63件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

角田市議会 2018-09-27 平成30年第394回定例会(第4号) 本文 2018-09-27

時間がある、ゆとりがある、そしてまたやりたいことがあるということ、お金もそれなりに準備しなくてはいけないでしょうけれども、やっぱり生きがいづくりとしての農業、農作業、あるいは家庭菜園も含めて、大変これは健康のためにもいいということでありますので、こういったことについてはやっぱり何らかの形での制度設計をしながら推進していくべきだと思います。

大河原町議会 2018-09-01 平成30年第3回定例会(9月会議)(第3号) 本文

今、働き方改革で、定年退職された方の受け入れとして、結構家庭菜園とかにはまる方もいらっしゃると思うんですけども、そういった方を対象にした農業の講習ですか、講習であったり、その続きとしてそういったサポーターのほうに登録していただいて、必要な時期に必要な作業をしていただくというそういった何か農業を核にしてそういったネットワークづくりが一番のこの事業の肝だと思ってますが、町長の考え方はいかがでしょうか。

大崎市議会 2017-06-21 平成29年 第2回定例会(6月)-06月21日−03号

今まではないような皆さん方に集まっていただいて会議をし、情報交換共有、取り組み等々、課題整理等々やっていらっしゃる、非常に頑張っている会議だなと思うのですが、例えばその足利市さんの例で見ますと、各センターとか、いろいろなところで参集者が何名だったですとか、あるいは一事例目ということで、草むしり、家庭菜園などを行うアクティブな90歳代男性とか、その方に対する会議から見えたもの、具体的な支援内容、必要

仙台市議会 2017-06-16 平成29年第2回定例会(第4日目) 本文 2017-06-16

そして、何といっても、百八万仙台市民の中には自然豊かなところで家庭菜園などで楽しい人生を過ごしたいと考える方が少なくないと考えます。  新井町内会長や数人の地権者に伺ったところ、十世帯では町内会活動もままならない、世帯がふえることはよいことであるとか、畑に戻すには金と時間がかかるし、これといって活用策もない中で一つの方策になるのではと、好意的な反応でした。

栗原市議会 2017-02-22 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 開催日:2017年02月22日

しかし、その中で移住したいという目的は何かというと、家庭菜園とかあるいは小規模農業をやりながら、そして環境のいいところで子育てをしたいという方がかなりあるわけですね。その中でも、自治体も既に取り組んでいるところもございます。そんなことも考えますと、やはり産業経済部に専門部を置いてアンテナを高くして、こういうふうに取り組んだらいいのではないかなという思いで質問しているわけですが。  

栗原市議会 2016-10-03 平成28年決算特別委員会 本文 開催日:2016年10月03日

そこに旧瀬峰町が管理棟を建てて、その農園の管理棟にしてきたわけでございますが、ただその土地についてはその地域の方から借用していた土地でありまして、今般平成27年度をもちまして借用している土地を所有者に返して、その所有者と近隣の方々の契約で農園というか家庭菜園ということをやることにはなったんですけれども、その際に旧瀬峰町で設置しました管理棟、その借りている土地を所有者に返すということで、所有者とあと農園

大河原町議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

町長が委嘱をされて、もちろん専門、農業関係団体とか農業委員会の方というのはこれは専門なので、それは町長から町のほうから依頼されれば恐らく喜んでお引き受けすると思うんですが、一般町民の方でも家庭菜園をなさったり、日ごろから非常に農業っていうかそういうのに関心を持っておられる方も多いんではないかと私は思ってんですね。

大河原町議会 2015-09-01 平成27年第3回定例会(9月会議)(第2号) 本文

家庭菜園やっている人結構いると思うんです。ある程度の年齢になった人たちがね。そういう人たちの手もかりるという形をすれば、この荒れた梅畑っていいますかそういったものを整備するとか、梅でせっかく、先ほど町長が申しましたけども白加賀ですか、梅の白加賀原木で野生種に近いというふうな、こういうなのはほかの町にあるんだかどうか、多分ないと思うんですよね。

