237件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-03-04 平成31年度 予算等審査特別委員会(第8日目) 本文 2019-03-04

去る3月1日の委員会において、菊地崇良委員の質疑終了後、藤本副市長から、松本由男委員の質疑に対する建設局長の答弁について補足を行う内容の発言がありました。  質疑と答弁は一体のものであり、松本由男委員の質疑が終了し、次の質疑者も終了した場面において、松本由男委員の質疑に対する答弁に関係する発言をすることは適切ではなく、よって、松本委員の質疑中に行うべきであったと考えます。  

仙台市議会 2019-03-01 平成31年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文 2019-03-01

15: ◯松本由男委員  結構倒壊の電柱が多いということであります。  一方、海外における主な都市の無電柱化の現状について御紹介ください。 16: ◯道路計画課長  海外におけます主な都市の無電柱化率といたしましては、ロンドンやパリが100%、ワシントンが65%、ソウルが49%などとなってございます。 17: ◯松本由男委員  結構著名な都市はもう100%ということなんです。  

気仙沼市議会 2019-02-20 平成31年第100回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年02月20日

我々市民の声では、行政視察に出かけまして、長野県の松本市というところに行ってまいりました。そこでは、本市と同じように公民館に地域づくりセンター、まちづくりセンターでありますが、地域づくりセンターを置いています。それで、このセンターの位置づけというのは、何々課といういわゆる課という位置づけで、課長職のセンター長を置いているんですね。

栗原市議会 2018-12-04 平成30年第4回定例会(第1号) 本文 開催日:2018年12月04日

本委員会は、11月8日に長野県松本市議会を訪問し、一般質問の方式、当初予算説明会、政策提案・提言の取り組み及び市民との意見交換に関する取り組みについてを調査いたしました。  松本市議会は、一般質問は発言方法を一括質問一括答弁、1件ごとに一括質問一括答弁、一問一答、2回目から一問一答の4方式から選択できるものとしております。

仙台市議会 2018-10-31 交通政策調査特別委員会 本文 2018-10-31

18: ◯松本由男委員  1点だけです。自動運転、無人運転の件なのですけれども、今までのお話は大半、当面の今できること、課題解決なのですけれども、一方、5年後、10年後、自動運転、無人運転ですね、これはもう当然あらわれてくるのだろうなという観点で、今から準備しないと、組織づくりだとか、そういうものも含めて、どういう準備をしていけばいいのかということ。

仙台市議会 2018-10-01 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3日目) 本文 2018-10-01

本会議において我が会派の松本由男委員が20年後の本市の財政、この状態が続けば財政収支は580億円の赤字になるなんていう試算を紹介した例もございます。そうした多額の財政需要を伴う政策課題がある中で、将来の市民のためにも財政の健全性の確保が大変重要な取り組みであるというのは当然だと感じます。

仙台市議会 2018-09-25 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2018-09-25

そういった中で、私は、若林区の交通に関する勉強会というのを昨年10月に立ち上げまして、3人の課長、そして私が声をかけたうちの会派の菊地崇良議員、それで5人で勉強会を10月から4回重ねてきて、その間、私、本会議でも質問しましたけれども、みちのりホールディングスの社長、松本社長をお呼びした講演会なんかも、一緒に行ってお話をさせてもらった。  

栗原市議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年09月20日

次に、公共施設における花いっぱい運動の推進についてでありますが、「花いっぱい運動」は昭和27年に長野県松本市で発祥したと言われておりまして、花を通じて「社会を美しく・明るく・住みよく」という思想のもとに行われたものであります。現在は、さまざまな運動の啓発活動の一環として広く花が植栽され、その総称として使われているようでございます。  

仙台市議会 2018-09-19 平成29年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2018-09-19

松本市は、30を30日というふうに決めて、30日は冷蔵庫を全部整理する日というふうにしているそうです。10日はごみのレジ袋は一切もらわない運動というふうにしていて、30・10運動をまた違う形で進めたりしてごみの減量につなげているということでございますので、ぜひ30・10運動、進めていっていただければなと思います。  

