889件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 1991-12-03 平成3年第4回定例会(第5日目) 本文 1991-12-03

市長は、昨日の答弁で、週五日制は、時の流れのように述べておりましたが、教師子供たちゆとりを持って学校生活を送るためには、制度としての学校五日制はもっと積極的な意味を持っていると思います。既に欧米諸国では、学校五日制は当たり前になっており、ゆとり教育活動の充実の基盤になっています。文部省は今年から、学校五日制の試行に取り組み、来年には月一回の実施に入ろうとしています。

仙台市議会 1991-06-21 平成3年第2回定例会(第6日目) 本文 1991-06-21

次に、第九十四号議案仙台市立学校職員退職手当条例の一部を改正する条例に関しまして、「現在、教師多忙化が社会問題となっており、市独自に退職金をふやす考えはないか。」という質疑があり、これに対しまして、「教員が非常に多忙である現状は承知しているが、この改正は、国に準ずるということと同時に、仙台市の職員と同様の待遇の改善を行うという内容でもあり、難しいと考える。」という答弁がありました。  

仙台市議会 1991-06-14 平成3年第2回定例会(第3日目) 本文 1991-06-14

一方、隣の教室授業の音や声が聞こえるという懸念もあるわけでありますが、これにつきましては、壁や床に吸音材を利用するなどの構造上の改善や、あるいはまた教師による学習指導上の工夫等により、これらの問題は解決されるというふうに考えております。なお、中学校におきましては、今のところ一斉授業が一般的でございますので、その導入については今後研究を進めてまいりたいというふうに考えております。  

仙台市議会 1991-03-08 平成3年第1回定例会(第6日目) 本文 1991-03-08

初任者研修のあり方については、教育現場からも強い批判が出されているものであり、仙台市が独自の工夫を行っている部分はあるにせよ、本質的に文部省の押しつけを変更するに至っていないものであり、真に学校教育に求められている方向での新任教師教育内容になっていないし、ましてその方法については、抜本的に改善する必要があります。関係する国庫支出金とあわせて反対をするものであります。  

仙台市議会 1990-12-06 平成2年第4回定例会(第3日目) 本文 1990-12-06

同時に、さきに宮城県が制定し、十月一日から実施された県の情報公開条例は、全国各都市のものと比較しても数多くの問題点を持っており、仙台市が条例を制定するに当たっては、こうした先例も反面教師として生かしていくことが大切であります。条例制定に向かって重要と思われる幾つかの点について、所見を伺うものであります。