59件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会〔  防災・減災推進調査特別委員会報告書 〕 2019-06-24

(2)福岡市市民総合防災訓練の取り組みについて     弾道ミサイルを想定した住民避難訓練の取り組みについて     「博多あん・あん塾」、「博多あん・あんリーダー会」の取り組みに     ついて(福岡市)   <概要>    福岡市においても、平成28年に発生した熊本地震の教訓を踏まえ、防   災機関による救出救助ライフライン復旧訓練といった実動訓練が中心で   あったこれまでの訓練を見直し、地域住民

栗原市議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年09月19日

この避難訓練とあわせ、引き渡し訓練や弾道ミサイル対応訓練を行っている幼稚園学校もあります。また、ほとんどの幼稚園小学校では不審者対応訓練を実施し、子供避難とあわせさすまたの使用訓練や警察への通報訓練等を行っております。これらの各種訓練については、各幼稚園、小、中学校から届け出のあった教育課程で実施状況等を確認しております。  

大河原町議会 2018-06-01 平成30年第2回定例会(6月会議)(第3号) 本文

学校において、地震火災などを想定した避難訓練を学期に1度以上実施しておりますが、近年は竜巻の発生、また昨年度は隣国からの弾道ミサイルの脅威などがあり、それに対応した訓練も実施しているところでございます。  また、本町におきましては、一昨年度から登校中の非常変災に備え、大河原中学校区の大河原中学校、大河原小学校、大河原南小学校で合同訓練を行っております。

栗原市議会 2018-02-21 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年02月21日

次に、核兵器禁止条約署名批准を国に求めることについてでありますが、核兵器禁止条約に係る決議案に日本政府が反対した理由については、国会答弁では「我が国の基本的立場は、核兵器のない世界の実現のためには、核兵器の非人道性に対する正確な認識及び厳しい安全保障環境に対する冷静な認識に基づき、核兵器国と非核兵器国との間の協力による現実的かつ実践的な配慮を積み重ねていくことが不可欠であり、北朝鮮の核・弾道ミサイル

大崎市議会 2017-12-21 平成29年 第4回定例会(12月)-12月21日−07号

ただいま議員がおっしゃいましたとおり、北朝鮮弾道ミサイル、もし発射されれば10分前後で日本に来るということは、8月、9月の弾道ミサイルの発射からも明らかでございます。現在、国のほうでいろいろ対策を講じてはおりますけれども、実際にできる部分は、その瞬間に身を守る安全確保でございます。

大崎市議会 2017-12-19 平成29年 第4回定例会(12月)-12月19日−05号

防災士会みやぎから講師が派遣されてまいりまして講演がございましたが、一番最初にありましたのは、Jアラートが鳴った場合のいわばどう避難をするかということでございまして、9月議会で市長の行政報告のしょっぱなに、北朝鮮による弾道ミサイル発射に対しJアラートによる発射及び通過情報が発出されましたということから、9月議会行政報告は始まったのでありますが、確かに大変だというときの身の振り方というのは非常に大事

仙台市議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第2日目) 本文 2017-12-13

朝鮮により核実験弾道ミサイル発射が行われております。国連安全保障理事会の決議を無視し、十一月二十九日早朝、またもや弾道ミサイルを発射し、午前四時十一分ごろ、漁船船舶が操業、航行する日本の排他的経済水域である青森県西方約二百五十キロ日本海に落下させました。世界の平和国際協調を乱し、我が国の安全を脅かす極めて危険行為であり、厳しく非難します。  

大崎市議会 2017-10-05 平成29年 第3回定例会(9月)-10月05日−06号

1つ目のJアラート時の避難対策についてということで、先月29日、北朝鮮では西岸から弾道ミサイル1発を北東方向に向けて発射されたと。ミサイル北海道の襟裳岬の上空を通過し、襟裳岬の約1,180キロメートル太平洋上に落下したとしています。我が国の安全に対する重大な脅威であるとともに、世界平和安全を著しく損なう暴挙であります。国際社会を無視した挑発行為と言わざるを得ず、断じて許すことはできません。