仙台市議会 2018-09-19 平成29年度 決算等審査特別委員会(第1分科会) 本文 2018-09-19

松本由男委員、菊地崇良委員、渡辺博委員、質疑席に着席〕 2: ◯会長  発言願います。 3: ◯松本由男委員  きょうはよろしくお願いいたします。  私からは、決算書の中の第2款総務費第1項総務管理費第4目の事務管理費中の行財政改革推進、決算額1039万1000円について、この事業の主な内訳について伺います。

仙台市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 2018-09-14

まず、松本由男さんに発言を許します。     〔十一番 松本由男登壇〕(拍手) 5: ◯十一番(松本由男)自由民主党の松本由男です。  冒頭、九月六日に発生した北海道胆振地方の地震において亡くなられた方々の御冥福と、被災された方々にお見舞いを申し上げます。  この間、本市から出動した緊急消防援助隊と危機管理室職員、関係の職員に対し、改めて感謝と敬意を表するものであります。

仙台市議会 2018-09-04 市民教育委員会 本文 2018-09-04

           ┌有効  10票 │           ┌有効  10票 │ │ 投票総数  10票 │        │ 投票総数 10 票 │        │ │           └無効   0票 │           └無効   0票 │ │                    │                    │ │        ・鎌田 城行 君 8票 │        ・松本

仙台市議会 2018-08-24 交通政策調査特別委員会 本文 2018-08-24

22: ◯松本由男委員  私からは、自動運転、オートドライブについて、東北大学も視察させていただきましたけれども、この委員になってから、浜松市だとか静岡市、視察先でも一貫して自動運転の話をずっと質問させていただいて情報をいただきましたけれども、仙台市当局として主体的にリードしていないようなイメージを持ったものですから。特に自動運転は、これから技術的には、もう二、三年先にはハード的に問題なしと。

仙台市議会 2018-08-22 地域経済活性化調査特別委員会 本文 2018-08-22

大学の摩擦の先生と組むといいことがあると思われたようで、私ちょっと忙しいので、私のかわりに人気グループ嵐の松本潤さんが私の役でコマーシャルに出たというところでございます。モデルは私となっているわけでございます。そっくりだと思っているわけでございます。全然違いますが、実はエリエールさんの5個パックのだけなんですけれども、全国のティッシュペーパー全部そこには東北大学と共同研究と書いてあります。

仙台市議会 2018-08-21 健康福祉委員会 名簿 2018-08-21

          高橋 貞人      幼稚園担当課長            加藤 誠  障害企画課長             菅原 俊       運営支援課長             綾部 正行  障害者支援課長            伊藤 秀晴      認定給付課長             小松 利充  高齢企画課長             伊勢 文葉  地域包括ケア推進課長         松本

仙台市議会 2018-07-20 健康福祉委員会 名簿 2018-07-20

          高橋 貞人      幼稚園担当課長            加藤 誠  障害企画課長             菅原 俊       運営支援課長             綾部 正行  障害者支援課長            伊藤 秀晴      認定給付課長             小松 利充  高齢企画課長             伊勢 文葉  地域包括ケア推進課長         松本

仙台市議会 2018-07-20 経済環境委員会 本文 2018-07-20

右の写真は長野県松本市のまつもと市民芸術館シアターパークでございます。施設内のオープンスペースがにぎわっている様子でございますが、音楽ホールにつきましても、このような常時にぎわうためのスペースや仕掛けが必要ではないかと検討されているところでございます。  次に、各施設の想定規模についてでございますが、音楽ホールに求められる各施設機能につきましては、この表のように面積を想定しております。

大崎市議会 2018-06-29 平成30年 第2回定例会(6月)-06月29日−08号

先進地の長野県松本市で始まった「残さず食べよう30・10運動」は、宴会において開会の30分間は席を立たないで食事を楽しみ、お開きの10分前に自分の席に戻り料理をいただき食べ残しを減らす運動であります。長野県全県下に普及し、現在、環境省でもこの運動を全国に啓蒙しようとしているところであります。宮城県でも県政だより平成29年11月、12月号でみんなで減らそう食品ロスを掲載し、県民に促しておりました。