75件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2020-03-11 令和2年第401回定例会(第4号) 本文 2020-03-11

特に被害が集中している西根地区小田地区につきましては、両地区合わせた農地被害を約24ヘクタールと捉えておりまして、営農再開に向けた早期復旧に取り組んでいるところであります。しかしながら、市内の業者も複数の現場を抱え、また、山間部被災現場では、原形をとどめておらず、施工が困難な場所もあるため、思うような進捗が図れないところもあります。

角田市議会 2020-02-28 令和2年第401回定例会(第2号) 本文 2020-02-28

質疑内容でありますが、裏町地区枝野地区等もそうなんですが、単にその地区だけのポンプの排水がどうのこうのといった検討ではなくて、今回の、先ほども申し上げたとおり、中小河川内水氾濫だったり、特に小田川に関しては、上流部河川が閉塞したがために、その洪水が全部小田地区に入り込んだものが、大沼西堤防を越水して角田市街地に流入したといったことが原因と捉えております。  

角田市議会 2019-12-17 令和元年第400回定例会(第3号) 本文 2019-12-17

北江尻木所、峰岸、南岡全域岡駅前左関住宅裏町住宅小田地区そして角田市街地などが該当します。また、雨水排水能力が不足したために床上浸水した神次郎の上中田地区阿武隈川堤防が周囲より低いため越水した北江尻の谷津前地区は恐怖を覚えるほど甚大な被害になってしまいました。  つきましては、今後被災リスクを減らすため、安心して暮らせる角田市にするための対策についてお伺いします。  

角田市議会 2019-06-25 令和元年第397回定例会(第3号) 本文 2019-06-25

また、平成29年度からは水害を想定した総合防災訓練を実施しているところでありますが、実施区域防災組織は初動から防災組織が想定する避難場所へ避難する訓練計画を作成し、市へ提出していただいておりますので、既に実施している角田小田地区及び北郷地区においては既に検討がなされているものと捉えております。  

角田市議会 2018-12-20 平成30年第395回定例会(第4号) 本文 2018-12-20

そのほとんどは角田地区横倉地区小田地区合わせて角田地区と言っていますけれども、そこが37行政区のうち、19行政区で40代ですから、5割近くが40代の方々が住んでいらっしゃる。一方で、農村部、それ以外の地区行政区においては、56行政ありますけれども、そのうち、40代の地区は5行政区ということで1割ちょっとということであります。それが現実的な姿であろうと思っております。  

角田市議会 2018-09-27 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27

ただ、少しお話ししますと、小田地区においては、統合前と後では児童数に大きな変化がなく現在に至っています。統合当時の平成23年3月は25人、本年9月現在では26人ということでありますから、1人多いという状況であります。一方、西根地区においては、中学生の生徒数統合時の平成21年3月は86人、本年9月現在では44人ということですから、大分減少しているという状況があります。

角田市議会 2018-03-15 平成30年第392回定例会(第5号) 本文 2018-03-15

今現在、生活支援コーディネーターを配置して進めておりますけれども、まだその協議体が第1層、先ほど市長が申しました市全体の第1層については、今全体的に進めているところですけれども、第2層、第3層の地区ないしは行政区についてはこれからでありますので、とりあえず小田地区で第2層で動きが今出てきておりますので、そういうのを順次第2層ないし第3層、逆に第3層からということもあり得るかなと思いますけれども、そういう

角田市議会 2017-09-22 平成29年第390回定例会(第3号) 本文 2017-09-22

本市におきましては、平成25年度に初めてナラ枯れ被害調査を行った結果、小田地区から笠島地区にかかる芋坊林道沿い山林にナラ枯れの被害が集中的に発生していることが判明したことから、平成26年度以降につきましては、林道のパトロールや市民、行政区長からの通報、仙南中央森林組合からの聞き取り等により情報収集を行い、随時職員現場被害木本数等を調査し、宮城県の温暖化防止森林づくり推進事業、里山林健全化事業

気仙沼市議会 2017-03-27 平成29年第90回臨時会(第1日) 本文 開催日:2017年03月27日

1の工事内容は、只越地区大浦地区梶ヶ浦地区浪板地区小々汐地区舞根地区小鯖地区波路上内田地区波路上杉の下地区松崎前浜地区赤岩小田地区、松崎浦田地区松崎浦田第2地区最知川原地区大谷向山地区本吉津谷地区小泉東地区小泉浜地区及び赤岩牧沢地区における防災集団移転促進事業及び災害公営住宅整備事業などの造成工事を実施するものであります。  

気仙沼市議会 2017-02-16 平成29年第89回定例会(第2日) 本文 開催日:2017年02月16日

本案は、松岩北地区及び松岩小田地区防集事業整備した道路6路線を、道路法第8条第1項の規定により新たに市道として路線認定することについて、同条第2項の規定により議会の議決を求めるものであります。  31ページをごらん願います。  市道小田団地1号線の起点は、赤岩小田9番2地先、終点は赤岩小田15番30地先で、幅員は6メートルから13メートル、延長は169.1メートルであります。  

気仙沼市議会 2017-02-10 平成29年第89回定例会(第1日) 本文 開催日:2017年02月10日

1の工事内容は、只越地区小鯖地区舞根地区大浦地区梶ケ浦地区小々汐地区浪板二区地区波路上内田地区波路上杉の下地区松崎前浜地区最知川原地区大谷向山地区赤岩小田地区、松崎浦田地区松崎浦田第2地区本吉津谷地区小泉東地区小泉浜地区赤岩牧沢地区及び波路上内田地区(杉の下住宅)における防災集団移転促進事業及び災害公営住宅整備事業等水道工事を実施するものであります。