192件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2021-04-16 令和3年第2回臨時会(第2日目) 本文 2021-04-16

本日の会議録署名議員には、会議規則第百十七条第一項の規定により、松本由男議員及び伊藤ゆう議員を指名します。          ────────○────────     日程第二 第七十二号議案から第七十四号議案まで(継続議) 3: ◯議長鈴木勇治日程第二 第七十二号議案から第七十四号議案まで、以上三件を一括議題といたします。  各号議案について、委員長の報告を求めます。  

仙台市議会 2021-03-01 令和3年度 予算等審査特別委員会(第5日目) 本文 2021-03-01

松本由男委員質疑席着席〕 232: ◯佐々木心委員  委員長、よろしくお願いいたします。  質問に入る前に今日うれしいことがあったので、少しエピソードを発表したいというふうに思うんですが、この予特でも市民局町内会担い手不足だったり、回覧板の案内という課題が出てきておりました。  

仙台市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第7日目) 本文 2020-12-18

拍手)          ─────────────────── 11: ◯議長鈴木勇治)次に、都市整備建設委員会委員長 松本由男議員。     〔二十二番 松本由男登壇〕 12: ◯二十二番(松本由男)ただいま議題となりました議案中、都市整備建設委員会に付託を受けました議案について、審査の経過と結果を御報告申し上げます。  

石巻市議会 2020-09-18 09月18日-一般質問-05号

1位が長野県の松本市が79回、そして石巻市が39回で9位になっています。先日も宮城県沖の地震もかなり強いのもございましたし、地震対応というのは忘れてはならないと。 あともう一つは、水害の被災世帯の多い自治体というのもこの「週刊朝日」で報道されているのですが、東日本のランクの中で宮城石巻市は4位なのです。1位が茨城県の常総市。

石巻市議会 2020-09-16 09月16日-一般質問-03号

黒須が食い入るように今読んでおります松本清張の「事故」、三谷幸喜の「古畑任三郎」、柚月裕子の「検事の本懐」と「検事の死命」は、推測してもなかなか犯人にはたどり着けないのですが、石巻市政の闇を深く掘り下げると甘い蜜を吸っている者たちが見えてくるのです。特に柚月裕子の「合理的にあり得ない」は、私の事件の追及に当たって、本当に参考になります。皆さんも一読いただきたいと思います。 

大崎市議会 2020-06-16 06月16日-01号

                    浅野 功                    大崎鹿島台木間塚字姥ヶ沢110-6                    福芦団地行政区 区長                    高橋興業                    大崎鹿島台木間塚字福芦570-35                    福芦住宅行政区 区長                    松本年子

石巻市議会 2020-06-04 06月04日-議長の選挙・副議長の選挙・議案説明-01号

次に、公共交通体系事例研究として、同年7月17日から19日、福井永平寺町の自動走行推進事業長野松本市の地域公共交通の取組について行政視察を実施いたしました。 永平寺町は、福井県の北部に位置する大部分が中山間地の町であり、近隣自治体と第三セクターえちぜん鉄道運営してきたが、高齢化社会を迎え、自宅から鉄道までの移動が深刻な課題となっておりました。

大崎市議会 2019-06-26 06月26日-05号

松本市が発祥と言われる3010運動が全国的にも広がりを見せており、取り組む自治体が増加しております。登米市でも既に取り組んでおりますが、大崎市としての取り組みについて所見を伺います。 食品ロス削減推進法案を受け、大崎市として基本方針を踏まえ、推進計画の作成についてどう捉え策定していくのか、所見を伺います。 

石巻市議会 2019-06-19 06月19日-一般質問-3号

松本清張の作品を読めば一目瞭然です。日時まで変更しなければならなかったのは、増額した3億4,000万円から目をそらせるためにつくった、運営委員会に諮らなかった事務手続のミスに問題をすりかえるものではなかったかと推察しますが、主役を務めた後藤復興事業部長にこの件はお尋ねします。今回はうそをつかないで、誰が聞いてもうそだ、みんな認めているのだから、やりなさい。

仙台市議会 2019-01-25 交通政策調査特別委員会 本文 2019-01-25

2: ◯松本由男委員  ありがとうございます。すばらしくまとめていただいて、読ませていただいて、すばらしくでき上がったかなということで、中身のお話についてはもうございません。  1点だけ、様式の関係で、これは提案なんですが、言葉の、例えば地域交通地域公共交通公共交通というふうに、同じようなのが漢字1文字違うようなのがありますね。文章の中にずっと出てくるんですね。

仙台市議会 2018-12-19 健康福祉委員会 名簿 2018-12-19

被災者生活支援室長         高橋 貞人     幼稚園担当課長            加藤  誠  障害企画課長            菅原  俊     運営支援課長             綾部 正行  障害者支援課長           伊藤 秀晴     認定給付課長             小松 利充  高齢企画課長            伊勢 文葉  地域包括ケア推進課長        松本

仙台市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第6日目) 本文 2018-12-18

13: ◯議長斎藤範夫) 次に、松本由男さんに発言を許します。     〔十一番 松本由男登壇〕(拍手) 14: ◯十一番(松本由男自由民主党松本由男です。  ことしも国内外いろいろなことがありました。皆様、年の瀬を迎えいかがでしょうか。これまでの振り返りと新たな年に思いをはせながら、大綱四点、質問通告に沿って伺ってまいります。  

仙台市議会 2018-10-31 交通政策調査特別委員会 本文 2018-10-31

18: ◯松本由男委員  1点だけです。自動運転無人運転の件なのですけれども、今までのお話は大半、当面の今できること、課題解決なのですけれども、一方、5年後、10年後、自動運転無人運転ですね、これはもう当然あらわれてくるのだろうなという観点で、今から準備しないと、組織づくりだとか、そういうものも含めて、どういう準備をしていけばいいのかということ。