108件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

気仙沼市議会 2019-09-24 令和元年第104回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年09月24日

本市は、震災以降、三菱UFJリサーチ&コンサルティングとのネットワークを築いてきており、また本新設法人代表理事に就任する東京大学の柳川範之教授、本取り組みのアドバイザーで、会津若松市でスマートシティを実践しているアクセンチュア株式会社の社長も相次いで本市を訪問し、本市との連携の打診も受けていることから、本市としてはその設立趣旨に賛同し、活動に参加するため賛助会員として入会することとし、スマートシティ

気仙沼市議会 2018-12-18 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日

これらのことを受けて、経産省で数々の社会問題にかかわってきた東京大学の坂田教授は、一つの結論というか、この人の視点ですけれども、病院を建てたり、医療を充実させることも大事だが、図書館とか学校司書を充実させることのほうがコストがかからなくて、より健康を目指せるのではないかという利点を指摘しております。  

栗原市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年09月21日

次に、アドバイザーについてでありますが、汚染牧草処理に係る実証実験業務においては、東京大学名誉教授眞鍋昇先生と京都大学名誉教授松井三郎先生、国立研究開発法人日本原子力研究開発機構福島環境安全センター環境回復推進グループサブリーダーの加藤貢先生に評価アドバイザーを依頼し、実験施設本体と実験内容の調整に係るアドバイスや減容化物に係る発酵工程、測定項目、測定方法及び分析項目に対するアドバイスなどをいただいております

大河原町議会 2018-06-01 平成30年第2回定例会(6月会議)(第2号) 本文

町内の小中学生を対象にした調査データはありませんが、東京大学社会科学研究所が行った「子どもの生活と学びに関する親子調査2016」があります。「政治のことは難しくてよくわからない」という設問に「そう思う」と「まあそう思う」の比率が小学4年生から6年生は81.7%、中学生は79.1%、高校生は76.4ぱとなっております。

石巻市議会 2018-02-22 02月22日-施政方針に対する質疑-02号

また、多様な地理空間情報を集約するG空間情報センターの情報についても活用方法の検討を東京大学との共同研究により進めております。 次に、交流人口から定住人口へどう誘導させていくのかについてでありますが、さまざまな交流をきっかけに本市への移住を考えている方々に対して移住相談窓口である移住コンシェルジュを通し、仕事や生活等の移住情報や移住者の希望するニーズに対応した定住促進を行っております。

仙台市議会 2018-02-21 平成30年第1回定例会(第4日目) 本文 2018-02-21

東京大学大学院総合文化研究教授で「無電柱革命」の著者である松原隆一郎さんの話によりますと、日本大東亜戦争以前昭和十年代に電線地中化を試みたことがあり、東京都文京区周辺の西片町で地中化が広がっていたとのことです。また、当時、日本満州国で長春という町をつくる際、日本都市計画家たちは、明治以降、国内で電柱を立て続けていた反省を踏まえ、長春では電柱は地中化したとのことです。

気仙沼市議会 2018-02-09 平成30年第95回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年02月09日

大学研究機関等との連携と誘致については、東京大学東京海洋大学東北大学明治大学、立命館アジア太平洋大学、宮城大学、宮城教育大学、お茶の水女子大学及び青山学院大学と連携協定を結んでおり、これらの大学協力のもと、教育文化振興のみならず、まちづくりや産業振興にもつながる取り組みを進めてまいります。  

角田市議会 2017-12-21 平成29年第391回定例会(第3号) 本文 2017-12-21

私、こういう準備する中で、汐見稔幸という東京大学名誉教授がこういうことを言っているんですね。「人生を豊かにする学び方」、全体に敷衍しますけれども、本当の学びというのは、「端緒知」というか、最初にいろいろなことを疑問に持つと。それから、実践して、調べて、深める「実践知」。それから、それを骨肉化して「人格知」。この3層に学びが成り立っているという話なんですね。もっともだなと思うんですよね。

仙台市議会 2017-09-26 平成28年度 決算等審査特別委員会(第3分科会) 本文 2017-09-26

この点については私は何回か質問をいたしておりまして、過去において例えば徳島県で国内の宿泊客をふやすために、コンベンション誘致の推進を目的とする商工会議所国立大学など産学官290団体からなる協議会を設立して、情報交換や商品開発、産業観光ツアーのパッケージ化など、誘致推進に向けた施策が検討、実行されているとか、沖縄沖縄観光コンベンションビューローが予算2000万円をかけて、7月、8月にかけて東京大学

気仙沼市議会 2017-02-23 平成29年第89回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年02月23日

例を申し上げますと、東京大学海洋アライアンスでは海洋教育促進研究拠点として本市教育委員会が全国14拠点のうちの1つに指定され、面瀬小学校を会場に海洋教育こどもサミットを開催したり、宮城教育大学ではESD(持続可能な開発のための教育)に、お茶の水女子大学からは幼児教育の分野に継続的に指導助言をいただいております。  

栗原市議会 2017-02-22 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年02月22日

議員の皆様方にも、東京大学学部の農場に行っていただきたい、検査結果を見てもらいたい、議場でそういうお話をさせていただきましたし、現実に東京大学、あるいは京都大学の松井先生、皆さんお出でになって意見交換もさせていただいた中で、いかに減容化が今一番その中で優位であるということだけは、私は信念として持っているところであります。  その理由は、今混焼という話がトップから出ているわけですね、首長会議で。

仙台市議会 2017-02-16 平成29年第1回定例会(第3日目) 本文 2017-02-16

内閣府を中心に、防災推進協議会防災推進国民会議の主催でありますが、昨年八月二十七、二十八日の東京大学で開催した第一回は、来場者が約一万二千人に上ったようであります。世界防災フォーラム、そして防災推進国民大会における本市のかかわり、そして役割についてお尋ねいたします。  今定例会に、議員提案の仙台市防災減災のまち推進条例が上程されております。

気仙沼市議会 2017-02-10 平成29年第89回定例会(第1日) 本文 開催日:2017年02月10日

大学研究機関等の連携と誘致については、東京大学東京海洋大学東北大学明治大学、立命館アジア太平洋大学、宮城大学、宮城教育大学、お茶の水女子大学及び青山学院大学と連携協定を結んでおり、これらの大学協力のもと、教育文化振興のみならず、まちづくりや産業振興にもつながる取り組みを進めてまいります。  

栗原市議会 2016-12-15 平成28年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2016年12月15日

次に、放射性セシウムによる農産物風評被害についてでありますが、今回の実験ではアドバイザーの京都大学松井名誉教授から、「減容化による環境への影響がなく、また、植物への放射性物質の移行が非常に低いことが立証され、安全で確実な処理方法である」、また東京大学眞鍋名誉教授からは、「全ての試験区で放射性物質が検出されることがなく、安心が実証された」と、それぞれ評価をいただいておりますので、安全な処理方法だと考

栗原市議会 2016-09-23 平成28年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2016年09月23日

次に、市ではどれだけの情報収集をなされたかについてでありますが、平成26年10月29日に私がみずから茨城県笠間市にある東京大学大学院附属牧場を訪問し、微生物を活用した堆肥化実験並びに製造堆肥による植物育成実験を視察しており、翌月の11日には職員環境省福島県南相馬市で行った、捕獲イノシシの微生物による減容化システムの視察に派遣しております。