運営者 Bitlet 姉妹サービス
1938件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-21 角田市議会 平成30年第395回定例会(第5号) 本文 2018-12-21 まず初めに、議案第71号 角田市育英会奨学金基金条例の制定についてでありますが、角田市育英会(以下「育英会」と言う)は、昭和35年12月に市内の篤志家の御寄附をもとに設立され、向上心のある優秀な学生であって経済的な理由で修学が困難な方に奨学金を貸与し、有能な人材を育成することを目的に、無利子奨学金の貸与事業を実施してきました。   もっと読む
2018-12-20 角田市議会 平成30年第395回定例会(第4号) 本文 2018-12-20 昭和51年度に供用開始でありますから、相当長い歴史のある公園であります。このメーンとなっている、私は「台山宇宙の丘」と勝手に呼んでおりますけれども、あそこに建っている3点セット、これを活用しての宇宙っこまつり、宇宙クリスマス、あるいは台山サウンドフェスティバル、年間3万人の方々に利用していただいておるところであります。   もっと読む
2018-12-19 角田市議会 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19 第1点は、皆さん方も新旧対照表を見ていただきながら聞いていただきたいんだけれども、現行の第1条の趣旨について、「この条例は、児童福祉法(昭和22年法律第164号。以下「法」という。)第24条第1項の規定に基づき、保育所における保育の実施に関し必要な事項を定めるものとする。」との条文中の「保育所における」のみでは、保育所の名称、位置、定員の記載が必要ではないかと。 もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 トンネルを掘り終わった瞬間に、昭和18年の戦争関係で、あのトンネルで鉄道を敷かなくなったんですよ、あの三陸鉄道、気仙沼線は。あの松岩のトンネルは戦前に掘られたんですよ。だから、何があるかわからないです、世の中というものは。  ですから、平成32年、平成32年と言うけれども、早目早目に手を打って、大谷漁港なども完成させてほしいと思います。   もっと読む
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 明治以降、西洋紙の普及とともに、寒い中での重労働である和紙の生産は廃れていきましたが、昭和の初めに紙すき農家であった鷹巣の遠藤さんが紙すきを再興し、白石和紙の生産を復活させられました。その後、奈良の東大寺でのお水取りで着用する紙衣の原料として納めるようになり、白石和紙の品質のすばらしさが全国に知れ渡ることになりました。   もっと読む
2018-12-13 角田市議会 平成30年第395回定例会(第2号) 本文 2018-12-13 角田市の育英会におきましていわゆる医学部枠を創設したのは昭和51年度からでして、その際の当時の育英会の議論の中では医師あるいは歯科医師を目指す学生を応援しようというものであったと承知しています。   もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第4号) 本文 大河原町農業振興地域整備促進協議会条例につきましては、昭和46年9月に施行したものであり、農用地の整備等に関する協議会条例でいわゆるハード部分となっております。また、大河原町農業再生化会議条例につきましては、農政に関する施策等について調査、研究、審議行い、本町農業の活性化を図ることを目的に平成28年4月に施行したものであり、農業施策に関するソフト部分を担っているところでございます。   もっと読む
2018-12-01 大河原町議会 平成30年第4回定例会(12月会議)(第2号) 本文 福田地区の町有地約21ヘクタールは、西部総合運動公園用地として昭和58年3月に1億6,373万円で購入しましたが、35年間ほど塩漬け投資になっております。  これまで、メガソーラー企業から町有地の賃借の申し出があり、町の負担がないことから検討を進めたこともありましたが、東北電力との系統連系などの問題からこの計画は白紙となりました。   もっと読む
2018-12-01 美里町議会 平成30年度12月会議(第3号) 本文 指定管理者候補者であります本小牛田推進協議会は、昭和48年に宮城県のコミュニティ対策事業のモデル地区として指定を受け、昭和49年に本小牛田コミュニティ推進協議会として発足しました。よりよい地域づくりを目指して、牛飼公園においてちびっ子相撲大会を含めた夏祭り、秋には収穫を祝う秋祭りの事業を地域の方々の協力のもとに行ってまいりました。 もっと読む
2018-09-28 角田市議会 平成30年第394回定例会(第5号) 本文 2018-09-28 人口が減り、財政的にも厳しい角田市として、前述しました9月定例会での市長、教育長の答弁に危惧し、以上の発言となりましたけれども、昭和30年代、農業基本法の施行後に角田市の当時のような人口が減り、金の卵と言われて、全て学校を出れば首都圏の方向に向かって蒸気機関車に、夜行列車に乗って出かけるという、こういうことが非常に人口が少なくなった原因であります。 もっと読む
