10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

栗原市議会 2011-09-30 平成23年決算特別委員会 本文 開催日:2011年09月30日

わかりますけれども、私が言いたいのは給与が差し押さえられたときに、申告のときにこれだけの給与があると、それが会社総務に県から給与差押通知書が行ったときに、その人の人格を経営者は疑うわけです。何でこんなに給料やっているのに、例え少額でも、だったら将来的にその方が何かのときに一番先に解雇通知とか、そういうことが起きるのではないかなということを懸念しているわけなのです。

美里町議会 2009-12-15 平成21年第10回定例会(第1号) 本文 2009-12-15

2)税滞納者への催告状に財産などの差押さえという文章はあるのか。ある場合はその理由について伺いたいと思います。  3)徴収対策課についてでございます。1)徴収しようとしている対象者は何件か伺いたいと思います。2)これまで訪問した件数は何件なのか、そのことも伺いたいと思います。3)として業務の第一目的は何なのか、そのこともお聞きをいたします。  

仙台市議会 2009-10-07 平成20年度 決算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2009-10-07

納税者が納期限までに地方税を納付しないときは、督促状等による納税の催告差押等の滞納処分、徴収猶予等の納税の緩和措置などを行いまして滞納金を徴収して完結させるか、あるいは不良債権として滞納処分の執行を停止して徴収権を消滅させるかのいずれかの解決を図らねばなりません。  このような滞納金について行われます一連の事務手続を総称して、実務上滞納整理と称しております。

栗原市議会 2009-09-29 平成21年第6回定例会(第4号) 本文 開催日:2009年09月29日

つまり既に差押さえた財産及び差押えの対象となり売る財産の処分予定価格が、滞納処分費及び国税に優先する債権の合計額を超える見込みがない場合、差押えの対象となり売るすべての財産差押え、換価をした後になお徴収できない国税がある場合、要するに差押えしても大したことのない金額の場合は、差押え滞納処分停止という要件があるんです。

岩沼市議会 2008-06-19 平成20年第3回定例会(5日目) 本文 2008.06.19

二つ目といたしまして、財産調査とか差押、それから換価といったことを念頭に、完納につながる納税交渉を進めていきたいと。3点目といたしましては、長期また大口滞納者につきましては、不動産土地・家屋等、それから自動車も含めた差押、それから、給与・預貯金等の調査及び差押、それから、差押した物件のインターネット公売等を行いながら、滞納額の縮減に努めていきたいというふうに考えております。  

岩沼市議会 2008-06-16 平成20年第3回定例会(2日目) 本文 2008.06.16

二つ目として、給与・預貯金の調査あるいは差押え、そして、三つ目としては、差押物件のインターネット公売についての取り組みをやっていこうというようなことで手続をしているところでございます。  なお、滞納処分においては、滞納者個々の滞納事案を整理分析しながら、財産調査を進めていく必要があると思いますが、滞納者の実態を的確に把握していくことが求められているところだというふうに思っているところでございます。

栗原市議会 2007-12-18 平成19年総務常任委員会 本文 開催日:2007年12月18日

総務部次長兼税務課長(菅原一之) 今寺館委員からの不動産鑑定についての要因と基準ということでございますが、今回50万円の計上は差押物件を公売に付するという前段の説明のとおりでございまして、その要因としましては税金を滞納したということで、再三の折衝を重ねた結果納める意思がないということを判断しまして、この物件、土地と建物を差し押さえたということでございます。

気仙沼市議会 2006-12-19 平成18年第6回定例会(第4日) 本文 開催日:2006年12月19日

次に、滞納繰越額の縮減につきましては、過年度分について差押などの処分を強化するとともに、未納者との早期折衝や休日・夜間相談窓口の開設などにより新たな繰り越しを抑えるよう努めてまいります。  次に、行政評価システムの早期導入についてでございますが、評価の手法が確立されていないことから、新市にふさわしいシステム構築に向け、これまでの取り組みを踏まえ、計画的に進めてまいります。  

石巻市議会 1978-02-22 02月22日-議長の辞職・施政方針演説-01号

そのため、宮城県地方税滞納整理機構との連携を図るとともに、本市における滞納整理に向けた組織体制を強化するため、税務課内に徴収対策特別室を設置し、宮城県からの支援を受け、財産差押基本とした処分を実施することにより、滞納額の縮減に取り組んでまいります。 また、市税などの納付の利便性を高めるため、コンビニエンスストア収納を平成24年度から開始すべく新収納システムの構築を進めてまいります。 

  • 1