37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

栗原市議会 2017-09-20 平成29年第5回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年09月20日

これは、政府内閣支持ね、全国1億2,000万人いる中で、2,000人RDD方式で電話かけて、回収率60%、たった1,200人やそこらで当たるんですよ。統計学とか確率の数学的なものというのはね。だから、多くの栗原、もちろん日本全体ですよ、こういう例は相当あることが実はわかっています。何とか地元にUターンしてほしいと、そこまで親は言っています。

気仙沼市議会 2014-09-26 平成26年第64回定例会(第4日) 本文 開催日:2014年09月26日

つまり、この支持は強度は30でないということです。この造成されたこの4ポイント、Sの4のポイントは30にならない。そして、もしおまけして51から一番上から下の22.5まで0.75キロ、これでも許容支持力は27.9、30にならない。つまり、契約の30N値にはこの場所はなっていないということです。

仙台市議会 2013-09-09 平成25年第3回定例会(第2日目) 本文 2013-09-09

有権者八十四万人のうち五十九万人が棄権し、投票率は前回の四四・七二%を大幅に下回る過去最低の三〇・一一%、政権支持なら危険水域すれすれの数字であります。宮城野区、若林区では三〇%を割りました。また、無効票が前回から倍増し、七千票以上もあったことは、投票所に足を運んだ上で、あえて候補者に投票しなかった有権者が大幅にふえたことを意味しています。

気仙沼市議会 2013-02-21 平成25年第51回定例会(第2日) 本文 開催日:2013年02月21日

都民の支持の低さが、福島原発による放射能汚染問題の未解決や東日本大震災の教訓を酌んだ防災震災対策を強く求めていることによるとの指摘もあります。  被災地気仙沼から応援のメッセージとの意味があるのでありましょうが、大型開発が東京で始まれば、被災地の復興がおくれることがあっても早まることがなくなるのではありませんか。  東日本大震災は国難であると規定していたはずであります。

気仙沼市議会 2011-03-08 平成23年第35回定例会(第7日) 本文 開催日:2011年03月08日

今、その公約が先送りされたことも支持の低迷に拍車をかけているようであります。  昨年12月には、「高齢者のための新たな医療制度等について」がまとめられましたが、その内容を見ると、国民健康保険の広域化に重点を置いた方針にすりかえられています。市民の命と健康を左右する問題を、市民の手が届かないところに置こうとするものであり、気仙沼市として反対の意見を述べることが求められています。

気仙沼市議会 2011-03-03 平成23年第35回定例会(第4日) 本文 開催日:2011年03月03日

当初は多くの国民の期待を背負って鳩山内閣がスタートいたしましたが、沖縄基地問題の迷走から1年もたたずに退任、昨年9月現菅内閣になったわけでありますけれども、最近の支持はマスコミ各社まちまちではありますが20%を切っているありさま、いつまでもつのか心配です。

栗原市議会 2011-02-24 平成23年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2011年02月24日

報道各社が今月中旬に実施した世論調査によりますと、菅内閣支持は20%あるいは19%となり、昨年6月の内閣発足以来最低となりました。何のための政権交代だったのか、民主党への期待は幻滅から怒りへと変わっております。多くの国民の中に、政治社会への深い閉塞感が広がっている今日の状況であります。  政権交代後わずか1年半で民主党政権は自民党政権とうり二つになってしまいました。

仙台市議会 2010-12-10 平成22年第4回定例会(第4日目) 本文 2010-12-10

十一月二十日、二十一日の両日に行ったFNNの世論調査では、内閣支持は二一・八%で、不支持は五九・八%に上りました。首相指導力への評価では、八四・五%が評価しないと答えています。また、中国漁船衝突事件のビデオ映像を早期に全面公開することが国益につながったと見る人が八割近くいて、民主党政権では主権を守れないとの懸念が広がっていることが明確に示されておりました。

仙台市議会 2010-12-08 平成22年第4回定例会(第2日目) 本文 2010-12-08

現在の政府の政権運営は、支持の低迷が示すとおり、国民生活に安心感どころか不安感を増大させていると言えるのではないでしょうか。  我が国の主権にかかわる尖閣諸島における中国漁船衝突事件領有権問題、ロシア大統領の北方領土訪問の問題、また北朝鮮による韓国砲撃事件、さらにはTPP参加問題など、秋以降は次々と政権担当能力が問われる事態の連続であります。  