2018-09-27 角田市議会 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27 学校間の交流は昭和50年ころから続いており、相互に自然な形でともに学ぶ環境があります。同小学校は、本年より3カ年にわたり、宮城県教育委員会より「宮城県特別支援教育将来構想」の学校づくりの取り組みとして「共に学ぶ教育推進モデル事業」の指定を受けましたが、指導に当たる専門監より非常に高い評価を受けているそうです。  また、敷地内に角田市立枝野幼稚園があり、幼稚園児ともともに学ぶ環境にあります。 もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 昭和8年の津波は、明治三陸津波と連動したアウターライズ型地震津波だというものが定説となっています。この2つの大震災の間には37年の歳月が流れました。  同じサイクルで来るなら、あと30年間に100%に近い確率になるわけですが、突然襲う津波想定確率をどのように捉え、市民周知をするのかお伺いします。  次に、津波死ゼロのための看板設置について伺います。   もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 震災前は、昭和51年に旧牡鹿町、現在の石巻市谷川浜に宮城県栽培漁業センターとして整備されて以来、県の栽培漁業の重要な拠点として、アワビやクルマエビ、ヒラメなどの種苗生産を担ってまいりましたが、東日本大震災の津波によりまして全壊する被害を受けております。 もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 次に、旧市立病院跡地の利活用についてでありますが、気仙沼市立市民病院建設事業基本構想・基本計画の跡地利用計画においては、昭和56年の新耐震基準以前に建設された外来診療棟を含む南病棟部分は解体撤去し、管理棟及び増築棟は残すこととしておりました。   もっと読む
2018-09-19 大河原町議会 2018年9月19日 平成30年決算審査特別委員会(第4号) 本文 昭和43年ぐらいに建設した鉄骨なんですね。で、何というんですかね、暖房の設備とか全然ないんです。ですから、あそこの施設を行政の目的のために使用となれば、かなりの金額になるんだろうなというふうに思っております。 もっと読む
2018-09-12 角田市議会 平成30年第394回定例会(第2号) 本文 2018-09-12 市道駅前大沼線の道路整備につきましては、昭和59年度に用地買収の交渉を実施しております。長泉寺所有の角田市角田字寺前216番地の一部、100平方メートルについては、土地売買の承諾が得られず、道路として利用する了解を得て道路整備を実施し、現在に至っております。近年、再度、用地交渉をいたしましたところ、土地売買について御了解が得られたことによりまして、今回、委託料を追加するものであります。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文 しかし、6次計画に至るまで、これまで5度の基本構想・基本計画の期間であった47年間、昭和と平成時代の2度にわたるオイルショックや、平成に入ってからリーマンショック、超少子高齢化社会・人口減少社会の到来、東日本大震災、働き方改革等による社会情勢の著しい変化、災害、気候変動、多様化する住民ニーズを踏まえ、長期総合計画の検証結果を広く知らせるという説明責任を果たしてきたのか疑問であるとの声が、町民からも寄 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 町長の提案理由にもありましたとおり、ふるさとふれあい21(FF21)基金は、昭和63年にふるさと創生資金として全国市町村に交付された1億円の交付金を原資とした果実運用型の基金であります。設置から30年を経過しております。   もっと読む
2018-09-01 美里町議会 平成30年度9月会議(第3号) 本文 第1条は、「工場立地法(昭和34年法律第24号)」の後ろに、「(以下「法」という。)」を加え、2行下の「運輸省告示第1号」の後ろに、「(以下「法準則」という。)」という字句を加えます。  第2条は、「工場立地法」を「法」と字句を改めるものであります。  第3条は、表を改めるものであります。現行の丙種区域については適用区域外となります。 もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第1号) 本文 ふるさとふれあい21基金は、昭和63年にふるさと創生資金として全国市町村に交付された1億円の交付金を原資とした果実運用型の基金であります。  この基金は、「個性豊かな生きがいのある魅力的なまちづくり」を目指し、白石川水環境の活性化を目指すウオータープラン21に関する事業や仙南芸術文化センターへの出損金などに活用してきたところです。   もっと読む