水産加工団地内事業者事業再開を促進するとともに、周辺地域生活環境整備することを目的として復旧整備しているもので、平成29年3月に完成する予定となりましたことから、新たに条例を制定しようとするものであります。 以下、条文に従いまして御説明いたしますので、表紙番号1の6ページから8ページをごらん願います。 

石巻市議会 2016-06-28 06月28日-委員長報告・質疑・採決-08号

について(下釜南部地区土地区画整理事業地内汚水管渠           築造工事) 第38 第186号議案工事請負契約締結について(上釜南部地区土地区画整理事業宅地造成道路           築造工事) 第39 第187号議案工事請負契約締結について(下釜南部地区土地区画整理事業宅地造成道路           築造工事) 第40 第188号議案工事請負契約の一部を変更する契約締結について(魚町水産加工団地汚水

石巻市議会 2016-06-23 06月23日-一般質問-05号

議員何度もおっしゃっておりましたけれども、気仙沼市は水産加工団地造成というものが一番前にあって、その造成の絡みから8分の7事業で初めから意図的にそれに臨んだと。石巻市の場合は、やはり早期再建、早く再建したいのだという企業が多数ございまして、当時商工会議所の会員の水産加工会社が多くて、商工会議所仲介役になって、単独ではできませんので、複数の企業をマッチングしまして、それで申し込みした。

石巻市議会 2016-06-14 06月14日-議案説明・質疑・討論・採決-03号

次に、140ページ、3目水産業施設災害復旧費で4億3,200万円を減額しておりますが、これは水産加工団地共同排水処理施設災害復旧工事費を翌年度に措置することに伴う減額でございます。 次に、142ページ、1目公共土木施設災害復旧費の1道路橋梁災害復旧費で1億1,700万円を減額しておりますが、これは市道災害復旧工事などの事業費の確定に伴う執行残によるものでございます。 

石巻市議会 2016-02-26 02月26日-議案説明・質疑・委員会付託-06号

次に、108ページ、5目の1水産業復興対策費に490万円を計上しておりますが、これは水産加工団地共同排水処理施設における不明水対策のための負担金を措置するとともに、中小水産加工業者等が実施する従業員確保目的とした宿舎整備を行うに当たり、宮城県と協調して補助するための経費を措置したほか、漁業活動ソーラー照明設置業務委託料整理によるものでございます。 

石巻市議会 2016-02-22 02月22日-施政方針に対する質疑-02号

民有地沈下地盤かさ上げ工事が終了した魚町水産加工団地ですが、排水処理施設汚水管の本格的な復旧工事が継続的に実施されています。その完成時期をお示しください。 離半島部で被災した漁業集落についてお尋ねします。この震災で傷んだ漁港改修は年々進んでいますが、漁業生産基盤整備はまだまだの状況にあります。