1199件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第7日目) 本文 2020-03-12

第六款経済費ほかにおいては、宿泊税について、交流人口の拡大について、新型コロナウイルス感染症対策について、若年層の就労支援について、知的人材の確保について、若者の地元定着促進について、地域商社によるローカルブランディング及び外貨獲得支援について、観光関連サイトについて、森林環境譲与税について、圃場整備事業について、有害鳥獣対策について、東北デスティネーションキャンペーンについて、音楽ホールについて、

白石市議会 2020-03-04 令和2年第439回定例会(第3号) 本文 開催日:2020-03-04

CO2排出量実質ゼロとは、CO2などの温室効果ガスの人為的な発生減による排出量と森林等の吸収源による除去量との間の均衡を達成することであり、例えば再生可能エネルギーの推進などによるCO2排出量削減のための施策と同時に、森林の整備などによる回収量増加のための施策が求められます。  

栗原市議会 2020-03-02 令和2年総務常任委員会 本文 開催日:2020年03月02日

相馬勝義委員 これ県議会だけではなく全国的に、宮城県では税金を取ることだけ一生懸命考えているようだけれども、森林税だってあれは違う税金が出てきてなくなったら出るということで、来年度に本当は出るんですけれども、今度の6月に一般質問しますけれども、みんな苦しい中から300円でも500円でも、最初500円が出ていましたけれども、100円ぐらいだったらなとは思っていましたけれどもね。

仙台市議会 2020-03-02 令和2年度 予算等審査特別委員会(第6日目) 本文 2020-03-02

予算書の経済費、171ページの森林管理費、特に森林環境譲与税、これについて伺っていきます。  森林地球温暖化防止や災害防止など多面的な機能を有しており、国民一人一人に恩恵があるということは皆様御承知のとおりでございます。  今年度から施行された森林経営管理法の実効性を担保するために、国から約5年前倒しで森林環境譲与税というのが配分されております。

大河原町議会 2020-03-01 令和2年第1回定例会(3月会議)(第1号) 本文

森林環境の保全については、昨年度施行されました森林経営管理法に基づき、森林環境譲与税を活用した森林整備を検討してまいります。また、松くい虫による被害の拡大防止対策を継続して講じてまいります。さらに、大高山・天狗森山遊歩道については、町民憩いの場として活用されるよう、引き続き維持、管理に努めてまいります。  次に、商業サービス業の振興についてであります。  

白石市議会 2020-02-27 令和2年予算審査特別委員会(第2号) 本文 開催日:2020-02-27

29 ◯伊藤勝美委員 予算に関する説明書の12、13ページ、2款地方譲与税3項1目森林環境譲与税、これは前に私、あと同僚議員も昨年、多分質疑というか、質問したと思うんですけれども、そのときには年間1,000万円ぐらいという形で入ってくるということをお聞きしているんですが、何で今回2,000万円ということを予定しているのか、その辺の理由をお聞かせください。

白石市議会 2020-02-26 令和2年予算審査特別委員会(第1号) 本文 開催日:2020-02-26

同じく、2目林業振興費13節委託料の森林経営管理推進事業に51万9,000円の減額補正を計上しております。これは今年度から開始した森林経営管理制度の計画を策定するため、森林台帳の整備が必要となったことからシステム改修業務を委託した結果、請負差額が生じましたことからその差額分を減額するものでございます。  同じく、3目市行造林費13節委託料に88万円の減額補正を計上しております。

栗原市議会 2020-02-25 令和2年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2020年02月25日

細目1点目、栗原市に進出し、森林を伐採、山肌をむき出しにしていくメガソーラーへの市長の所見を伺います。  2点目、現存する施設、今後設置される予定地の住所を示していただきたい。  3点目、2015年関東東北豪雨から昨年の台風19号までの大雨被害で、メガソーラー施設やその設置のための工事に幾らかでも影響を受けたと思われる被害はあったのか伺います。  

栗原市議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年02月21日

今後は、国が提唱する新たな森林管理システムにより、急ピッチで事業展開に拍車がかかることが予見されます。国は当該システムの構築に当たり、岡山県西粟倉村の「百年の森構想」をモデルに、事業主体森林所有者・西粟倉村・森林組合は三井住友信託銀行と提携し、近い将来森林信託事業を全国的に展開する予定で、市議会清流で視察したところ有望な過疎地活性化の好事例でありました。  

仙台市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第6日目) 本文 2020-02-20

森林道路の保水、雨水幹線、河川への道筋を考えた大きな視野での抜本的な水害対策の必要性があると考えます。河川内水氾濫、土砂災害など各管轄部署が情報交換協力しながらまちづくりをすることを求めます。仙台市民の安心・安全のための雨水排水の今後の具体的な取り組みはどうなっているのか、お伺いいたします。  一方で、自助のさらなる啓発として、ハザードマップの改正の必要があると考えます。

栗原市議会 2020-02-12 令和2年第1回定例会(第1号) 本文 開催日:2020年02月12日

林業振興では、令和6年度からの森林環境税に伴う森林管理制度施行に向けた準備を昨年度から進めておりますが、事業のさらなる加速を行うため、地域林政アドバイザー制度を活用して、新たに専門的な技術者を配置するとともに、森林管理計画を策定し、栗原市の重要な財産である森林資源の活用を推進してまいります。