51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年02月25日

今、国民金融公庫から日本政策金融公庫と名前が変わって、こういうあり方なんですが、前は、この部分は、市では取り扱っていなかったという中で、また調達の機会がしやすくなるということを、今回、採用させていただきました。各商工会からの要望事項でもありましたし、それから、さきの議会でも佐藤範男議員からも御指摘があったとおりでございます。

仙台市議会 2018-11-21 経済環境委員会 本文 2018-11-21

本市でもかつて日本政策金融公庫人事交流したという話も伺っているわけでありますけれども、そういったことも考える一つの方法かなというふうに思いますし、あとは、新潟市では航空機産業のところ、かなり特化した物づくり産業のところを視察してきたんでありますけれども、ここも新潟市企業立地課航空産業立地推進室の担当者の方は中小企業診断士資格もお持ちで、同じ部署で13年間勤務されているということで、本当に相当のスペシャリスト

仙台市議会 2018-09-10 平成30年第3回定例会(第2日目) 本文 2018-09-10

日本政策金融公庫仙台支店が発表した、四月から六月の東北企業動向調査で、東北中小企業一千百五十一社を対象にした結果では、従業員二十人以上の中小企業の景況感を示す業況判断指数は、前期比で一・四ポイント減のマイナス五・二でした。製造業が五期ぶりにマイナスに転じるなど、製造業、非製造業ともに悪化し、全国九地域でマイナスとなったのは東北のみとなりました。

大崎市議会 2016-09-28 平成28年度 決算特別委員会-09月28日−04号

あとそれから、借り入れの状況の窓口という部分でございますが、基本は先ほど申し上げましたように、JAもしくは日本政策金融公庫のほうに申し込みをいただくという形の流れとなっておりまして、その中で審査をしていただいて、その後に内容の審査は市の農林振興課のほうに来るという流れとなっているところでございます。  以上です。 ○委員長(氏家善男君) 青沼委員。

大崎市議会 2016-06-21 平成28年 第2回定例会(6月)-06月21日−02号

内訳につきましては、県の災害対策資金を申請された方が3者、それから残りの6者が日本政策金融公庫災害貸付を御利用された利用者ということでございます。 ○議長(門間忠君) 遊佐辰雄議員。 ◆13番(遊佐辰雄君) 利率は。 ○議長(門間忠君) 宮川商工振興課長。 ◎産業経済部商工振興課長宮川亨君) お答えをいたします。  

角田市議会 2016-06-21 平成28年第383回定例会(第2号) 本文 2016-06-21

市内の創業支援にかかわる関係団体等がそれぞれ保有する機能、例えば市であればワンストップ相談窓口、日本政策金融公庫であれば資金融資支援など資金調達に関する支援施策の紹介や資金繰りなどの相談支援、角田市商工会であれば創業相談窓口、市内金融機関であれば資金融資支援、市内創業支援事業者であればコワーキングスペース運用などを発揮するとともに、不足している支援・サービスを関係団体との連携強化によって補うための創業支援協議会

大崎市議会 2015-12-02 平成27年  産業常任委員会-12月02日−01号

大きくは2つということで、日本政策金融公庫の資金についてということで、これについては施設の復旧等ということで農林漁業施設の資金、さらには農業近代化資金、運転資金としては農林漁業セーフティネットの資金がございまして、これについては貸し付け初年度については5年間貸し付け利率が無利子となるということでございまして、低利の利子で借りることができるということです。  

大崎市議会 2015-06-18 平成27年 第2回定例会(6月)-06月18日−01号

産業経済部商工振興課長(後藤壽君) 昨年度の新規の受け付けは、26年度当初は、私どもは70件程度は申請が上がるのではないかということで準備をさせていただいていたところだったのですけれども、実際は県の融資を受けた方がゼロ件、そして日本政策金融公庫融資制度が48件にとどまっております。

大崎市議会 2015-03-03 平成27年度 予算特別委員会(2月)-03月03日−05号

資金の実績につきましては、この青年就農給付金、その際に改良普及センター、JA等と連携して集中的にかかわりを持たせていただいておりますが、取り扱い金融機関日本政策金融公庫ということもございますが、現在その給付金とあわせてそういう資金の実績がこれから伸びるものかなというふうに考えてございます。  以上でございます。 ○委員長(佐藤勝君) 青沼智雄委員。

大崎市議会 2015-02-23 平成27年 第1回定例会(2月)-02月23日−03号

日本政策金融公庫の資金繰り支援については、女性等による創業や円滑な事業承継などに取り組みます。NPO法人等に新たな事業、雇用の担い手に対応した融資を促進するものでございます。そういった意味で、運転資金として、セーフネットに対しまして、継続拡充に対しては金利を最大で0.6%の引き下げです。そして、小規模事業者に対しましては最大で0.8%引き下げるものでございます。

角田市議会 2014-12-18 平成26年第374回定例会(第3号) 本文 2014-12-18

また、県の各振興事務所農林振興部や日本政策金融公庫などにおいては、営農継続を支援するための相談窓口を開設するとともに、JAみやぎ仙南においては、今回の米価下落に対し無利子による緊急対策つなぎ資金をいち早く造成し、今後の農業経営の安定を図るため、運転資金の貸し出しを進めているところであります。  

岩沼市議会 2014-09-24 平成26年第4回定例会(6日目) 本文 2014.09.24

企業│ │  │    │ 立地計画」の承認を受けた事業者が行う設備投資は、税制上の措置が講│ │  │    │ じられ(機械15%、建物8%の特別償却)、設備資金及び長期運転資金│ │  │    │ として低利融資制度(取扱金融機関日本政策金融公庫)を設けてい │ │  │    │る。                               

大崎市議会 2013-06-24 平成25年 第2回定例会(6月)-06月24日−05号

日本政策金融公庫仙台支店のまとめの報道がありました。それによりますと、前年度対比件数で7.5倍、194件、融資総額は36倍で50億9,500万円と急進したとありました。2012年7月に国の固定価格買い取り制度が導入されて太陽光発電装置等の設置が進んだものと思われます。また、東日本大震災で非常用自家発電の必要性が認識されたものとありました。