146件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2019-12-12 令和元年第400回定例会(第2号) 本文 2019-12-12

人材を発掘できる可能性があるという、全て、当然、可能性の話なんですけれども、その方法について、御回答をお願いいたします。  実際、現場ではそういったことというのはずっとやってこられたんだろうと。そういった中で、各自治センターセンター長職員というのは大分御苦労なさっている。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  交通政策調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

・先にバス停で待っている乗客を獲得するのがバス会社にとって収入を得るための   一番短絡的な方法だが、それを繰り返していくと、すごく本数が来る時間帯も   あれば、本数が余り来ない時間帯もあるということになる。本数がたくさん走っ   ているということはコストもかかっているのに、実は利便性は悪いという状況に   なってしまう。

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  交通政策調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

・先にバス停で待っている乗客を獲得するのがバス会社にとって収入を得るための   一番短絡的な方法だが、それを繰り返していくと、すごく本数が来る時間帯も   あれば、本数が余り来ない時間帯もあるということになる。本数がたくさん走っ   ているということはコストもかかっているのに、実は利便性は悪いという状況に   なってしまう。

仙台市議会 2019-01-23 地域経済活性化調査特別委員会 本文 2019-01-23

ただ、最後のまとめのところで、真ん中の辺の、当局におかれましては、まず本市の地域企業が直面している課題ニーズというところ、地域企業が直面しているニーズというのは、方法とかそういうのはいろいろオカビズの話でありますとかそういうところで、企業が伸びるためにはどうするかっていうのはあるんですけれども、抜本的な課題、今よく言われてるのは人手が足らないということがよく言われますけども、働き手にとってですね

大崎市議会 2018-12-12 12月12日-03号

その際、大規模改修を行って国交省等に借りていただくのも一つ方法だというか、考え方だという答弁があったと、私は記憶しているのです。ですから、このタイミングで利活用の案を具体的に予算づけされているという部分からすると、何か進めてきたのが逆戻りさせてしまうような感じもするのですが、逆戻りしてしまうとなかなかいろいろなことに影響が出てくるというふうに思うのですよ。 

角田市議会 2018-02-28 平成30年第392回定例会(第2号) 本文 2018-02-28

先ほどの御答弁で、改めて、有資格者であるということですから、人材発掘をしていくという御答弁でありましたが、2カ年にわたってこういう課題が横たわっている現状を踏まえて、これからどのような人材発掘をしていくのかという、その方法について再質疑をさせていただきたいと思います。  次の農業委員会委員報酬及び農地利用最適化委員報酬についての件について再質疑をさせていただきます。  

角田市議会 2017-12-21 平成29年第391回定例会(第3号) 本文 2017-12-21

方法として、具体的にどうなっていくのかということについては地元方々等の御意見をいただきながら進めてまいりたいと思いますが、いずれにしても用地が絡んでまいる仕事でありますので、地元方々の御協力をいただきながらこの仕事を進めてまいりたいと思っているところであります。

石巻市議会 2017-12-20 12月20日-一般質問-05号

◆29番(後藤兼位議員) 当局のこの問題について、将来を見据えたまちづくりの施策、方法を私は期待しておきたいと思います。 次に、保育所の関係でございますが、子育てを支援する環境整備等について質問をしたいと思います。待機児童が60人ということでございました。今後の待機児童対策、これについて御説明をいただきたいと思います。 ◎庄司勝彦福祉部長 お答えいたします。 

大崎市議会 2017-12-20 12月20日-06号

そこで、なぜそういうふうなことをしなくてはいけないかということは、いろいろな方法があるのですが、今、小1プロブレムという言葉がありますね。これは、小1プロブレムです。ちゃんとプロブレムと表現されているのです。これは何のことはない、小学校1学年の生徒が、児童が、学校生活に適応できないために起こす問題行動なのです。

仙台市議会 2017-12-18 平成29年第4回定例会(第5日目) 本文 2017-12-18

これについてどういうアプローチをするかということになりますが、方法としては二つあろうかと思っています。今、御提案のございました既存の県条例迷惑行為防止条例適用範囲をこの部分まで拡大をするというのと、あともう一つは、先ほど御答弁申し上げましたように、仙台市独自の条例を制定するという二つがございます。

石巻市議会 2017-03-13 03月13日-一般質問-10号

阪井聡至復興担当審議監 やはり石巻市の業者の皆様、まだまだその輸出に関しての知見であったりノウハウ、あるいは実績というのが少ない中で、おっしゃるとおり輸出に関しての歴史や経験のある商社は日本にたくさんありますし、海外でもたくさん大手と言われるような商社はたくさん活動していらっしゃいますので、そういった方々と連携をしていくというのは一つ方法だと思います。