10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

栗原市議会 2014-03-06 平成26年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2014年03月06日

それから、強靭化法、国土強靭化の予算をつけると、これらについては、これから予想されるであろう都市直下型地震、あるいは南海地震東海地震、それらに備えた防備をすると、そういうことでの整備しなければならないという予算だと私は思っております。これらについての見解はおのおの反対討論者と全く違う。  それから、軍事費についてもそのとおりであります。

仙台市議会 2013-06-28 ライフライン・新エネルギー創出調査特別委員会 本文 2013-06-28

33: ◯鈴木繁雄委員  それから、仙台で、早く、大まかでもいいから、こういうものをまとめて、こういうようなことが、震災のときはちゃんとしておかないといけないよというものを早目に発信してやらないと、今度の南海地震が来るだのと言われているでしょう。我々だって、あの地震で初めて経験したことがすごくあるわけだから。

大崎市議会 2013-01-28 平成25年  総合計画後期基本計画等審査特別委員会-01月28日−04号

まず、1943年には鳥取地震、それから44年に南海地震、45年に三河地震、46年に南海地震、48年に福井地震と大体毎年ほぼ発生し、大体1,000人亡くなっているのが平均すると10年に一回なんだそうです。それだけ日本地震国で、3・11から間もなく2年になろうとしてますけれども、その2年前には岩手・宮城内陸地震もありました。本当に、地震が多いこの日本です。

角田市議会 2012-09-25 平成24年第364回定例会(第3号) 本文 2012-09-25

今後心配が懸念されている南海地震等が発生したときなど何らかの応援できる体制を整備しておけば、お互いよいのではないでしょうか。今後の話し合いにもなりますが、これまたいろいろ金もかかりますが、友好都市協定を、ぜひ前向きに検討していただきたいと思いますが、市長のお考えをお願いいたします。

仙台市議会 2012-06-13 平成24年第2回定例会(第2日目) 本文 2012-06-13

例えば、愛知県名古屋市神奈川県横浜市千葉県と千葉市など、これから南海地震など災害が想定される地域も関係が出てきます。関係都市とスクラムを組んで権限移譲を含め、災害対応法制の見直しの早期実現を図ることが、被災地の政令市として取り組むべき課題だと思いますが、所見を伺います。  東日本大震災の被災自治体に配分する復興交付金の第二回交付額が、五月二十五日に公表されました。

仙台市議会 2012-03-09 平成24年度 予算等審査特別委員会(第8日目) 本文 2012-03-09

このことを私どもも、1年を経た今のときに十分にそのことを感じながら、そしてそれを他都市の方々、特にこれから発生が心配されておる南海地震とかああいうところの方々は、非常に不安に思っているわけです。そのときは、仙台市のこの経験を生かし、仙台市民もみんな対応できるような、何かを伝えるべき。

岩沼市議会 2008-12-09 平成20年第5回定例会(3日目) 本文 2008.12.09

また、我が会派・岩沼政策フォーラムでは、南海地震南海地震が、マグニチュード 8.4前後の地震が30年内に50%、50年内に80〜90%の確率で発生すると言われております高知県香南市に行政調査を行いました。これを踏まえまして、防災対策について一般質問を行います。よろしくお願いいたします。  1番目に、自主防災組織について。  

  • 1