1627件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栗原市議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2020年02月20日

しかし、やはり高齢化、少子の中でやはり医療介護にかかわる人材の養成が非常に求められている現状でありますし、学校の特色や魅力ある学校づくりからすればぜひこれは御努力をしてもらいたいと、これは県への働きかけも答弁はいただきましたけれども、改めてその辺答弁をお願いいたします。

仙台市議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第7日目) 本文 2019-12-20

また、「宝くじ収入の使途」について質疑があり、これに対しまして、「宝くじ収入については、地方財政法に基づき、高齢化、少子等に対応する事業、文化芸術振興事業、環境保全事業等を使途として挙げている。本市の使途については、平成三十年度に、西多賀市民センターの相築などのハード事業に加え、仙台クラシックフェスティバルなどのソフト事業など、各般の施策に幅広く活用している。」という答弁がありました。  

気仙沼市議会 2019-12-20 令和元年第105回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年12月20日

人事院が、人口減少、そして少子で悩み多い地方都市にあって、初任給の改善など人材の確保にも貢献する条例改正を行っておりますし、東日本大震災からの復興・復旧に向けて、一生懸命奮闘している職員のためには、議案第13号に賛成したいと思いますし、また議案第12号においては、国において一般職給与に関する法律の改正とあわせて、特別職職員給与改定の法律を制定しております。

白石市議会 2019-12-19 令和元年第438回定例会(第5号) 本文 開催日:2019-12-19

その経過等の説明の内容は、初めに、1園を休園する理由については、近年の少子の中において、幼児の集団での生活の場を確保するという教育効果の面がある。また、共働き家庭がふえる中で、保育ニーズの変化も大きな要因となっていることから、預かり保育の時間のさらなる延長や給食の提供など、環境面、条件面について充実を図っていきたいと考えている。  

白石市議会 2019-12-18 令和元年第438回定例会(第4号) 本文 開催日:2019-12-18

また、本市の人口減少や少子の課題などについても真剣に考えられ、中学生の皆さんが将来子育てをする立場になったときのことを想像しながらの具体的なご質問もいただきました。  さらに、中心市街地の活性化や本市の魅力発信など、市に対しての愛着や誇りを感じられる質問をたくさんいただき、中学生の皆さんのたくましさを感じることができました。  

栗原市議会 2019-12-17 令和元年第5回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年12月17日

少子、高齢化、過疎化が進行をいたしております。医療福祉の充実、若者定住の促進、地域産業の振興、地域活性化等は喫緊の課題であります。議員、市議会側からの強力政策提言などが待たれるところでございます。  栗原市議会は市の事務事業の執行、財政運営、政策決定など、チェックや監視機能を有し、極めて重要な役割と責任を持っております。市議会は住民を代表する最高の意思決定機関でもあります。

白石市議会 2019-12-17 令和元年第438回定例会(第3号) 本文 開催日:2019-12-17

さまざまな要因があるんだろうと思うんですけれども、ある専門家の方のお話の中では、やはり少子であったり核家族化、そしてまた兄弟が少ない、そういった家庭環境も今のいじめにつながっている部分もあるのではないかというところを研究されている専門家の方もいらっしゃるようでございます。  

気仙沼市議会 2019-12-17 令和元年第105回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年12月17日

今回、市医師会では、少子を背景とした生徒数の減少傾向等を受け、高等看護学校を閉校するという厳しい決断をされたものと存じております。このことは、地域医療のみならず、介護福祉分野を支える介護人材確保にも影響する重要な問題であり、この間、市医師会と課題を共有し、今後の対応について協議を重ねているところであります。  

美里町議会 2019-12-01 令和元年度12月会議(第1号) 本文

しかしながら、少子が進む一方で、今年度から始まりました幼保無償化に伴う保育ニーズの高まり、あるいは年度途中に生まれてくるゼロ歳児の待機等、全てを解消できるか、今後慎重に見きわめていく必要もございますことから、幼稚園保育所の一体的な施策の展開や、さらなる民間活力の活用について検討してまいりたいと考えております。  

栗原市議会 2019-10-01 令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019年10月01日

子育て支援課長(菅原由美) こちらのすこやか子育て支援金支給事業に関しましては、事業そのものの目的が定住促進と少子対策というところでございますので、委員おっしゃる意見等もございます。また、それにあわせて赤ちゃん用品支給事業だったりとか、あと小学校入学支援事業等も実施してございますので、そういうところも総合的に勘案しながら検討していくというところでしか今のところ御回答できないかと思います。

気仙沼市議会 2019-09-24 令和元年第104回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年09月24日

今後、少子の影響で児童数や開所日数、時間が減ることにより、委託料は減る可能性があります。また、障害のある子は、現在学童指導員1人分の加配がありますが、個性のある児童には加配はありません。近年、このような個性のある児童の通所がふえてきています。このような状況が進むことにより、今後、学童支援員の数を維持できなくなり、指導員の安心安全を確保することが難しくなってきます。

栗原市議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月18日

今回の改正は、総合的な少子対策を推進する一環として、子育てを行う家庭経済的負担の軽減を図るため、市町村の確認を受けた幼児期の教育及び保育等を行う施設等の利用に関する給付制度を創設するなどの措置を講ずるとしており、消費税増税による社会保障確保による幼児教育無償化の取り組みであります。

美里町議会 2019-09-01 令和元年度9月会議(第2号) 本文

また、平吹議員の一般質問の大きな2点目、少子をめぐる現状についての4)及び5)の答弁の際、令和元年4月1日現在と発言をいたしましたが、正しくは平成31年4月1日現在でした。令和元年は5月1日からですので、間違いました。正しくはそのようなことでございますので、あわせて訂正をお願いいたします。よろしくお取り計らいをお願い申し上げます。