296件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2019-12-17 令和元年第400回定例会(第3号) 本文 2019-12-17

昭和61年8月5日発生の8・5災害後、阿武隈川洪水河川整備の説明会が角田市役所にて開催され、講師として当時の建設省仙台工事事務所長、佐々木陸士氏から、阿武隈川の上流から下流までの河川整備計画は、大洪水時に上流と下流は被害を分け合うということで、福島県知事から、県境部、猿ぱね岩というようです、そう訂正します、撤去要請に応じないことが、平成19年度の竣工の事業費800億円の「阿武隈川平成の大改修」として

仙台市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第6日目) 本文 2019-06-19

当時の建設省では、一九六四年の段階で、交通事故の増加の要因を安全遊び場としての児童公園の不足と捉え、児童公園の整備がこのような交通問題という社会的課題の解決を背景として生まれているという見通しのもとで、長期に及ぶ重要な施設と位置づけております。一方、子供に対して交通道徳を早い時期から浸透させる取り組みも、当時の文部省によって進められました。

仙台市議会 2018-11-21 総務財政委員会 本文 2018-11-21

聞くところによれば、あの通りをつくるのに、当時建設省でした。建設省が力を発揮してくれたんですけれども、イベントということで使うには警察の理解が得られない、協力が得られないといけないということですが、当初、建設省が進める事業ということで、警察庁ですかね、が聞いていないということで、やっぱり警察、このラインが置いてきぼりになってしまって、結局なかなか難しいことになったと。

栗原市議会 2018-02-21 平成30年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年02月21日

その後、国道昇格並びに改修等の陳情を宮城県知事、旧建設省へと毎年のように続けており、その間、石巻市ほか4町が加わりまして、名称も湯沢・志津川・石巻改修等促進期成同盟会と改称をしていると書いておりました。花山の歴史であります。昭和56年4月30日には湯沢市から石巻間が念願の国道398号として昇格指定となり、名称も国道398号改良整備促進期成同盟会と改称して陳情活動を進めてまいりました。

仙台市議会 2018-01-19 市民教育協議会 本文 2018-01-19

49: ◯青葉区道路課長  青葉通の地下歩道でございますけれども、平成3年9月に当時の建設省仙台市が折半し、エレベーター、ベンチ及びギャラリーと一緒になってこちらを整備いたしました。整備に際しましては、地域の御意見等も伺いながら整備したというふうに伺ってございます。  こちらでございますが、平成28年4月の国道移管に伴いまして本市が管理を行うこととなってございます。  

東松島市議会 2017-09-29 09月29日-委員長報告、質疑、討論、採決-08号

顧みるに、古川議員は、建設省平成10年に定年退職され、その経験と勤務で回られた多くの自治体のまちづくりに触れた見識を郷土のまちづくりに生かし、役に立ちたいとの熱い思いから議員選挙に挑戦され、平成11年、見事鳴瀬町議会議員に初当選され、以来平成29年の市議会議員選挙まで見事6期の当選を果たされたのであります。

美里町議会 2017-09-01 平成29年度9月会議(第2号) 本文

私が読んだ資料では、昭和27年、64年前なんですけれども、当時の建設省告示都市計画決定され、事業認可となり、それで昭和33年、59年前です、1958年に公園整備され、シーソー、ブランコを配置し、植樹もしたとあります。それから8年後の昭和41年4月1日に小牛田保育所が開設されたとあります。間違いないでしょうか。

美里町議会 2017-06-01 平成29年度6月会議(第1号) 本文

そういうふうに建設省指導にも書いてありませんか、住宅関係のほうから。それをなぜしないかということ、しないことを反省しているならわかります。ああ、申しわけありませんでしたと。今後注意しますと言うのなら、私も質問をやめます。言いわけだけだからもう一回質問します。何で行かないんだ、じゃ。いつ行ったんですか。聞きましょう。いつ行きましたか。

