114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-06-20 健康福祉委員会 名簿 2019-06-20

誠      児童クラブ事業推進室長     富田 悠輔  障害企画課長            菅原 俊      幼稚園担当課長         加藤 誠  障害者支援課長           高橋 聡      運営支援課長          綾部 正行  高齢企画課長            白岩 靖史     環境整備課長          佐藤 浩行  地域包括ケア推進課長        松本

角田市議会 2019-03-13 平成31年第396回定例会(第4号) 本文 2019-03-13

特に「3010運動」の取り組みは、長野県松本市で2011年に始まり、全国に広がりつつあります。それに至った背景には、家庭から排出されるごみには、台所から出る生ごみが多く、その中には食べられるのにもかかわらず捨てられている食品ロスが多く含まれています。また、宴会や会合においては、会が始まるとすぐにつぎ回ってしまい、食事に余り手をつけないまま、最後に万歳をして帰ってしまうということがよくありました。

栗原市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年12月04日

委員会は、11月8日に長野県松本議会を訪問し、一般質問の方式、当初予算説明会、政策提案・提言の取り組み及び市民との意見交換に関する取り組みについてを調査いたしました。  松本議会は、一般質問は発言方法を一括質問一括答弁、1件ごとに一括質問一括答弁、一問一答、2回目から一問一答の4方式から選択できるものとしております。

栗原市議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年09月20日

次に、公共施設における花いっぱい運動の推進についてでありますが、「花いっぱい運動」は昭和27年に長野県松本市で発祥したと言われておりまして、花を通じて「社会を美しく・明るく・住みよく」という思想のもとに行われたものであります。現在は、さまざまな運動の啓発活動の一環として広く花が植栽され、その総称として使われているようでございます。  

仙台市議会 2018-09-19 平成29年度 決算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2018-09-19

松本由男委員、菊地崇良委員、渡辺博委員、質疑席に着席〕 2: ◯会長  発言願います。 3: ◯松本由男委員  きょうはよろしくお願いいたします。  私からは、決算書の中の第2款総務費第1項総務管理費第4目の事務管理費中の行財政改革推進、決算額1039万1000円について、この事業の主な内訳について伺います。

仙台市議会 2018-09-19 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2018-09-19

松本市は、30を30日というふうに決めて、30日は冷蔵庫を全部整理する日というふうにしているそうです。10日はごみのレジ袋は一切もらわない運動というふうにしていて、30・10運動をまた違う形で進めたりしてごみの減量につなげているということでございますので、ぜひ30・10運動、進めていっていただければなと思います。  

仙台市議会 2018-08-21 健康福祉委員会 名簿 2018-08-21

          高橋 貞人      幼稚園担当課長            加藤 誠  障害企画課長             菅原 俊       運営支援課長             綾部 正行  障害者支援課長            伊藤 秀晴      認定給付課長             小松 利充  高齢企画課長             伊勢 文葉  地域包括ケア推進課長         松本

大崎市議会 2018-06-29 平成30年 第2回定例会(6月)-06月29日−08号

先進地の長野県松本市で始まった「残さず食べよう30・10運動」は、宴会において開会の30分間は席を立たないで食事を楽しみ、お開きの10分前に自分の席に戻り料理をいただき食べ残しを減らす運動であります。長野県全県下に普及し、現在、環境省でもこの運動を全国に啓蒙しようとしているところであります。宮城県でも県政だより平成29年11月、12月号でみんなで減らそう食品ロスを掲載し、県民に促しておりました。

大崎市議会 2017-06-26 平成29年 第2回定例会(6月)-06月26日−04号

30・10運動」は松本市で始まり、次第に長野県全体に広がり、全国に注目されるようになりました。30・10運動は宴会において開会の30分間は席を立たないで料理を楽しみ、お開きの10分前に自席に戻り、料理をいただき、食べ残しを減らす運動であります。現在、農水省環境省でもこの運動を全国に啓蒙しようとしているところであります。

仙台市議会 2017-05-12 市民教育協議会 本文 2017-05-12

69: ◯松本由男委員  確認と、あと提言になるかもしれませんけれども、2点ほど質問します。  まず、アンケートの件ですけれども、スピード感という観点で確認、質問します。資料1-1の真ん中辺、2の(2)の2)、5月2日に自由記載方式のアンケートを生徒に配布し、締め切りを5月8日ということでやったようですけれども、今、回収率95%ですか、きのう段階でですね。

仙台市議会 2017-02-22 市民教育委員会 本文 2017-02-22

79: ◯松本由男委員  今回、この件の論点は三つありましたけれども、特に最後の前払い制度の導入、これは当局には確認しませんでしたけれども、いろんな弊害とか、先に払ったことによって、例えば年度が明けて転勤したとか、逆もあり、後で入ってきたときにどうするかとか、そういう手配ができないというデメリットもあるという観点から、不採択でお願いいたします。

仙台市議会 2016-12-15 平成28年第4回定例会(第6日目) 本文 2016-12-15

41: ◯議長(岡部恒司)次に、松本由男さんに発言を許します。     〔五番 松本由男登壇〕(拍手) 42: ◯五番(松本由男)自由民主党松本由男です。今回も総合的な危機管理の視点で、提案型により四件質問します。  まず、本市における災害時要援護者支援の取り組みの現状及び行政支援のあり方について伺います。  

岩沼市議会 2016-12-13 平成28年第5回定例会(3日目) 本文 2016.12.13

例を挙げますと、長野県松本市では食育の推進、生ごみ削減の観点から「もったいない」、どこかで聞いたことがありますけれども、「もったいない」をキーワードとしてあらゆる世代家庭や外食時などさまざまな場面で食べ残しを減らす取り組みを進めております。例えばおうちで残さず食べよう3010運動として、毎月10日と30日は家庭で残さないように食べよう。