運営者 Bitlet 姉妹サービス
799件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 角田市議会 平成30年第395回定例会(第4号) 本文 2018-12-20 ちょっと、資料を若干今読み上げさせていただきますが、文部科学の義務教育段階の特別支援教育の現状、平成11年から平成28年、この比較という資料が実はありました。それによれば、これは教育長、よくお話しになるところがあったと思いますが、支援が必要な児童生徒数は、特別支援学校ではこの10年間で1.3倍、小・中学校の特別支援学級は2.1倍、通級による指導は2.4倍増加しています。 もっと読む
2018-12-19 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年12月19日 重要事業に対する市長の取り組み姿勢についてでありますが、ILC(インターナショナルリニアコライダー)誘致活動への取り組み姿勢については、本年7月4日、文部科学の国際リニアコライダー(ILC)に関する有識者会議において、ILC計画見直し後の最終報告書が取りまとめられ、同省から国際リニアコライダーに関する審議依頼を受けた日本学術会議は、同月26日、国際リニアコライダー計画の見直し案に関する検討委員会を もっと読む
2018-12-19 角田市議会 平成30年第395回定例会(第3号) 本文 2018-12-19 ◎7番(武田 曉) 文部科学で出しております公立小学校・中学校の適正規模・適正配置等に関する手引というものがございます。この中にも、地域コミュニティーの重要性というものも記載しておりますし、特に学校統廃合の際には、地域の方々と綿密な意思疎通を行って、時間もかけて合意形成をしていくと。その中で、建物自体の利活用というものも考えていくべきだということが明記されてございます。   もっと読む
2018-12-18 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年12月18日 東日本大震災以降、子供たちの学習環境の変化や生活環境の変化によって、減少傾向にあった不登校の児童・生徒が平成25年以降、平成29年までふえ続けていることが、ことし10月25日に発表されました文部科学の「平成29年度児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査結果」によって、またマスコミ報道などによって明らかとなっております。   もっと読む
2018-12-18 白石市議会 平成30年第433回定例会(第4号) 本文 開催日:2018.12.18 文部科学が本年10月25日に公表した児童生徒問題行動・不登校調査によると、全国の国公私立小中高・特別支援学校が2017年度に認知したいじめは、前年度より9万1,235件増の41万4,378件で、過去最多を更新しました。 もっと読む
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 これはパソコンの操作やプログラミング言語の習得というよりは、論理的思考を養うことに力点が置かれていると、文部科学の資料ではそのように書かれておりますけれども、本市の小学校では準備が進んでいるのでしょうか。教える人材や指導内容など、課題や方針について市の考えを伺います。  大項目2点目については以上です。 ◎議長(菅原清喜君) 7番熊谷一平君の質問に対し当局の答弁を求めます。 もっと読む
2018-12-17 白石市議会 平成30年第433回定例会(第3号) 本文 開催日:2018.12.17 文部科学は、平成31年度予算概算要求において、公立学校施設の安全対策、防災機能の強化等の推進に本年度の約3.6倍の額を盛り込んでおりますが、この中に災害時に避難所としての役割を果たす学校施設の防災機能の強化として、エアコン等の空調設備の設置を見込んでおります。もちろんこの要望書の中にはほかの事業もさまざま入ってはおります。   もっと読む
2018-12-01 美里町議会 平成30年度12月会議(第1号) 本文 現在、グラウンドや校庭の土等のいわゆる表土については、国の暫定規制値がありませんが、土の採取日と同じ月の町内小学校、中学校、幼稚園などの校庭等における空間放射線量等の最大値は1時間当たり0.06マイクロシーベルトで、文部科学が示した校庭、園庭の空間放射線量率の目安である1.0マイクロシーベルトを下回っております。 もっと読む
2018-09-27 角田市議会 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27 基本的には、文部科学がお示しした平成27年の適正規模・適正配置に関する手引というものの、その作業スケジュールといいますか、丁寧に現状を分析し説明をさせていただき、アンケートをとらせていただいて議論をしようじゃないかという手法で、今回の検討委員会を設置させていただきましたが、御質問のありました適正規模・適正配置は両面を兼ね備えております。 もっと読む