仙台市議会 2017-03-03 平成29年度 予算等審査特別委員会(第8日目) 本文 2017-03-03

重機の振動性能を指定するための規定、建設省告示では一動作を3回、場所を3回変えて、すなわち9回のデータをとるとされています。これ一応参考までの振動調査のやり方なんですが、そしてまた、距離の記載もないのでどこでたたいたのかもわからないという、こういう調査結果、これをもとに市は結論づけているんです。  一般的には距離の入らない調査書など公文書として認められないものです。

美里町議会 2016-12-01 平成28年度12月会議(第1号) 本文

その3つの要項が建設省総務省財務省で出される内容が違うんです。財務省で出すのは経済的な耐用年数、木造だったら24年です。あるいは、コンクリートだったら47年と出します。しかし、物質的あるいは構造的な耐用年数でいったら、それは70年。今、だから仙台で市役所で問題になっているでしょう。市役所の建物が70年近くなったから、どう補修していこうかという話があると。

美里町議会 2016-03-02 平成28年第1回定例会(第1号) 本文 2016-03-02

総務課長伊勢 聡君) 建築当時の国交省、当時建設省かと思いますが、その共通仕様に基づいて現場は建設したものでございます。さらに、現在質問がございました床下換気口につきましては、5メートル以内ごとに300平方センチメートルの換気口があればという法律の規定でございますので、それには現場は対応しているところでございます。

角田市議会 2015-12-21 平成27年第380回定例会(第4号) 本文 2015-12-21

最初に経営責任を持った方がこういうお店をつくりたい、こういう事業をしたいので、こういうようなレイアウトにしてほしいとか、こういう事業をしたいので、これだったら絶対もうかるんだというような考え方を反映して進めていくという形がいいのではないかというようなことの提案なんですが、そこの誰が経営するのかというところが一番のポイントなのかなと思っていまして、先ほどお話ししたオガールプラザの社長の岡崎さんは、元建設省

栗原市議会 2015-12-09 平成27年第7回定例会(第3号) 本文 開催日:2015年12月09日

建設部長(片寄稔) 指定区域につきましては、当時の建設省の時代からの調査等、それをもとに宮城県において指定箇所を調査いたしまして指定区域を指定しているという状況でございます。  現在につきましても、さらに危険という、その中で特に危険と考えられる箇所につきましては、新たに再調査をいたしまして、その区域を警戒区域と、土砂災害警戒区域という形で指定をいたします。

石巻市議会 2015-03-05 03月05日-議案説明・質疑・委員会付託-05号

内容は、旧建設省の開発したMCI値という数値を使いまして、道路全路線を調査をしたと。そのMCI値、例えば3.0以下ですとすぐに改修が必要、4.0以下ですとすぐにとは言わないまでも改修が必要、5.1以上になれば問題なしというようなことで、全ての路線に点数をつけて計画的に管理をするという内容でございます。

気仙沼市議会 2015-03-02 平成27年第69回定例会(第7日) 本文 開催日:2015年03月02日

建設次長兼計画・調整課長(木村嘉雄君) 明神崎付近は海岸保全区域が設定されておりまして、ここは建設省ですので宮城県土木事務所になるかと思います。一部大谷漁港側、明神崎の漁港側は海岸保全区域が設定されておりません。ただ、そこも県の土木事務所管理になります。

仙台市議会 2015-02-26 平成27年度 予算等審査特別委員会(第7日目) 本文 2015-02-26

35: ◯相沢和紀委員  もう既に建設省とか、そういったところに書類を出しているのかもしれませんけれども、そうしたより観察のしやすい場所があれば、そちらのほうに移すべきだというふうに改めて求めておきたいというふうに思います。  東部地区の整備にかかわって幾つか質問してまいりました。

仙台市議会 2014-10-02 平成25年度 決算等審査特別委員会(第9日目) 本文 2014-10-02

海岸法は、農林省運輸省建設省の3省の共管法です。  今回の海岸法の改定は、海岸の自然を生かした減災環境保全です。緑の防潮堤などコンクリートむき出しでない設計が可能となりました。また、海岸の管理における市町村参画の推進も重要な改正です。そして、協議会を設置し、住民、市民参加による管理や意思決定を行うことができるようになりました。