641件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2020-02-19 令和2年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2020年02月19日

4点目は、新幹線の騒音対策への対応はどうだったのかということについて伺います。  平成30年度版の宮城県環境白書によりますと、平成25年から29年までの新幹線鉄道騒音測定結果が記載をされております。その内容を見ますと、環境省が定める基準値である75デシベルを超えている測定点が、宮城県内では13測定点中9地点あります。

栗原市議会 2019-12-11 令和元年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年12月11日

また、これまでの経過を整理したところ、本路線につきましては、旧栗駒町から重点プロジェクト事業として新市に引き継がれ、合併後において栗駒・鶯沢地区から東北新幹線くりこま高原駅へのアクセスを図る道路として、また将来的には物流、観光に資する重要な路線としての整備効果が期待をされ、総合計画に位置づけた事業であると、答弁内容を整理・確認しております。

栗原市議会 2019-10-03 令和元年第3回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年10月03日

2番(小野久一議員) 2回目ですけれども、今委員長がおっしゃられたのは、3月と5月に深夜における新幹線走行試験の意見交換会というのが開かれたということは聞いておりました。そして、市長が4月には新幹線試験電車を使用した走行試験に関する要望書を、栗原市からJR東日本に出されていると。

栗原市議会 2019-09-24 令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019年09月24日

2款1項6目企画費の中核機能地域開発基本構想策定業務については、東北新幹線くりこま高原駅周辺から築館宮野地区までの地域を、新たな交流やにぎわいを創出する拠点として開発するための基本構想を策定しております。  次に、主要施策の成果37ページ、決算書は同じく105ページから108ページをごらんいただきます。  

白石市議会 2019-09-19 令和元年第437回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-09-19

本市は、新幹線高速道路交通インフラもよく、気候も穏やかで自然災害も少ないまちであります。歴史と伝統文化に支えられ交通の要衝として栄えてまいりました。一時は10万人都市もささやかれ仙南の中心都市として期待されました。  しかし、現在、少子高齢化人口流出の影響による消滅可能性都市が危惧されておりますが、そんな中においても郊外集落はしっかり形成されております。  

栗原市議会 2019-09-19 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月19日

そして、東北新幹線にも10月1日より軽食としてこのだて正夢が利用されるようでございます。  米どころ宮城は、さらに新品種金のいぶきも令和2年産、250ヘクタール分の種子を今見込んでおります。  栗原市はJA新みやぎと今後の厳しい状況に置かれようともしっかりと連携し、スケールメリットと生かす努力をすれば未来運営にも期待できるものと思います。  以下についてお伺いいたします。  

栗原市議会 2019-09-13 令和元年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年09月13日

環境課長(佐々木武美) 実際に私が確認したのは新幹線の側道なので、真下になるんですけれども、その騒音と振動ということなんですけれども、私もその新幹線から家は近いんですけれども、通常生活している中で感じているのは、新幹線からある程度距離が離れておりますので、それに比べてというふうな形では、特には考えはしなかったんですけれども、その新幹線の真下にいたときの感じとしては、最初から情報として、走る速度下り

栗原市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年09月10日

白石市と栗原市は、宮城県の南と北の県境に位置しており、人や物流の大動脈である国道4号を初め、東北自動車道東北新幹線などの高速交通網を生かし、企業誘致や子育て支援、移住・定住及び自然や温泉を生かした観光振興の施策推進など、取り組みの方向性も類似しております。  

栗原市議会 2019-08-27 令和元年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年08月27日

相馬議員は、今のALFA-Xは、相馬議員もご承知のとおり、騒音対策に向けていろいろノーズって、新幹線の鼻の部分ですね、あれを長くしたり、車輪のところに防護をして音を出なくしたりとか、いろいろやられているようなんですけれども、相馬議員は実際にそのALFA-Xの騒音と、音と、今走っている新幹線の音とを比べたときに、ALFA-Xのほうがうるさいんだと、騒音が大きいんだという認識といいますか、確認をされているんですか

栗原市議会 2019-07-24 令和元年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年07月24日

今回のこの新幹線ALFA-Xの夜間走行試験に係る対応経過でございます。  まず、ことしの1月29日にJR東日本から栗原市に対しまして、この夜間試験走行の概要の説明がございました。また後日、この同じ内容を本市の志波姫地区東北新幹線沿線公害対策議会のほうへ説明するというのも、この1月29日にこちらにお知らせをいただいております。  

栗原市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月19日

そして2031年春ごろまでに北海道新幹線は札幌まで延伸し、完成を予定しているようでございます。  3月10日、20人参加の志波姫地区新幹線沿線公害対策議会とJR東日本の意見交換がありました。住民より騒音、振動を懸念し、昼間の実施を要望されました。3月19日には大崎市古川の沿線住民も高速化により騒音、振動を理由に減速運転を要望されておりました。

仙台市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 2019-06-14

仙台から出雲への時間短縮効果は、これまでの伊丹空港経由で約四時間、東北新幹線を利用し羽田空港経由で約五時間であったのが、直行便だと仙台から出雲まで一時間三十分、およそ往復一万八千円と、大幅に時間も短縮され、費用もリーズナブルになりましたが、まだまだ知られていない点が課題で、今後、認知度を上げる取り組みが必要だと感じています。  

栗原市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年02月25日

それから、くりこま高原駅の新幹線ですね、あそこの線路の、およそですが、200メートル西側に、あそこに大きい市の看板がありますが、内容は近くに行って確認してるからわかるんです。「腹ん中 熱っつぐ熱っつぐ」これね、観光客、何のことだか、新幹線からアルファベットみたいな流れた文字で、何書いてあるかわからないんですよね。