487件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-17 気仙沼市議会 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日 また、旧小原木中学校の校庭において応急仮設住宅撤去後、本年11月からは公民館グラウンドとして一般開放を行い、地元の野球チームなどが利用しているところであります。   もっと読む
2018-10-02 仙台市議会 平成29年度 決算等審査特別委員会(第4日目) 本文 2018-10-02 61: ◯健康福祉局長  健康福祉局におきましては、災害対応業務として、災害義援金に関する業務、災害援護資金に関する業務、応急仮設住宅に関する業務の三つの業務につきまして受援業務個別シートを作成しております。 もっと読む
2018-09-25 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年09月25日 市営野球場についてでありますが、市営野球場の復旧の見通しについては、現在、宮城県においてグラウンド内にある応急仮設住宅の撤去作業を行っており、10月末までには完了する予定となっております。   もっと読む
2018-09-14 気仙沼市議会 平成30年第98回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年09月14日 それで、今回、7年半前の震災で応急仮設住宅ができて、検討の結果、公営住宅が長屋建て2階建てが建ったと。  それで、先ほど防球ネットの関係をくどくどやっていましたが、くどいんですよ。実は、私たちも9回目かな、8回目、議会報告会をします。公民館エリアの中で住民の皆さんと意見交換をします。それで、切実な問題として、例えばこの防球ネットも話題に上がるんですよね。 もっと読む
2018-06-08 気仙沼市議会 平成30年第97回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年06月08日 あわせて、全ての応急仮設住宅の解体完了を平成32年度と見込んでおり、集約と解体工事を計画的に進めてまいります。   もっと読む
2018-03-16 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-03月16日−一般質問・委員長報告・質疑・採決−11号 次に、3款5項災害救助費、2目東日本大震災関係費、応急仮設住宅等被災者自立生活支援事業費では、応急仮設住宅に残る入居戸数について質疑があり、2月1日現在でプレハブ仮設住宅の入居戸数は1,021戸、みなし仮設住宅の入居世帯は1,354世帯である旨、答弁がありました。   もっと読む
2018-03-07 石巻市議会 平成30年  産業建設委員会-03月07日−01号 そういったことで、石巻市としても企業誘致を、こういったグループの中で盛んにしていきましょうということでおったのですけれども、震災等々もありまして、なかなか誘致する場所が不足したという現況にありますので、復興という意味では須江地区でありますとか、不動町地区とか、そういった産業用地を用意はさせていただきましたが、今回、特にこれまで応急仮設住宅がありました南境の、TBTのほうの、あそこの集約化が進んでおりますので もっと読む
2018-03-06 石巻市議会 平成30年  保健福祉委員会-03月06日−01号 ◆近藤孝委員 223ページ、応急仮設住宅の管理等あるいは応急仮設住宅の被災者自立支援、生活支援等につきまして御質問いたします。  まず、プレハブの仮設の集約化は本会議場でも御説明を受けまして、おおむね順調に進んでいるというようなことでございますけれども、今の状況といいますか、現状というのはどういうふうに、何世帯ぐらいがまだ残っているのかなと。まずそういった点だけちょっと確認しておきます。 もっと読む
2018-02-27 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月27日−議案説明・質疑・委員会付託−05号 ◆10番(遠藤宏昭議員) 223ページ、応急仮設住宅管理費2億272万円についてお伺いいたします。これ名前のとおり応急仮設住宅の施設維持管理にかかる経費だということなのですが、結構かかるものだなということ、金額を見てちょっと驚いています。これ確認からなのですが、応急仮設住宅の耐用年数というのは何年でしたでしょうか。 もっと読む
2018-02-23 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月23日−施政方針に対する質疑−03号 次に、現在検討している未利用市有地の処分につきましては、処分対象地と判断した未利用市有地は平成18年度から随時売り払い処分を行っておりましたが、東日本大震災以降、応急仮設住宅用地としての利用もあったことから、一部の処分を見送りしておりました。 もっと読む
