2084件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙台市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第8日目) 本文 2019-03-12

また、「職員の定数の増減の定め方とその方針」について質疑があり、これに対しまして、「これまで、行財政改革計画の定員管理の取り組みを定員管理計画として位置づけてきた。現行の行財政改革推進プラン二〇一六でも、実施項目の一つとして定員の適正管理という項目が掲げられている。

栗原市議会 2019-03-04 平成31年予算特別委員会 本文 開催日:2019年03月04日

総務部次長兼人事課長(三塚満) 第三次定員適正化計画では、職員数を減らしていくことにしておりましたが、現在は職員数を減らさないで現状維持をしていこうという考えのもとに採用を進めているところでございますけれども、先ほどちょっとお話をしましたが、受験者数が大幅に落ち込んでおります。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第2号) 本文

本町では、待機児童解消に向け、今年度は上谷児童館内に放課後児童クラブ1単位(定員30)を増設、さらに金ヶ瀬カトリック保育園に1単位(定員40人)の運営を委託し、子供たちや保護者から大変喜ばれております。さらなる充実を求める声が寄せられていますので、現状と今後の対応について、以下伺います。  1、政府は、放課後児童クラブの職員に係る基準を現在の「従うべき基準」から「参酌基準」に変えようとしています。

大河原町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会(3月会議)(第4号) 本文

この雑入の一番下、児童クラブ利用実費負担金のほうにつきましては、まず上谷第2児童クラブのほうで1単位児童クラブをふやしたときに定員いっぱいの予定で見込んでいたものと金ヶ瀬カトリック保育園への委託等々により、その負担金の見込みの減少が起きたというものでございます。  続きまして、21款の町債でございます。次ページの3目教育債まで起債事業費の確定による補正となっているものでございます。  

栗原市議会 2019-02-27 平成31年文教民生常任委員会 本文 開催日:2019年02月27日

地域型保育のほうなんですけれども、小規模保育事業所のことになりますが、こちらのほうに関しましては、当初定員68人で、フルで12カ月それぞれお願いしたという形で積算しておりましたが、実績見込みといたしましては、途中の出入りありましたので、延べ利用が71人で、736月利用ということで、実際の利用月が少なかったことによる減額、それからあと給付費等の当初の見込みよりも伸びなかったというところでの減ということになっております

栗原市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年02月20日

栗原市集中改革プラン後期計画では、平成28年から平成31年度までの取り組み目標として定員適正化計画に基づき、職員の削減を図り、人件費を削減するとしております。削減目標2億9,119万円となっておりますが、平成29年度では達成率0%、おくれている状況にあります。現状と要因、対策についてお伺いいたします。  6点目であります。  地方分権の推進により、自治体の役割は増加しております。

気仙沼市議会 2019-02-20 平成31年第100回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年02月20日

初めに、市職員の定員管理について、復興後を見据えて進めるとしていますが、応援職員を除いて、国が示す気仙沼市の人口規模での職員定数は幾らなのかお伺いします。  また、昨年6月、施政方針の中で市長が示した定員適正化計画と人材育成基本方針の策定とその具体的内容、策定時期について伺います。  次に、市税等滞納削減アクションプランの策定について伺います。  

気仙沼市議会 2018-12-17 平成30年第99回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月17日

裏目に出たという話は変ですが、例えば地方行革で定員管理をしましょうということで、どんどんどんどん事務・事業を減らして、さっきの話と真逆ですが、定員管理が縮小される、あるいは団体合併が進む、そういうときに業務として実は存在する業務があるということで、恒常的な業務も臨時的任用の方々、いわゆる嘱託、非常勤が突発業務じゃなくて恒常業務を受け持つ制度はよくないよという今回の法律改正が会計年度任用職員制度なんであります

仙台市議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 2018-12-14

平成三十年度においては、十七カ所の保育施設等の整備を行い、約五百人分の定員拡充を予定しております。また、待機児童の解消見込みについてでございますが、来年四月からの利用申し込みについて、現在、第一次の申し込み受け付けを終了し、調整作業を進めているところです。