大崎市議会 2017-10-04 平成29年 第3回定例会(9月)-10月04日−05号

このようなことから、担当課、防災安全課でありますか、におきましては、自然災害の多様、多発さに加えまして、弾道ミサイル発射というまさに想定外の人的災害など広範な事象からの危機管理を担う大変な業務でありますが、エールを送りながらよろしくお願いしたいと、このように思います。  お尋ねします。

大崎市議会 2017-10-03 平成29年 第3回定例会(9月)-10月03日−04号

事前通告なしで北朝鮮は8月29日午後6時前、弾道ミサイル1発を発射いたしました。ミサイル北海道の渡島半島上空を通過し、襟裳岬東方約1,180キロ太平洋上に落下いたしました。  日本中、恐怖と不安が続く中、弾道ミサイル発射からわずか5日後、今度は9月3日、日本時間の午後0時36分ごろ、大陸間弾道ミサイルICBM装着用の水素爆弾の実験を行いました。

角田市議会 2017-09-25 平成29年第390回定例会(第4号) 本文 2017-09-25

第388回定例会で、北朝鮮弾道ミサイル落下時を想定しての避難訓練について質問をいたしましたが、これについての訓練を待たずして全国瞬時警報システム、以下、Jアラートと申しますが、これが発令になり、本当に右往左往することになろうとはさすがに思いませんでした。今までの常識でははかり知れないこれらの脅威に対して、角田市はどのように対応していくのか改めて伺います。  まず、1番であります。  

栗原市議会 2017-09-21 平成29年第5回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年09月21日

午前5時58分頃、北朝鮮弾道ミサイル1発を発射いたしました。その4分後の6時2分、全国瞬時警報システム、いわゆるJアラートが作動し、私たちに避難を呼びかけました。安倍晋三首相は、「これまでにない深刻かつ重大な脅威で、地域平和安全を著しく損なう」と、危機感をあらわにいたしました。あろうことか、北朝鮮は先週の15日午前6時57分ごろ、またもや弾道ミサイル1発を発射いたしました。

岩沼市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会(2日目) 本文 2017.09.11

総務部長(大友彰)今回の、弾道ミサイルということを考えれば、現在計画しているのが津波土砂災害河川の氾濫の対応を計画ということでございますので、設置箇所が全く変わってくるのかなと考えております。この関係については、今後設置、どのような必要があるか検討をさせていただきたいと思います。 議長(森繁男)菊地忍議員

大崎市議会 2017-09-05 平成29年  総務常任委員会-09月05日−01号

前回8月30日の総務常任委員会において協議いただきました北朝鮮による弾道ミサイル発射事案を受けましての決議案の提出の件につきまして、その案文を作成いたしましたので、委員皆様方のお手元に配付いたしておるとおりでございます。この取り扱いについて協議いただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  

大河原町議会 2017-09-01 平成29年第4回定例会(9月会議)(第2号) 本文

8月29日午前5時58分、北朝鮮から弾道ミサイルが発射されました。北海道上空を通過し6時12分に襟裳岬東約1,180キロ太平洋上に落下しました。日本は迎撃措置をとらず、全国瞬時警報システム(Jアラート)が12道県で避難を呼びかけたことから、以下伺います。  (1)ミサイルが発射されたとき、町としてどのように対応したのか伺います。  

大崎市議会 2017-08-30 平成29年  総務常任委員会-08月30日−01号

まず初めに、昨日の北朝鮮による弾道ミサイル発射事案についての対応について報告をいただきたいと思います。  その後、市民協働推進部関係3カ件について、正午をめどに調査を行いたいと思います。進め方といたしまして、1番から3番までは一括して質疑を行いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  

大崎市議会 2017-06-27 平成29年 第2回定例会(6月)-06月27日−05号

つい先日まで、火星とか北極星とかの名称の飛翔体という表現をしておりましたけれども、最近は弾道ミサイルと、もうストレートに言っております。この発射実験が報じられるたびに、精度が向上したとマスコミは大騒ぎしております。このような状況の中にあって、日本政府は国内に落下あるいは通過などの危険が予想された場合にはJアラートで知らせるとしております。