898件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

気仙沼市議会 2019-09-26 令和元年第104回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年09月26日

次に、鉄鋼スラグの活用の御提案については、製鉄時の副産物である鉄鋼スラグを海中に沈めることにより、海藻の生育にとって必要とされる鉄分を海水中に供給することができるとして既に取り組まれている事例があると承知しておりますが、その有効性は投入する海域の特性にも左右されるとのことであり、実施の是非については海底栄養塩濃度などの状況も把握した上で、他の事例も参考にしつつ、漁業者などに判断いただく必要があると

気仙沼市議会 2019-09-24 令和元年第104回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年09月24日

食事が出なくなることは話されていたようだが、なぜなくなるのか、その分の栄養補給、水分補給はどうなるのかなど、何の説明もなかった。その日、患者から家族に「私はどうなるのだろう」とメールがあった。f、ベッド上で安静の患者であるのに、ナースコールが壁にかけられている。そのため届かない。安静であるとの意識看護師にあるのか疑問である。

気仙沼市議会 2019-06-26 令和元年第102回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年06月26日

しかし、液体ミルクであれば、お湯を沸かしたり、清潔な水がなくても簡単に授乳でき、災害時に赤ちゃんの命をつなぐ貴重な栄養源となります。2016年4月に起きた熊本地震の際、フィンランドから救援物資として液体ミルクが支援されたことで、その必要性が認識されるようになりました。  

気仙沼市議会 2019-06-24 令和元年第102回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月24日

私はいろんな自治体に行って、お話、健康寿命を延伸するには、栄養と適度の運動、あと社会とのつながりなんですね。仕事をしているときは、仕事上のつながりがありますけれども、引退した後は社会とのつながり、なかなか難しいですね。自治会の活動をする、あと自治会の活動に参加するということが最も手っ取り早い社会とのつながりだと思うんです。  

栗原市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月18日

市が実施している事業といたしましては、健康に対する意識を高める目的の各地区健康教室栄養教室を初め、生活に運動を取り入れる高齢者をふやしていくための長寿健康増進講師派遣事業、生活習慣病の予防のための糖尿病予防講習会、病気の早期発見・早期治療のための各種検診事業や歯周疾患検診などがあります。

白石市議会 2019-06-18 令和元年第435回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-06-18

しかし、子供ワクチン接種をして、さらにおっしゃったようなうがいとか手洗い、日常生活また栄養の面とか、そういったところもしっかりと行いながらすることが大事であって、ワクチン接種したからそれでいいというわけではございません。両方大事であると厚生労働省もおっしゃっております。  

白石市議会 2019-06-17 令和元年第435回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-06-17

これまでの市から情報提供するだけの研修ではなく、保健師、管理栄養士を中心に住民の健康意識を変えて健康づくりに生かしていこうと研修会を3回開催し、特に2回目、3回目は、各地区ごとにグループワーク形式で、我が地区のまちづくりや特徴を踏まえて、地域の課題や推進員自身がやってみたいことなどを保健師、管理栄養士と一緒に考え、活動していこうと動き始めていたところでございます。

大河原町議会 2019-06-01 令和元年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文

さらには、食育における給食指導につきましては、今までどおり栄養教諭が各学校と連携しながら、食の大切さ、地産地消に取り組んでいくことができるよう指導してまいります。  次に、通学路等における危険箇所の改善状況と見守り隊についてのご質問であります。  通学路の危険箇所の改善状況につきましては、毎年各小中学校から改善箇所の要望を受けまして、関係機関と合同で通学路の点検を実施しております。

美里町議会 2019-03-25 平成31年行財政・議会活性化調査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-25

また、栄養士においても同じ状況であり、専門職については正規職員で募集し、確保されたく意見にしました。 3.衛生費について  「脳ドックの対象年齢拡大を図られたい」について説明をさせていただきます。  これまで予算決算の意見に、人間ドックおよび脳ドックの対象年齢拡大をされるよう意見に付してきた経緯があります。

白石市議会 2019-03-07 平成31年第434回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-03-07

2点目、飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する。  3点目、あらゆる年齢の全ての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する。  4点目、全ての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する。  5点目、ジェンダー平等を達成し、全ての女性と女児のエンパワーメントを図る。  

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

運動・栄養教室等の参加者500人増というのは、これは2,252人も増加しています。介護サポーターも5年で100人、認知サポーター300人増というのは、これはもう大幅にクリアして五、六倍の数値目標は達成されて、みまもりねっと登録者の200人増というのは、現在644名で、この事業を始めてから231名増加してクリアしています。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第1号) 本文

今後とも、安全でおいしい、栄養バランスのとれた魅力ある給食により、児童生徒の健全な心身の維持と良好な食習慣の形成に努めてまいります。  次に生涯学習及び社会教育の充実についてであります。  生涯にわたり学習することは、生きがいやゆとりある人生を見出すとともに、文化の振興にもつながります。  

栗原市議会 2019-02-27 平成31年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年02月27日

1つ目が(1)訪問型サービスC事業で、運動改善と栄養改善のプログラムを有します。2つ目が(2)通所型サービスC事業であります。内容については、また再度参考資料をごらんいただきます。  まず、事業の対象者については、2番の事業の対象者のところにありますとおり、介護保険法で定められており、要支援1、2の方及び基本チェックリストにより事業対象者と認定された方となります。

気仙沼市議会 2019-02-26 平成31年第100回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年02月26日

保健医療介護福祉連携の現状についてでありますが、本市においては、震災後、医療職と福祉職等の密接な連携と相互の理解を深めることが喫緊の課題であったことから、平成23年8月に市内の医師会、歯科医師会、薬剤師会、看護協会、栄養士会、介護サービス事業所、ケアマネジャー協会、宮城県気仙沼市南三陸町の関係者で構成する気仙沼・南三陸地域在宅医療福祉推進委員会が設置され、多職種の連携による地域包括ケアシステム