2018-02-22 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月22日−施政方針に対する質疑−02号 次に、入居者が決まっていない住戸につきましては、応急仮設住宅の解消に向けて引き続き入居希望者の入居促進に努めてまいりたいと考えております。   もっと読む
2018-02-14 石巻市議会 平成30年 第1回 定例会-02月14日−施政方針演説−01号 まず、一つ目の「安心して暮らせるまちづくり」でありますが、被災された方々の生活基盤である、「住まいの再建」につきましては、既成市街地の土地区画整理事業による早期の宅地供給を目指し、快適な市街地の形成を図るとともに、本年度中に全ての復興公営住宅の整備を完了し、応急仮設住宅の解消に向けて取り組んでまいります。 もっと読む
2018-02-13 石巻市議会 平成30年  議会運営委員会-02月13日−01号 続きまして、3のその他の経費ですが、そのうちアの物件費につきましては、応急仮設住宅管理費が減少するものの、総合運動公園管理費など施設の維持管理により、対前年度比2.7%、額にして4億2,000万円の増となっております。   もっと読む
2018-02-09 気仙沼市議会 平成30年第95回定例会(第1日) 本文 開催日:2018年02月09日 被災者の生活支援については、孤立化防止に重点的に取り組むこととし、応急仮設住宅において、サポートセンターや絆再生事業による総合相談、地域との交流支援、コミュニティー活動支援を継続するとともに、高齢者相談室等に生活援助員(LSA)を引き続き配置し、災害公営住宅や防集団地等における総合相談、健康指導、心のケア対策などを関係機関との一層の連携により、きめ細やかに実施してまいります。   もっと読む
2017-12-20 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月20日−一般質問−05号 次に、峠崎自然公園につきましては、公園駐車場の応急仮設住宅の退去が平成30年上期となっていることから、これに合わせて再利用計画を整備することとしております。 ◎武山泰徳北上総合支所長 私から、北上地区の整備事業についてでありますが、初めに神割崎公園においての南三陸町とタイアップした潮騒まつりの再開につきましては、平成26年より双方の民間事業者が主体となり、再開している状況でございます。   もっと読む
2017-12-19 気仙沼市議会 平成29年第94回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年12月19日 本市では、これまで被災者支援事業として、応急仮設住宅等サポートセンター、絆再生事業により、仮設住宅の見守りや地域とのつながり支援を行うとともに、生活援助員・LSA事業により、災害公営住宅や防災集団移転団地で再建した方々の見守りや自立生活援助を行ってきております。   もっと読む
2017-12-18 石巻市議会 平成29年 第4回 定例会-12月18日−一般質問−03号 本市の社会体育施設は、震災後に応急仮設住宅の整備により使用できなくなったところが数多くあり、それらが今後順次復旧、再開してくる予定となっております。今後は、市全体として地域バランスや利用状況を考慮した施設整備を検討してまいりたいと考えております。  桃生野球場につきましても、それらの方向性が定まった時点で、関係団体と改めて協議を行いたいと考えております。   もっと読む
2017-12-18 気仙沼市議会 平成29年第94回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年12月18日 無論、他の地域、他事業との整合性を図るべきこともございましょうが、応急仮設住宅撤去の見通しが立ったことを勘案すれば、唐桑地域内唯一の運動場の整備をいかに考えるのか、当局の所見をお尋ねします。 ◎議長(熊谷伸一君) 20番鈴木高登君の質問に対し、当局の答弁を求めます。市長菅原 茂君。 ◎市長(菅原 茂君) 鈴木高登議員の質問にお答えします。 もっと読む
2017-10-12 仙台市議会 平成29年 意見書第01号 2017-10-12 殊に、市民の生命と健康を守る上で最も重要な住居の確保に関して、災害救助法において指定都市の市長が救助の主体に位置付けられていなかったため、迅速な対応を行い得ず、被災者への応急仮設住宅の供与に当たり、いたずらに長期間を要する結果となるなど、災害対応に係る制度上の問題が強く浮き彫りになった。  昨今、平成27年9月関東・東北豪雨や、平成28年熊本地震の発生等、大規模災害が頻発している。 もっと読む
2017-10-12 仙台市議会 平成29年第3回定例会(第8日目) 本文 2017-10-12 殊に、市民の生命と健康を守る上で最も重要な住居の確保に関して、災害救助法において指定都市の市長が救助の主体に位置づけられていなかったため、迅速な対応を行い得ず、被災者への応急仮設住宅の供与に当たり、いたずらに長期間を要する結果となるなど、災害対応に係る制度上の問題が強く浮き彫りになりました。  昨今、平成二十七年九月関東・東北豪雨や平成二十八年熊本地震の発生等、大規模災害が頻発しております。 もっと読む