29件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

美里町議会 2014-03-19 平成26年行財政・議会活性化調査特別委員会(第2号) 本文 2014-03-19

その中には、宮城北部地震の6.4などを経験しながら、学校に限らず、全ての耐震対策をしていこうと、この中には学校というのがありますから、当然学校もあると思うんです。ただ、こういう言われ方をするとどうにもしようがないんですが、想定外地震だったと、想定外地震ということも言えるけれども、少なくとも、この耐震計画が具体的に進んでいけばああいう問題は起きなかったと思うんです。

美里町議会 2011-12-14 平成23年第10回定例会(第2号) 本文 2011-12-14

3)上記箇所は、平成15年7月26日宮城北部地震においても天井の落下がありました。同じ箇所が崩落しております。これからの工事内容はどのように考えているのかお伺いをいたします。  4)として、小牛田小学校体育館天井工事は、12月7日現在まだ着手されておりません。毎日授業で使用している体育館であります。ましてや小牛田幼稚園児も同居で使用している。

大崎市議会 2011-06-28 06月28日-05号

平成15年7月26日、宮城北部地震のときにも液状化被害があったのでございます。 今回、大地震北部地震の加速度で1.8倍、継続時間で8倍で、今回の大地震の特徴は過去の地震に比べて揺れた時間が非常に長く、被害も大きかったのであります。そうした状況から、今回の大地震による液状化被災世帯への具体的な支援策について当局としてどう取り組んでいくのか、お伺いをいたします。 

大崎市議会 2011-03-07 03月07日-06号

それからもう1つですが、県の補助金なのですが、救命救急センター運営補助金1億2,000万、それからあと宮城北部地震被災病院復旧事業補助金というのが778万4,000円、ずっと補助金としていただいてきておりますが、前にちょっとお聞きしたかもしれませんが、この1億2,000万、778万4,000円の今後の見通しというものはどうなっているのか、お聞きしたいと思います。

気仙沼市議会 2010-06-23 平成22年第30回定例会(第5日) 本文 開催日:2010年06月23日

発覚の1年前は、当地方を襲った5.26地震と7.26宮城北部地震の対応、隣接市町村からのごみ受け入れ調整に忙殺される日々の中にありながら、当時の事務局長経理事務の改善に果敢で挑んでいたのでありました。例月検査時に通帳の提示や監査への立ち会いを求めても、今までこれで通ってきたのに、なんで今さらそんなことを言うんですかと頑強に拒否される始末。

大崎市議会 2008-12-22 12月22日-08号

しかし、大崎栗原ブロックごみ処理広域化推進協議会では、平成17年に発生した宮城北部地震教訓などから、地震災害などでの危険分散中継施設設置に伴う維持コスト増などを考慮し、大崎地域は東西に1カ所ずつ、西地区東地区、そして栗原地区ということで、計3カ所で整備することと計画決定もいたしたところでございます。

東松島市議会 2008-12-15 12月15日-一般質問-02号

旧矢本町と鳴瀬町との合併協議が進んでいる中、15年には7月26日、宮城北部地震があり、震源地となった東松島市は大きな被害の中、また平成17年合併し、市政市民が一体となって取り組み、そして高い確率で来ると言われる宮城沖地震に備え、自主防災組織を全行政区に立ち上げ、自助、公助、共助を強化し、総合的な防災対策をされたことは、私はまさに市民の安全、安心、安定な市政運営に取り組む、この姿勢に対する成果だと

東松島市議会 2008-09-10 09月10日-一般質問-04号

宮城北部地震、岩手宮城内陸地震と2つの地震を近年経験をいたしましたが、そのとき何時間も固定電話携帯電話がともにつながらず、非常に困った経験をいたしました。災害時の情報は、テレビ、ラジオ、防災東松島広報がありますが、家の中にいるときはまだ情報が入手できますけれども、仕事等で、特に沿岸の漁業者が海上にいるときには、情報を得るのは大変難しいと思います。

東松島市議会 2008-06-16 06月16日-一般質問-02号

保健福祉部長奥田俊郎) 先ほど市長から申し上げました1,600人、宮城北部地震後、旧町時代に作成したのをそのまま継続して、1,600名の台帳を持っております。その当時は、佐藤議員おっしゃるとおり手上げ方式、あくまで住民情報が提供できないということで、うちのほうでこういう制度がございますということで申し込んでいただいて、それを登録しております。

大崎市議会 2007-10-04 10月04日-08号

加えて、宮城北部地震で壊滅的な被害を受けましたが、災いを転じて福となすのが、水との闘いで培われた鹿島台の気質であります。関係者の努力と国・県の支援もあり、近隣にない垂涎の的のような免震構造病院さま変わりをいたしました。また、震災直後の病院経営健全化の一助にと、町長を初め職員、そして議員も呼応し、給料、報酬を割愛した経緯もあり、60年の歴史に加え、特別の思い入れがあります。 

東松島市議会 2007-09-27 09月27日-委員長報告、質疑、討論、採決-06号

本市においても、さきの宮城北部地震においても、まだそのつめ跡が残っております今日、そしてまた今後30年以内に予想されております宮城沖地震避難道路等関係においても、まだ十分ではないと思われるのであります。そういった受益者負担の原則に基づき、道路特定財源制度を堅持し、一般財源化することなく道路整備予算に充てることなどを要望するものであります。  

大崎市議会 2006-07-04 07月04日-05号

小迫地区については、平成15年6月、旧鹿島台町で上水道整備の要望を受け、検討が行われましたが、同年7月に発生した宮城北部地震により、実施に至らなかった経緯があると聞いております。その後、旧鹿島台町で平成17年度事業として測量設計業務の契約が行われ、現在、履行期限である7月末を目途に測量設計作業を進めているところであります。 

栗原市議会 2005-06-27 平成17年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2005年06月27日

実は、平成15年5月26日、これは三陸沖で起きた宮城北部地震です。これはマグニチュードが 7.2ということで、震源の深さは推定ですけれども70キロというふうなことでございます。いわゆる気仙沼のあの沖合で、三陸沖沖合で起きたものというふうなことですが、震源の深さが70キロですが、この水平距離にいたしますと栗原からの70キロに大体相当するわけなんです。ですから距離の70キロ深さで震音が発生したと。

東松島市議会 2005-06-22 06月22日-一般質問-04号

平成15年4月26日の宮城北部地震により甚大な被害が生じ、その復旧対策が行われているところでありますが、我が市はこれまでチリ地震津波宮城沖地震、台風による高潮被害等、多くの被害に見舞われております。関係機関によりますと、過去30年の間に……     〔「今後」と呼ぶ者あり〕 ◆3番(小野勝見) 今後30年の間に99%の確率巨大地震の発生が予測されております。  

  • 1
  • 2