2018-09-27 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年09月27日 気仙沼市教育委員会が実施した教育懇談会で配付したメリット・デメリット説明資料には、「文部科学手引引用」とのただし書きが記載されています。しかるに、内容は手引の引用ではなく、気仙沼市教育委員会の作文になっています。丁寧な説明をすると言う一方で、偽造公文書で説明してきたことは許すことができません。これから開く教育懇談会において、偽造文書で説明してきたことを謝罪すべきではありませんか。 もっと読む
2018-09-26 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年09月26日 特に文部科学幹部職員汚職問題、前局長の大学裏口入学問題、本当に情けない話です。法令遵守を日々訓示している国家の事務職のトップクラスがこれでは、教育現場に示しがつくわけがありません。現場のモチベーションは下がる一方です。本当に毎日休まず働く学校現場の苦労をわかっているのでしょうか。全国の教育現場の問題を机上だけで済まし、心が伴わない教育行政の実態を暴露してしまいました。   もっと読む
2018-09-26 角田市議会 平成30年第394回定例会(第3号) 本文 2018-09-26 気象庁は「災害級」の危険な暑さと表現し、熱中症対策としてエアコンの積極的な活用が必要と言われておりますが、文部科学による小・中学校の普通教室のエアコン設置率の調査では、全国平均49.6%に対し、宮城県は4.1%と全国でかなり低い状況にあります。  8月、9月の新聞報道で、富谷市と大和町が小・中学校の全教室にエアコンを設置し、来年夏稼働に向け事業を進めております。 もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 また、文部科学では、2020年から学校でデジタル教科書を導入することやプログラミング教育を開始することなどを検討しています。これから子供たちは、このモバイル端末を手にする機会が圧倒的にふえる。なので、使用の管理という面でルールづくりが本当に必要だと考えています。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文 教室の望ましい温度につきましては文部科学が学校環境衛生基準により定めており、本年4月に「17℃以上、28℃以下」に改正されております。  この夏の猛暑のため、各学校では、扇風機や窓の解放による室内温度の改善を図るとともに、学校保健会が配置した熱中症指数を測定する機器を使用して、高温時は運動を伴う活動の制限など、可能な限り熱中症対策を実施しておりました。   もっと読む
2018-09-01 美里町議会 平成30年度9月会議(第6号) 本文 教育施設へのエアコン設置補助拡大を求める意見書(案)  文部科学は本年4月に学校環境衛生基準を改正し、教室の望ましい室温を「10~30度」から「17~28度」に変更いたしました。昨今の地球温暖化や異常気象により、エアコンの無い教育施設の室温は基準値を超えており、熱中症などの高温による健康被害がとても心配される状況が続いております。   もっと読む
2018-09-01 大河原町議会 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文 文部科学は、来年度、教員のかわりに中学校の部活動を指導する部活動指導員を公立中学校に1万2,000人を配置する方針を決めたようであります。  1)今現在、町内中学校の部活動指導員は各中学校に何人いるのか、いれば種目もあわせて伺います。  2)文部科学では今年度より人件費の3分の1の補助を始めていますが、部活動指導員の報酬及び時給を伺います。   もっと読む
2018-09-01 美里町議会 平成30年度9月会議(第2号) 本文 これらの事案を受け、文部科学では、7月18日付事務連絡として「熱中症事故防止について」を各都道府県教育委員会などに通達を行っております。  そこでお伺いをいたします。  1)本町教育委員会にも届いていると思いますが、その内容はどのようなものなのかお伺いをいたします。  2)その内容は、各小中学校には、いつ周知されたのかお伺いをいたします。   もっと読む
2018-09-01 美里町議会 平成30年度9月会議(第1号) 本文 文部科学で発表されています。部活動についてのあり方の部分についても報道があったようでございます。そういったことでありますが、やはり学校においてもその部における顧問という部分に関しても本当にその顧問がその部の全てを掌握しているかという、スポーツに関してでありますけれども、その部分にたけているのかということであると全てがそうではないというふうなところもあると思います。 もっと読む
2018-06-27 角田市議会 平成30年第393回定例会(第4号) 本文 2018-06-27 若干、当日お配りした資料の中にも、まず今、多分、小湊議員のお手元におありになるんだと思うんですが、平成27年1月に文部科学が出した「公立小・中学校の適正規模・適正配置に関する検討の手引」も、当日の配付資料として配付をさせていただきました。   もっと読む
2018-06-26 角田市議会 平成30年第393回定例会(第3号) 本文 2018-06-26 現在、これまでの外国語活動の教材や、新たに文部科学より示された教材を活用し、ALTとともに連携しながら各学校で指導に当たっているところです。角田市では、英語特区時代の指導経験のある教員がおり、外国語の指導のノウハウを伝えてもらってもおります。 もっと読む