仙台市議会 2010-09-16 平成22年第3回定例会(第6日目) 本文 2010-09-16

昨年の九月の政権交代により発足した鳩山内閣は、地域主権改革を一丁目一番地の重要政策課題と位置づけて、地域主権戦略会議の設置、地域主権改革推進一括法案等の国会提出など、その推進を図ってきたのですが、政治と金の問題や、普天間飛行場移設問題の迷走などで、内閣支持が低下したことから参院選の前に総辞職をし、本年六月八日に菅内閣に交代いたしました。

栗原市議会 2010-06-24 平成22年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2010年06月24日

昨年8月30日投票の総選挙において、長年アメリカ、財界言いなりの政治を続け、国民の暮らしをないがしろにしてきた自民党・公明党連立政権国民の厳しい審判を受け退場した後、新たに民主党を中心とする鳩山政権が誕生しましたが、就任当初は70%を超える内閣支持が、わずか8カ月で2割を切る内閣支持となり、自民党時代同様またまた政権投げ出しが起こりました。  なぜ退陣に追い込まれたのか。

仙台市議会 2010-06-18 平成22年第2回定例会(第6日目) 本文 2010-06-18

〔五十六番 大泉鉄之助登壇〕(拍手) 4: ◯五十六番(大泉鉄之助)政府提出法案成立率が五四・七%と戦後国会史上最低という数字が示すとおり、まさに政権交代による新しい政治への国民の期待も夢もいとも簡単に踏みにじられ、政治の劣化だけを見せつけた国会は、国民が最も求めていることへの審議を封じ込めたまま、ただただ与党民主党のせっかく回復した内閣支持が高いうちに参議院議員選挙を戦う方が得策との判断だけで

仙台市議会 2010-02-26 平成22年第1回定例会(第5日目) 本文 2010-02-26

しかしながら、取り上げたテーマや仕分け結果はまさに財務省主導であり、仕分けにより平成二十二年度予算を削減できたのは一兆円にも遠く及ばず、その後の予算編成でも就任選挙で約束したマニフェストと矛盾する内容で、政権は混迷の度を深め、国民の期待は急速にしぼみ、内閣支持は急降下いたしました。

栗原市議会 2010-02-24 平成22年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2010年02月24日

今や内閣支持の下落にも歯どめがかからない状況でございます。  そもそも1日50万円、1カ月に 1,500万円、年間1億 8,000万円もの子ども手当を母親から数年間もらっていたと、まさに政治家としての命、政治生命を母親に守っていただいた方が総理大臣になって命を守りたいと訴えました。私は、正直申し上げ、違和感を覚えました。  

岩沼市議会 2009-03-03 平成21年第1回定例会(3日目) 本文 2009.03.03

また、中心市街地に居住する60代及び70代以上の高齢者の中心市街地での購入率を見ると、日用品、買回品を問わず、おおむね2割から3割の利用が見られ、他の世代よりも中心市街地への支持が非常に高いと。60代、70代、私や市長の世代がということですが。高齢者と言われるのもちょっとつらいところがありますけれども、要するに、60、70ぐらいのある程度の歳になってくると中心市街地での買い物が多くなってくると。

栗原市議会 2009-02-24 平成21年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2009年02月24日

最近では「どうにもとまらない内閣支持下落」という新聞報道さえもあります。支持48%で発足した麻生内閣定額給付金の「全世帯」について発言から「豊かなところに出す必要はない」発言で42%へ、郵政株の売却問題発言では22%へ激減する。消費税増税発言では19%、郵政民営化対応発言でついに14%へ下落し、今回の中川財務相辞任劇では、13%へと下落しております。

仙台市議会 2009-02-20 平成21年第1回定例会(第2日目) 本文 2009-02-20

市長就任後、四度目の予算案の提案にもかかわらず、政策の機軸が不安定、不明確さが漂っている内容であり、行財政経済危機への対応策もきめ細かさがなく不明確であり、我々がこの予算案を原案のまま可決することは、老婆心ながら、そうでなくとも大阪府の橋下知事ほど高いとは言えない梅原市長の支持を、麻生内閣並みに低下させることになるのではと懸念するところであります。

仙台市議会 2008-12-09 平成20年第4回定例会(第2日目) 本文 2008-12-09

現政権が打ち出す政策は、いずれもが国民からの信任は薄く、内閣支持はついに危険水域にまで達しています。  一方、アメリカでは、「チェンジ」を掲げた民主党バラク・オバマ氏が歴史的な勝利をおさめ、新年二十日に大統領に就任することになり、アメリカ合衆国は、新たな希望とともに、課題の克服に向けて新しい歴史を刻み始めようとしています。  

  • 1
  • 2