大崎市議会 2015-03-24 平成27年 第1回臨時会(3月)-03月24日−01号

例えば今ですと、宅地のまま都会から来た方は農家をやりたいというよりも、家庭菜園の少し広いものというような解釈もしているところでございます。ですから、例えば100坪ぐらい欲しいなというところ、そういったところも提示しながら、家もある、家庭菜園のちょっと大きいものができると、そういったものも今後提示していかなければならないなと考えております。  

岩沼市議会 2014-12-08 平成26年第6回定例会(2日目) 本文 2014.12.08

そうしたときに市民家庭菜園とか、あるいはまたあの地域には農家のプロ、野菜づくりのプロという人がいっぱいいるわけであります。そうした人から御指導をいただいたり、あるいは見本となる畑をつくっていただいたりしながらも市民に対して市民の農園、そういったものを改善ができないか、貸し出すことができる畑をつくれないかという要望が地元住民からもあるわけです。

角田市議会 2013-12-19 平成25年第370回定例会(第4号) 本文 2013-12-19

また、昨今においては、年間を通して市街地への出没が多く見受けられるようになり、家庭菜園への被害、自動車との衝突や児童・生徒の安全な通学が確保できない等の生活環境被害も発生しております。  これらに関する今後必要な対策等について、次の9点を質問いたします。  (1)イノシシによる農作物の被害が年々ふえ続けており、昨今の被害面積と被害額は想像を超えるものがあります。

大崎市議会 2013-12-16 平成25年 第4回定例会(12月)-12月16日−05号

また、剪定した枝を排出する場合の対応についてでございますが、大崎地域広域行政事務組合の収集業務として、指定袋に入っていないものも収集しておりますが、震災以降、ごみ出しのマナーが余りにも悪くなったことや、剪定された枝の枯葉や家庭菜園で育てた野菜のつた、つるなどに土がついたまま出されることにより、集積所やその周辺を汚す場合があるなど、指定袋以外でのごみの排出を認めることは、前段で申し上げました集積所での

岩沼市議会 2012-12-12 平成24年第7回定例会(4日目) 本文 2012.12.12

市民の皆さんの中でちょっとした家庭菜園をやってみたいとするのであれば、一定の畑ができるような管理までは、改善改良まではしてやって、あとはいろんな契約によって、特に農家ではない人たち、ちょっとした家庭菜園、自分の土地として野菜をつくってみたいというような人には貸せるような改善をしてみたらいかがかなというように私は思います。  

岩沼市議会 2012-12-04 平成24年第7回定例会(1日目) 本文 2012.12.04

市では放射性物質に対する不安の解消のため、給食食材や家庭菜園野菜など自家消費食品・土壌等の放射能の簡易測定を実施しておりますが、一部の山菜、きのこ類を除き基準値を超える放射性セシウムは、検出されておりません。  また、空間放射線量率についても、市内24カ所の測定地点で低い値で推移しており、その結果については、市のホームページ等で随時公開しております。  

仙台市議会 2012-10-19 経済環境協議会 本文 2012-10-19

流通する農産物については、市場や農協でも検査が行われておりますけれども、家庭菜園のものを持ち込んだり生産してもいいのか、判断するための材料にもなると思います。伺います。 5: ◯農業振興課長  市民持ち込み検査につきましては、各区役所及び総合支所に持ち込みまして、翌日には結果が発送される体制といたしまして、10月にスタートしたばかりでございます。まずは、この推移を見ていくべきと考えてございます。

仙台市議会 2012-10-03 平成23年度 決算等審査特別委員会(第11日目) 本文 2012-10-03

市場に流通する農産物等の放射性物質の検査につきましては、県や産地等で検査する仕組みが整備されておりますけれども、一方、市場に流通しない家庭菜園野菜や農家などからいただいた野菜などにつきましては、不安をお持ちの市民の方がいらっしゃるということで、こうした不安を少しでも解消していただくために、県の事業を活用し、このたびの測定事業を開始したものでございます。  

仙台市議会 2012-09-19 総務財政委員会 本文 2012-09-19

今回、これまでの取り組みで対象外となっておりました、市場に流通しない、市民の皆様が御自宅で食することを目的家庭菜園等で栽培しました野菜等の測定を、県から簡易測定器5台の貸与を受けまして実施することとしたものでございます。  対象者でございますけれども、仙台市内にお住まいの方といたします。