1842件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

気仙沼市議会 2019-09-12 令和元年第104回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年09月12日

2の概要でありますが、我が国の森林は、所有者の経営意欲の低下、所有者不明森林の増加、境界未確定森林存在、担い手不足等により、整備が進みがたい状況にある一方で、パリ協定に基づく温室効果ガス排出削減目標の達成や近年激増しております異常気象等に起因する災害防止の観点から、その整備等は喫緊の課題となっており、そのための地方財源を安定的に確保することを目的に、本年3月、森林環境税及び森林環境譲与税が創設されたものであります

気仙沼市議会 2019-06-25 令和元年第102回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月25日

このような状況の中で、輸出に係る通関や代金決済等のノウハウ不足を初め、バイヤーが求めるロット(製品・生産単位)を安定的に確保できないことや、少量輸送での物流コストが割高になるなどの課題があるものの、平成22年2月には宮城県食品輸出促進協議会が設立され、意欲ある県内の農林漁業者、食品製造業者及び関係機関が一体となり、県産農林水産物等の輸出を促進しているとのことであります。  

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第7日目) 本文 2019-06-24

という質疑があり、これに対しまして、「市民サービスの向上に向けて、職員意欲を持って業務を遂行するためには、適切な労務管理を含めた職場環境の整備が重要であると認識している。引き続き、職員健康を保ちながら、それぞれの職場で能力を発揮できる職場環境づくりに努めてまいりたい。」という答弁がありました。  

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  子育て環境調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

○ 保育事業参入に係る事業者の意欲を大事にし、例えば増員保育士の加算部  分や、保育施設自体の充実に関するさまざまな加算補助制度など、課題とし  て挙げられているような部分に対しても、しっかりと耳を傾けていただきた  い。 ○ 配慮が必要な子供に対するアプローチに係る保護者の悩みは、大体未就学  児のころから顕在化してくるというのが現状である。

気仙沼市議会 2019-06-24 令和元年第102回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月24日

総合計画では、「学力向上を図るために、生活習慣や学習環境を整え、子どもたちの学習意欲や自己有用感を高めていくことが求められます。その上で、主体的な学びを促すための指導法の工夫、改善を積み重ね、それらを徹底、継続していくことが必要です」と、総合計画では書いてあります。  

栗原市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年06月19日

最初は昨年の5月、私有林を対象とする森林経営管理法が成立し、意欲能力のある林業経営者を育成するため、手入れが不十分な私有林の管理を市町村が仲介し、当該経営者に集積させる制度が創設され、既に平成31年4月から施行されております。いわゆる新たな法定受託事務であります。  

栗原市議会 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年06月18日

次に、市内の対応できる業者についてでありますが、公募の対象者は森林経営管理法に定める意欲能力のある林業経営者とされております。市内の事業者に確認をしたところ、伐採面積が100ヘクタールを超える規模では対応は難しいとのことでありましたので、現在のところ市内で公募に応じる事業者は見込めない状況にあります。  

栗原市議会 2019-06-11 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年06月11日

次に、くりはらイベント大賞についてでありますが、市内で行われましたイベントの実践者や主催団体意識啓発、意欲向上を図り、市内への交流人口の拡大を目的として市内で行われるすぐれたイベントを表彰するくりはらイベント大賞を3月10日に開催し、応募のあった13団体の中から、グランプリにはツール・ド・いちはさま実行委員会主催の「ツール・ド・いちはさま2018」、準グランプリには町おこしユリの会主催の「南くりこま

白石市議会 2019-06-10 令和元年第435回定例会(第2号) 本文 開催日:2019-06-10

さらに最近の研究によって学校の生活の満足度と学力には極めて密接な関係があることがわかってまいりましたので、児童・生徒のそれぞれ個々の意欲、満足感、それから学級集団の状態を質問紙によって測定する調査を新たに行うためにこの補正をお願いをしているということでございます。

角田市議会 2019-06-10 令和元年第397回定例会(第1号) 本文 2019-06-10

次に、3、森林経営管理制度の主な事業でありますが、市は、経営管理が行われていない森林について経営管理の確保を図るため、管理運営を行うために必要な権利を取得した上で、みずから経営管理を実施するか、または意欲能力のある林業経営者に委託等の措置を講ずることになります。  議案説明資料の28ページをごらんいただきたいと思います。  具体的な事業の流れであります。  

仙台市議会 2019-04-19 都市整備建設協議会 本文 2019-04-19

今回創設しました広瀬川魅力創生サポーター認定制度は、広瀬川において清掃等を行い、自然環境の保全に努めている団体や、広瀬川でのイベント等、広瀬川のにぎわいや魅力創出に関して活動している団体に対しまして、活動の功績を認め、団体のさらなる活動意欲の向上につなげていくことを目的として、この4月より施行してございます。  

角田市議会 2019-03-14 平成31年第396回定例会(第5号) 本文 2019-03-14

そういう意欲がないことには何も進まないと私は思っています。  それから、ネット販売。これも市内でネット販売をしているお店があるのかというと、なかなかないですよね。ですから、角田市にいいものあるよ、梅干しだっていいよと言っても、観光物産協会でもネット販売していないですよね。

白石市議会 2019-03-07 平成31年第434回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-03-07

中学生の海外派遣事情について、派遣生徒を6名から8名に拡充して積極的に意欲のある生徒を派遣し、国際感覚豊かな青少年育成を図るとしています。  市長は以前のご答弁の中で、オーストラリアのジョージズ・リバー市との姉妹都市交流の再開は難しいと判断し、再度意向を確認した上で今後の姉妹都市締結実施の可否について結論を出したいとしております。

白石市議会 2019-03-06 平成31年第434回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-03-06

現在、オーストラリアへ中学生の派遣を行っておりますが、これを6名から8名に拡大をいたしまして、また選考方法につきましても、これまで各学校に何人という割り振りをしておりましたが、そうではなくて、積極的に意欲のある中学生を派遣し、国際感覚豊かな青少年育成を図ってまいります。  そして、4本目の柱でございます。これが、心のケア対策でございます。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

まず、法の目的でありますが、森林所有者・市町村意欲能力のある林業経営者が連携して地域の活性化、森林整備の推進、収益の還元、経営・雇用の安定拡大を総合的に推進することを目的としたものであります。今後の本町における森林整備につきましては、森林の持つ機能が十分発揮できるよう森林整備計画を策定してまいりたいと考えております。  最後に、集会所の統廃合についてのご質疑であります。